右下3〜5番の歯茎の下がった部分の処置について

相談者: ももぷりんさん (54歳:女性)
投稿日時:2017-07-26 09:34:28
右下の3番、4番、5番の歯茎が下がっており、歯の根元が見えてしまっている状態になっていますが、歯磨きのしすぎが原因だと言われました。

甘いものを食べた後にあまり磨かないでいると、あとから歯と歯の隙間が少し痛いように沁みることが歯磨きの時に分かりますが、歯槽膿漏ではないという診断でした。

歯石の除去した後に、歯茎下がりの部分にレジンを付けてくださるというようなことを、初診の時の全体治療計画の中で説明されていましたが、先日、下の歯の歯石取りが終った後に特に何の接着を施されませんでした。

ネットの情報などを見ると、歯茎下がりは放置していても大丈夫なようなので、特に問題がないのであれば、医師にレジン付けの要望などはあえて申し出ないつもりでいますが、この部分に歯石が溜りやすい気もするので、レジンを付けてもらっておいた方がよろしいでしょうか。

あるいは、何か付けると見えない隙間から虫歯の温床になることはないのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-07-29 19:17:20
こんにちは。

>何か付けると見えない隙間から虫歯の温床になることはないのでしょうか

そうならないようにしっかり防湿を行ってもらい、キチンと接着治療を成功させてもらっておくとよいでしょう。


歯茎の際であれば何もしないという選択しもあると思います。
楔状欠損があれば充填してもらうとハブラシ時に歯が守られるし、しみることもなくなるでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ももぷりんさん
返信日時:2017-07-31 20:31:00
Dr.ふなちゃん先生、どうもありがとうございました。



タイトル 右下3〜5番の歯茎の下がった部分の処置について
質問者 ももぷりんさん
地域 非公開
年齢 54歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎が下がった(歯肉退縮)
楔状欠損(くさび状欠損)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日