奥歯が磨り減った場合はどのような治療をするのか?

相談者: カズヒーさん (35歳:男性)
投稿日時:2018-05-30 22:51:49
奥歯歯ぎしりで極端に磨り減った場合、保険内ではどのような治療が出来るのでしょうか?

現在噛み合わせに問題があり奥歯の摩耗に対して治療を必要とする状態に思います。
インレー等で高さを上げての治療は可能なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-05-31 08:21:14
ご相談ありがとうございます。

保険内ではどのような治療が出来るのでしょうか?

状態によります。
保険規則に従います。

日本の保険とは世界的にも優れた面として、誰でも最低限の医療が得られる安心があります。
その反面、保険にはかなり限界があり、また利用するときにはお互いに規則を守る義務があります。


>現在噛み合わせに問題があり奥歯の摩耗に対して治療を必要とする状態に思います。

その「必要とする状態」が保険の規則で病気と認められた場合だけです。

快適によく噛めたり、歯のことを忘れるほどに、心身の健康までを取り戻したいとか、将来の備えとして予防をしたいとか、ご自身の都合で決めることはできません。


インレー等で高さを上げての治療は可能なのでしょうか?

つまり、虫歯であれば穴埋めのインレーやクラウンが可能です。
破折であれば抜歯が可能です。
歯軋りであればナイトガードが作れます。

高さをあげることは虫歯であれば可能です。

もちろんそんな簡単な理屈でうまくいくわけはない、その状態はとても難しい治療です。
虫歯や規則で認めた病気ではないのに保険治療をすることは、保険規則で法律的にも不正とされ許されません。


歯科の保険は約半世紀前の大昔に決められた当時の考えから今もまるで進歩してなく、健康を目指す現代にはそぐわなくなり、先進国にもだいぶ遅れていますが、それでも規則に従わないと最低の治療すら受けられません。

我々歯科医師側は何十年も改善を要求していますが門前払いを受けています。
皆様から声をあげて、心身の健康や予防に役立つ改正を要求することが必要です。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-05-31 10:39:05
特定の歯の高さ(咬合高径)を上げることは、安易には行わない方が無難だと思いますよ。

睡眠関連の病気や胃酸の逆流などはなかったでしょうか?

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-05-31 11:25:08
こんにちは。

奥歯歯ぎしりですり減っている場合そこから前の歯も必ず擦り減っています、したがってその歯だけ高くしても意味はありませんというかそんなことをすれば咬めなくなります。

しかし歯が擦り減るのは硬組織の宿命です、歯ぎしりが原因ならやめるしかありません、ただ35歳でそこまですり減る??のは珍しいと思います、他に原因があるのではないでしょうか。

酸蝕症 http://yamadashika.jugem.jp/?search=%BB%C0%BF%AA%BE%C9&x=59&y=15

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2018-05-31 13:25:37
>奥歯歯ぎしりで極端に磨り減った場合、保険内ではどのような治療が出来るのでしょうか?

対合する歯との間に隙間があればいいのですが、隙間がなければ保険診療の範囲だと貴重な象牙質をかなり削って充填するなりインレーを入れるなりクラウンを被せるような治療法になると思います。

インレーを形成印象歯質の一部が欠けた場合再度削りなおして再度印象することが愛知県では認められていると思います。
ですから咬耗等で歯質がなくなってインレー等をすることは虫歯でなくても可能なように思います。




タイトル 奥歯が磨り減った場合はどのような治療をするのか?
質問者 カズヒーさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯の異常・トラブルその他
噛み合わせ(咬合)治療
噛み合わせに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日