出っ歯を矯正したいが歯根が短いため勧められないと言われた

相談者: 春菜さん (47歳:女性)
投稿日時:2018-06-18 12:10:04
上下とも前歯が前に向かって斜めに生えており、出っ歯の状態。
上の1番1本のみ神経がありません。
受け口ではありません。
ガミースマイルでもありません。
横顔はEラインから口元が出ています。
口も閉じづらくいつも無理に閉じている状態です。

出っ歯の上歯並びもあまり良くないので47歳という年齢ではありますが少しでも長く自分の歯を保ちたいと思い、矯正を考えました。

かかりつけの歯科医さんにも勧められ、その医院の矯正歯科医さんに相談しました。


歯の状態を見て上下4本を抜歯して矯正…という話をいただきましたが、レントゲン写真を見て「歯冠歯根比」が良くないため矯正は勧められないと判断されてしまいました。

1:1.5くらいのところもあるが前歯は1:1くらいしかないと言われました。
15年前に撮ったレントゲン写真も確認してもらいましたが歯根の状態は同じくらいでした。


機能的にも審美的にも矯正をしたかったのですが、抜ける危険が高いと言われると正直怖いです。
長持ちさせたくて矯正するのに歯の寿命が短くなるのでは本末転倒です。

別の矯正歯科にも意見を求めて行ってみようと思っていますが、矯正をあきらめなければならない時にどうしたらよいかと考えています。


審美的な希望はすっぱりあきらめて今のまま一生過ごすべきなのか?
今のまま放置するよりはセラミック等のかぶせものの治療で歯並びを少しでも良くして、口を自然に閉じられる状態にすべきか?

自分の元気な歯を削るのは抵抗がありますが、その方が口腔内の健康に良いならばやりたいと思います。


若い方でしたら今後の長い人生を考えていろいろな選択肢があると思いますが、私の場合もうそんなに先も長くないので…47歳という年齢を考えるとどうしたらよいか悩んでいます。

専門の先生方のアドバイスを頂けましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-06-18 12:53:43
こんにちは。

歯根長が短いために矯正治療は難しいとのことですね、矯正治療をすれば多かれ少なかれ歯根吸収は付いて回ると思います、それをできるだけ小さくできるかでしょう。

あとは歯周組織を健全な状態で維持できるかがカギになります、ただ年齢が年齢なので他に問題がないか十分診査して矯正治療をするメリットがあるかどうかだと思います。

>少しでも長く自分の歯を保ちたいと思い、矯正を考えました。

歯並びとは関係ありません、むしろリスクのことを考えるべきだと思います。

>矯正をあきらめなければならない時にどうしたらよいかと考えています。

出っ歯を受け入れることができるかどうかでしょう。

セラミック等のかぶせものの治療で歯並びを少しでも良くして口を自然に閉じられる状態にすべきか?

お金がかかるだけで効果はないと思います。

>その方が口腔内の健康に良いならばやりたいと思います。

健康にはよくありません。

矯正治療による歯根吸収 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=246

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 春菜さん
返信日時:2018-06-19 09:26:22
山田先生
はじめまして。
アドバイスいただきありがとうございます。
返信が遅くなり申し訳ありません。
いただいたご回答、すべて納得いたしました。


そのうえで、かかりつけの先生に今の歯の状態について改めて確認しましたら、下の前歯に動揺があり、歯根も短いことからやはり矯正はやめるべき、という前回よりも強い意見をいただきました。

セラミック等の被せ物を勧められた理由は、下の前歯が揺れていることから年齢とともに早めに歯が全体的に前にずれてきてますます状態が悪くなるから、そうなる前に、抜かなくてよい状態の今のうちに下4本を連結したものをかぶせて固定・補強して今の状態を保つ、ということでした。

副産物?として、見た目も気にしているならそれも良くなる、ということでした。

見た目の問題だけでは絶対に被せ物はやらないと言われました。
被せ物は今すぐ絶対にではなく、迷うなら今はまだやめたほうが良いが、見た目をとても気にしているようなので歯と歯茎の状態・年齢的にやってもいい時期に差し掛かってきたと思うので選択肢の一つとして勧めている、とのことでした。
たしかにもう10年以上見ていただいていますが、勧められたのは初めてでした。


日に日に見た目(出っ歯)に不満は大きくなっており、このままだと下の前歯はますます悪くなり最悪抜けてしまう…と言われると、早めに補強することが「虫歯でない歯を削る」ことと比べて大切なのかな?という気もしてきました。


専門の先生方のご意見を参考までにお聞かせ下さると助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-06-19 13:14:20
出っ歯で動揺があるとのことなのでかなり進行した歯周病が疑われます、歯周病ならセラミックでの連結はやめておくべきです、先に歯周病を治すべきです。

すべてはそこからです。

歯周病を歯磨きで治す http://yamadashika.jugem.jp/?cid=108

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 春菜さん
返信日時:2018-06-19 13:33:14
山田先生

たびたびのアドバイスをありがとうございます。

そうですね、まずは歯と歯茎の状態を良くしてからその次を考えます。
鏡で見ると歯茎に埋まっている歯の部分がとても少なくて、いまにも下前歯は抜け落ちてしまうのではないかととても怖いです。

かかりつけの先生からは歯周病歯槽膿漏)はあるがそんなにひどくないと言われています。
歯磨きも、きちんとできているといつもほめていただけるのですが、少しでも長く歯が持つように、歯磨き指導を受けに行こうと思います。


状態が良くなったら、セラミックの連結を検討します。

山田先生のブログはとても勉強になります。
(自分の状態が悪すぎて今後どうなってしまうのか恐怖も大きくなりますが…)
他の項目も拝読させていただき、歯の状態をよくするよう取り組んでいこうと思います。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-06-19 17:07:10
こんにちは。


パノラマ写真撮影の場合は、2次元撮影になりますので出っ歯の程度により歯根が短く撮影される場合があると思います。

すでに動揺がある歯の場合は矯正治療ではなく歯冠修復で連結させるという歯周治療法もありますが、下前歯の場合、たいてい抜髄を逃れることは出来ないと思いますので、慎重に治療を選択されたほうがよいように思います。


3次元撮影のCTで計測してもらったりセファロのように撮影方向を変えて撮影してもらうことで推測してもらうことが出来るかもしれませんが、年齢的に骨量は少なくなっているでしょうから矯正治療が望ましいのか歯冠修復による連結が望ましいのか、治療時期はいつにするのか?について慎重に判断してもらうとよいでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 春菜さん
返信日時:2018-06-20 13:20:39
船橋先生

はじめまして。
アドバイスをどうもありがとうございます。

もう矯正という選択肢は望めないと思っておりましたが、もっと詳しく検査していただくことが必要なんですね。
今の歯医者さんでは、正面からのレントゲンしかとっていただいていないので、別の先生のところも行ってみる価値がありそうですね。

ただ、下前歯は鏡で見ても歯茎に埋まってる歯根がちょっとしかないのがわかるので…素人目にはやっぱり歯根は相当短そうだなあと思いました。


まずはこまめに丁寧な歯磨きで状態を良くしてから、矯正か連結するのかそのままにするのか?考えていきたいと思います。


山田先生、船橋先生、貴重なアドバイスをどうもありがとうございました。



タイトル 出っ歯を矯正したいが歯根が短いため勧められないと言われた
質問者 春菜さん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
根の病気・異常その他
上顎前突(出っ歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日