レントゲン写真によって虫歯が映ったり映らなかったりするのか?

相談者: 星☆さん (29歳:女性)
投稿日時:2017-11-30 20:54:52
レントゲン写真のデンタルで、機械によって虫歯が映ったり映らなかったりということはあるんでしょうか。

11/7に歯医者に行った際、右下7番の歯茎の下、骨との境目がc1といわれました。
レントゲンは、パノラマとデンタルをとりました。

このまま様子を見るという判断だったので、セカンドオピニオンで11/28に別の歯医者に事情を説明していった所、パノラマ画像のみで同じ判断(虫歯およびこのまま様子見)でした。
※画像のパノラマの方になります。


本日11/30、また別の歯医者にサードオピニオン?として事情を説明していったところ、虫歯ではないと思うとの判断でした。
※画像のデンタルになります


最初に行った歯医者の画像は手元にないのですが、デンタルのレントゲン写真は、歯茎があまりきちんと映らないものでした。
本日いったデンタルのレントゲン写真は、歯茎がはっきり映っています。


これはどう判断したらいいのでしょうか(虫歯なのか虫歯でないのか)?
またなぜこのような虫歯だといわれたり何にもないといわれたりということになっているのでしょうか。

デンタル写真の種類によって虫歯が映らないがあるのでしょうか。


よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-01 09:40:13
ご相談ありがとうございます。

>これはどう判断したらいいのでしょうか(虫歯なのか虫歯でないのか)?

パノラマとデンタルは検査目的が違うため、同じ撮影方法で比較しないとあまり意味がありません。

また虫歯の定義にもより歯科医師ごとに様々です。
虫歯の治療方針が医院ごとによっても違い、医院のそのフィルターが基準となる違いもあります。

大雑把に分ければ、削って穴埋めをしたいのか、歯を残したいのかという治療目的の違いは大きいといえます。


>またなぜこのような虫歯だといわれたり何にもないといわれたりということになっているのでしょうか。

虫歯はその病態が多要素疾患であり、ほんとうは治療も意外に複雑で高度な医療を必要とする病気だからです。

そのため皆様が思っているようにただ穴を削って詰める、という簡単な作業で本当に良いのかの選択になるからです。

ご自身でこれからどうなれば嬉しいのかを基準として、医院ごとの基準と照らし合わせるしかありません。


>デンタル写真の種類によって虫歯が映らないがあるのでしょうか。

機械の性能差もあります。
また機械がデジタルかアナログかでも違いが出ます。

機械の画像解像度以外に、画像表示方法の違いも出ます。
また歯科医師の読影能力の差もあります。

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル レントゲン写真によって虫歯が映ったり映らなかったりするのか?
質問者 星☆さん
地域 大阪
年齢 29歳
性別 女性
職業 主婦
カテゴリ 虫歯その他
その他(写真あり)
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日