出っ歯でおちょぼ口、非抜歯矯正での注意点について

相談者: unoさん (20歳:女性)
投稿日時:2017-09-11 21:44:03
こんばんは。

歯科矯正を始めるにあたっての注意点をお聞きしたくて、投稿しました。

私は、上の前歯2本が出っ歯の為、矯正しようと思ってます。
抜かない方法でやる予定です。(ワイヤー)

抜かない方法だと、失敗?するとより出っ歯になると聞きました。出っ歯を治したいのにより酷くなるのは嫌なのですが、本当でしょうか?@

また、おちょぼ口気味なのですが、矯正をして口元が引っ込むことはありますか?A


@.Aの回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-09-12 10:14:43
すべては、上下の咬み合わせ次第、治療計画次第です。

抜歯したほうが良い患者さんを抜歯しなければ、口元が突出したりする可能性があります。

ただ、「おちょぼ口気味」というのであれば、口元を出すように計画する可能性もあります。


抜歯をすれば口元が引っ込むでしょうが、そうでなければ現状維持か多少出る感じになるかもしれません。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-09-12 10:28:22
こんにちは。

抜かないワイヤー矯正タイプも色々あります。

一般の方にはわかりにくいでしょうから説明されないことが多くありますが、専門家は様々な勉強を元に治療計画を立て様々な手法を用いてご希望をかなえようと努力してくれます。

一般の方がイメージしやすいのは、過去の症例で似たようなケースのものを見せてもらい説明を受けることでしょう。


矯正歯科でしっかりご相談され精密検査を受けて治療計画をきくことが大切です。
治療計画はより具体的なもののほうがわかりやすいでしょうし、トラブル防止になるでしょう。

歯の移動量や口元の出っ張りの改善を細かくシュミレーションして提示することも可能になってきています。

数軒の矯正歯科医院(出来れば矯正専門医)で説明を受けてみることをお勧めします。


抜歯矯正会というものもあります。
かなり大がかりな装置を口蓋に止めたりする場合もあります。
矯正治療には様々な方法があるのです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-09-12 13:47:00
実際は歯茎に覆われて判り難いのですが、スペースが無い場所に無理に歯を並べると、歯根顎骨から飛び出しているケースもあります。
気をつけましょう。




タイトル 出っ歯でおちょぼ口、非抜歯矯正での注意点について
質問者 unoさん
地域 非公開
年齢 20歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
上顎前突(出っ歯)
下顎前突(受け口)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日