根管開放で痛みが増しました

相談者: まりたんさんさん (42歳:女性)
投稿日時:2017-08-03 20:29:51
以前から根管に影のあった歯がありました。

充填剤がきっちり入っておらず、いつか痛みが出るかもと言われていた歯が痛み始め治療に入りました。

根管開放すると言われ開放して、次の予約まで1週間、4日目で痛みがひどくなりました。

電話で聞いても大丈夫だと言われ、次の予約まで我慢と言われましたが、痛み我慢できずに違う歯医者に行きました。

やはり食べかすなどが入っているという事で、中を洗って綺麗にして頂き蓋をして頂きました。

その日は激痛でしたが、次の日おさまり開放していた時より痛みがなくなりました。
次はまた1週間後から本格的な根管治療を始めます。

開放して1週間なんておかしいですよね?
その間に別のばい菌が入ったのではないかと心配です。

また疑問なのですが、神経のない歯なのに開放して痛みが増したのは何ででしょうか?

どこが痛みを感じているのでしょう?

蓋をして落ち着いたのは何ででしょうか?

また開放中は歯が歯茎や頬全体的にズキズキ痛かったのに対して、蓋をしたら歯の歯根部分的な場所だけ血圧に合わせて、ずくずくと疼く感じなのですが痛みの違いは何だと推測されますか?

回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-03 21:18:18
根管治療に関する学会である日本歯内療法学会では、根管開放には否定的だと思います。
つまりあまり勧められない治療法だと思います。
ただ私もずいぶん前は根管開放をよくやっていました。

ご心配の別の細菌が入る可能性があるからです。
また開放したから痛みが出たわけではなくて、たまたま痛くなった時期と一致しただけだと思います。

蓋をしたら落ち着いたのもたまたま一致しただけだと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-08-03 21:19:28
さゆさゆさん さん

こんばんは。
困った問題ですよね。

今でも日本の歯科治療では、痛みが出た歯は「根管解放」するというのがまだまだ頻繁に行われています。

これはもちろん、効果はないばかりか、細菌を根管内にさらに入れてしまう環境を作りますので、絶対にすべきではありません。
>>>腫れや痛みが出やすくなります。

現状の保険制度では、治療の時間も取れないし難しいですが、歯の中を徹底的に綺麗にしていく治療をして、蓋をすべきです。
(痛みが出て歯科医院にいくと治療する側は大変なんですよ)

先生がおっしゃったように、まだまだ、治療のレベルではありません。
次回からきちんとやりましょう、といわれましたよね。
「ずくずくと疼く」のは、まだまだ感染があるからです。
若干範囲が狭くなっているだけです。

宮下 裕志 (東京国際歯科 六本木)

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 根管開放で痛みが増しました
質問者 まりたんさんさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
歯科治療中の歯の痛み
根管治療に関するトラブル
根管開放(J-OPEN)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日