ハイブリッドセラミック冠装着後の違和感

相談者: まじかるさん (26歳:女性)
投稿日時:2018-09-08 13:36:16
ハイブリッドセラミッククラウンを装着して、治療自体は終了したのですが、装着した時に少しキツイ様な圧迫感を感じ、歯間の調節はしてもらい、フロスも入ります。

多少の違和感でしたので、時間が経てば治るだろうと思っていましたが、2日経ちましたがまだ根本の圧迫感の様な違和感があります。

仮歯の時は違和感が何も無かった為不安になっております。
歯間のキツさに関しては、問題ない様に思います。

セメントのはみ出しとかでもないと思うので、装着した歯の形が歯茎と合っていないのかな?と不安に思っております。
様子を見てもよいでしょうか?

歯間のキツさは時間が経つと慣れて感じなくなると思いますが、こうゆう場合の根本の圧迫感も慣れるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-08 14:55:33
まじかるさん、こんにちは。

>様子を見てもよいでしょうか?
>歯間のキツさは時間が経つと慣れて感じなくなると思いますが、こうゆう場合の根本の圧迫感も慣れるのでしょうか?

どうでしょうか?
そもそもその圧迫感が何が原因で起こっているかによると思います。

特に問題が無く、形態の違いによる違和感などで有れば多くの場合は2〜3週程度で改善してくるとは思います。

ご不安がおありであれば、担当の歯科医師に直接診ていただいたほうが良いかと思います。


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-09-09 08:41:57
うーん、圧迫感の原因ですが、おそらくは噛み合わせの高さがあっていないのだと思います。

通常、噛み合わせを見るときに赤色や青色の紙をカチカチと噛んで高さを調整すると思いますが、その薄い紙の厚みはおおよそ20〜30ミクロンあります。

また、歯本体は、食いしばると50ミクロンほど沈み込んでしまいます。

そのような環境で噛み合わせの診査と調整を行うのですが、ウチの場合は厚みが6〜8ミクロンの診査用紙を用いて噛み合わせの診査を行なって調整します。

そのくらいシビアな調整をしなければいけないので、もしそこまでシビアな調整がなされていないのであれば、わずかに高さがあっていなくてそれが原因で現在の不具合につながっているかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まじかるさん
返信日時:2018-09-09 21:45:45
お返事ありがとうございます。
色々な可能性があるんですね。

ちなみに土台と差し歯のフィットが強すぎて圧迫感が出るという事はありえるのでしょうか?
まだセメントでくっつける前に、被せただけの時も圧迫感、キツイ様な感じかありましたので。。

その場合時間が経てば違和感はきえるのでしょうか?
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まじかるさん
返信日時:2018-09-10 20:04:39
土台は、メタルコア、被せはハイブリッドセラミッククラウンです。
よろしくお願いいたします。



タイトル ハイブリッドセラミック冠装着後の違和感
質問者 まじかるさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
クラウン(被せ)の違和感・不快感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日