歯根が見えている歯の次回治療までの期間が長い場合の注意点

相談者: ootanさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-05-25 16:13:42
歯根が見えるほど削った歯の次回治療が3週間先になります。


もともと特に症状がない歯だったのですが、検査のために銀歯をはずし、歯根の存在を確認するために削りました。

現在、柔らかい詰め物がしてあります。


治療期間が空いてしまうことにより、細菌感染してしまわないか心配です。
仮詰が外れてしまった場合、早急に応急処置をしないと、すぐに細菌感染したりして、悪化してしまうことはありますか?

そもそも仮詰の中に細菌がいて、3週間もあけることにより繁殖してしまうということはありますか?


できるだけ、反対側だけで噛むようにしていますが、次回治療まで長いので、維持する自信ないです。

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-05-25 22:31:34
状況がいまいちはっきりしませんが、感染根管ならすでに感染しています、したがって個人的にはどおってことないと思います、しっかり感染根管治療すれば治ると思いますよ。


>3週間もあけることにより繁殖してしまうということはありますか?

幸いなことに生き物には免疫力があるため大事には至らないと思います、もし様子がおかしくなれば我慢せず主治医に連絡なさればいいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ootanさん
返信日時:2018-05-25 23:12:22
山田先生
回答ありがとうございます。


レントゲン歯根が映らなかったので、内部吸収かもしれないということでインレーをはずしましたが、歯根が確認できませんでした。

CTにより歯根の存在が確認されたので、削って歯根を露出させた状態です。
感染根幹かどうかは不明ですが、主治医からは抜歯を勧められています。


抜歯ではなく残すことを希望しましたが、先生は経験上抜歯をおすすめするとのことです。
歯冠はほとんど残っていない状態です。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-05-26 10:09:08
>先生は経験上抜歯をおすすめするとのことです。

保存か抜歯かの判断は歯科医の技量にも左右されます、保存ご希望ですから他の歯医者を当たったほうがいいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ootanさん
返信日時:2018-05-26 10:54:04
山田先生
ありがとうございます。

早速、他の歯医者の予約を取りました。



タイトル 歯根が見えている歯の次回治療までの期間が長い場合の注意点
質問者 ootanさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科治療関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日