根管治療と言ったのに歯を少し削っただけで抜歯と言われ不信感

相談者: にんにさん (46歳:女性)
投稿日時:2017-09-18 18:23:39
よろしくおながいします。

私は痛みに弱く、子供のころの歯医者が凄く痛かった記憶があり、いわゆる歯科恐怖症です。

そのため恥ずかしいですが虫歯だらけです。

悪化する度に歯医者に行き、その歯が治ると行かなくなるの繰り返しです。


今回は上の奥から3番目の差し歯(1番奥と2番目はすでに抜歯してない状態です)が取れて急きょ歯医者@へ行きました。

根っこの先に膿が溜まっているとのことで、根幹治療となりました。
その際に先生に根の先の方まで虫歯になっているので数回根幹治療してみてだめなら抜歯になる旨の説明がありました。


根幹治療の際にとても痛かったのと、治療後2日目から、激痛と顔がパンパンになるくらい腫れて、別の歯医者に行くとこにしました。

歯医者そのAでの治療1回目⇒膿を出すために仮ブタを外す。
腕に抗生物質の筋肉注射。痛みどめと抗生物質の処方。

2回目⇒消毒して薬を歯の穴に入れる。(仮ブタは外したまま)

3回目⇒腫れも痛みも引いたが治療ではなく、衛生士さんがなぜか上の歯の超音波でのクリーニング(その際痛くて少しもがいてしまいました)
終わったあと先生に痛かった旨つたえる。
次回から根っこの治療するとの説明有。
(ここでも仮ブタはせず)

4回目⇒差し歯の取れた部分がとがって頬にあたって痛いことを伝えると、「少し削って丸めましょう」とのこと。
削る際の振動で怖くて体がビクッとなってしまい、先生に嫌な顔をされる。
その後根の治療に入るかと思いきや

「抜歯した方がいいので次回抜歯しましょう」

とのこと。


本当に抜歯するしかないならしかたないですが、根の治療をやってみないで簡単に抜くと言われた事に不信感を覚えました。

そもそも根の治療すると言ってたのに、歯の表面を少し削っただけで抜歯の判断できるのでしょうか?

私が怖がるし痛がるから根の治療がめんどくさくなってしまったのかなと落ち込んでしまいました。


そしてきちんと抜歯かどうか判断してもらいたかったので最初にかかった歯医者さんへ戻る事に。

最初の先生とは違う先生がほどんど説明もなく根の治療(やすり?)。
そして仮ブタをしたもらう。
今後この歯はどうなるか聞いたところ

「普通であれ抜歯です」

とのこと。
次回の治療計画もなにも説明がないまま次の予約。


そして予約日。。。今回はまた違う先生。
今回も抜歯と言われたら諦めるつもりでしたが、抜くのは医師も患者も一番簡単だけど、治療してから決めた方がいいとのこと。
この先生の言葉で根幹治療をもう少し続けてみることに。

ただ同じ病院でも先生によって言う事が違う事に不信感。
また今回の先生は非常勤の先生で普段は大学病院で根っこ治療専門とのこと。
ただラバーなんとか?(歯のマスク?)などなく、いったて普通の根幹治療でした。

話にまとまりなくてすみません。。。


要は歯医者Aでの対応で根の治療すると言ってたのに、歯の表面を少し削っただけで抜歯の判断できるのでしょうか?

歯医者@でラバーダムなしでも大丈夫なのか?

歯医者で極度に怖がったり痛がったりすると嫌がられてしまうのか?

また同じ歯医者でも先生によって意見が違う事があるのか?


が質問になります。

長文読んでいただきありがとうございました。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-09-18 19:27:31
そうですね。

結論から言うと、

 患者さん自身が心を開いて歯科医を信頼してくれなければ、治療は進まない

です。

ただ、患者さんとの信頼関係を築くために歯科医も努力はすべきだと思います。


文面から想像すると

 
 にんに さんが必要以上に歯科医に警戒心を持って接している
        ↓
 歯科医の説明がうまく伝わらない
        ↓
 ますます歯科医に不信感が生まれる

と言う悪循環が生じているかも知れません。


一度、担当の先生とじっくり時間をとって話をして、その上で「この先生なら」と思えるのであれば、心を開いて治療に望まれてはいかがでしょうか。

逆に、そう言う時間をとってくれなかったり、話がうまく伝わらないようであれば転院して一から信頼できそうな歯科医を探すと言う必要もあるかも知れません。


僕は「ほんとうの歯科恐怖症」と言う患者さんをほとんど見たことがありません。

多くは「歯科恐怖症」ではなく「歯科医不信」の方です。

当院にも「自称 歯科恐怖症」と言う方はたくさんいらっしゃいますが、実際にお会いして患者さん自身が心を開いて話をして、治療を開始すれば、多くの場合、問題なく、治療を完遂することができます。

まずは、担当の歯科医とコミュニケーションを取る事が先決では無いでしょうか。



ご質問に関して一つだけ

>同じ歯医者でも先生によって意見が違う事があるのか?

歯科医によって、知識も技術も違いますから診断や治療法の提案が違うことは考えられます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: にんにさん
返信日時:2017-09-18 19:49:30
櫻井先生ありがとうございます。


櫻井先生の言葉に涙がでてきました。
歯医者に警戒心があるのは事実だと思います。

歯医者Aに言ったときに担当の先生はとてもよく話を聞いてくれて、親切でした。

なのでこの先生なら今後も通いたいと心底思ったんです。
でも4回目の診察の時の対応にどうしても不信感が生まれてしまって。。。

患者はできれば抜歯はしたくないのに、治療もせずに抜歯って、、、って。。

痛がられるのが嫌だからかなって。。。


今かかってる先生も歯を残す方向で話をしてくれてるけど、根幹治療を中心にしてるから、治療したくて抜歯ではなく治療を進めたのかなって。。

私にとっていい歯医者って説明をちゃんとしてくれるのが一番なんです。

歯医者に行くと怖くて緊張して言葉がでなくなってしまいます。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-09-19 09:33:51
>私にとっていい歯医者って説明をちゃんとしてくれるのが一番なんです。

そうですね。
僕もそれが一番だと思っています。

ただ、保険診療では治療法の制約以前に「時間的な制約」が大きいので、歯医者さんも患者さんもそれなりに努力をしないとコミュニケーションをとるのは大変だと思います。


>歯医者に行くと怖くて緊張して言葉がでなくなってしまいます。

人との信頼関係を築くには「時間をかけてゆっくりと」だと思います。

頑張ってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: にんにさん
返信日時:2017-09-21 05:12:24
櫻井先生

ありがとうございます。

歯医者さんで気持ちを伝えるのはなかなかハードルが高いですが、少しずつでも不安や不信感がなくなるように頑張ってみます。

言わなくても不安をわかってほしいってのではダメですよね。。。

やはり言わないと伝わらないですもんね(*^_^*)

頑張ります!



タイトル 根管治療と言ったのに歯を少し削っただけで抜歯と言われ不信感
質問者 にんにさん
地域 非公開
年齢 46歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯医者への不信感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日