検査で歯の動揺はゼロ、骨にヒビで抜歯になる可能性は無いですか?

相談者: reenさん (33歳:女性)
投稿日時:2019-01-07 13:51:28
本日、昨日質問させていただきました前歯の件で、時間ができたので歯科に。

根幹治療をするなら4回目で、歯周病もあるしどうかなと思っていましたが、以下のような結果でした。
カリエスはやはり複数本ありましたので、虫歯治療の過程で先生がこの先、抜くという判断をされる可能性があることは承知しています。

今日は初回で、歯茎も腫れて(痛みはないのですが歯周病でいつも腫れ気味)なのでクリーニングと歯の動揺と穴の深さだけ確認。
違和感があって、詰め物がとれかかっているのか下手したらヒビかなと思っていた歯については、今日はまだ写真もとりませんでした。

理由は歯茎の腫れがある程度落ち着いてからの方が正確にとれるから。(これには納得しています)。


検査結果

ポケットの深さ
 下の左右7番の一部と、右上5番が、深さ6
 両1番が5、左下5番も5
 他は全部4でしたが、幸いなことに、ポケットが6、5のモノも含めて動揺はゼロ。
(ゼロ以外の数字を言われなかったので間違いありません。)

歯科通院再開のきっかけになった歯の違和感についてはやはり詰め物がとれかかっているそうです。
逆にいえば動く感じがしても歯ではないということのよう。


歯の動揺がゼロ(検査で意図的に動かしてみてもゼロ)ということは、違和感のある詰め物の歯も含めて、骨にヒビ等が入っていしまっている可能性は低いですか?

検査の動揺がゼロだったからか、先生は写真を撮る前でも『詰め直し』の話はしてくださいましたが、抜糸の可能性すらもお話がありませんでした


歯茎の腫れが収まると少し揺れてくるのは知っているんですが、ちょっと腫れた状態での検査でもヒビが入ってそうかどうかはわかるものですか?

それ以外の歯も、現時点で動揺がゼロということは、この先しっかり管理していけばとりあえず根幹治療の歯のことはともかく、歯周病に関しては何とか手遅れになる前に間に合ったと言える?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-01-07 14:21:56
歯茎の腫れが収まると少し揺れてくるのは知っているんですが

揺れていない歯が腫れが収まってくれば少し揺れてくるということはありません。

>ちょっと腫れた状態での検査でもヒビが入ってそうかどうかはわかるものですか?

ヒビは歯根面を見ればわかります、またポケットが6mmならクラックの可能性は低いと思います。

歯周病に関しては何とか手遅れになる前に間に合ったと言える?

動揺がなければ治せます、治し方はご自分で歯を磨いてなおします、ただ闇雲に磨くと歯肉を傷つけたり歯が擦り減ったりするので歯の磨き方を具体的に教えてもらう必要があります。

模型をもってきてこのように磨きなさいとか何々法を教えてもらう事ではなくreenさんのこの歯のこの部分はどう磨くかを教えてもらうという事です、しかし教えてもらうと必ず忘れるので磨き方を歯科衛生士と一緒に考えてご自身にあった磨き方を見つけ出すことです、そしてそれを続けるという事です。

ブッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=182

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: reenさん
返信日時:2019-01-07 18:51:24
と、あれから数時間たって。
歯茎が時々ピリッと痛みます。
はではなく歯茎です。
全然持続性はなくて、ピリ、とかヒリヒリという感じです。

ポケットを測ったり動揺の検査のために歯茎を刺激してしまったからでしょうか?

元々少し晴れていた歯茎に数日すれば治りますか?
こういうことはよくあるのでしょうか?
歯科に行った後で刺激で?痛くなった。)
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-01-07 19:21:44
こんにちは。

お口の中に広範囲の炎症があると身体にとってもよくないので治療期間は長くなるかもしれませんが、根気よく通院して口腔細菌叢を変えられるように様々な治療を順番に受けることが望ましいと思います。

治療を開始すると環境が変わるのですから不快な症状が時に現れる場合がありますが、それを乗り切ってスッキリ爽快なお口にしていくことが望まれるように思います。


>>歯周病に関しては何とか手遅れになる前に間に合ったと言える?

>>>動揺がなければ治せます、治し方はご自分で歯を磨いてなおします、ただ闇雲に磨くと歯肉を傷つけたり歯が擦り減ったりするので歯の磨き方を具体的に教えてもらう必要があります。

とても大切なことだと思います。
専門家に指導を受けながらチェックとトレーニングを繰り返して評価を繰り返すことが必要です。

とても根気が要るのですが正しい歯磨き法を身につけることによって健康に近づきます。


前歯詰め物の治療は治療が可能になったときに行ってくれるでしょう。
しばらく歯科医院通いが続くと思いますがよい機会だとお考えになり頑張ってください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-01-07 21:50:28
>ポケットを測ったり動揺の検査のために歯茎を刺激してしまったからでしょうか?

どうなんでしょ、可能性は低いと思いますが。

>元々少し晴れていた歯茎に数日すれば治りますか?

歯周病が原因なら歯周病を治さないことには治りません。

>こういうことはよくあるのでしょうか?(歯科に行った後で刺激で?痛くなった。)

状況がいまいち飲み込めないので何とも言えません。




タイトル 検査で歯の動揺はゼロ、骨にヒビで抜歯になる可能性は無いですか?
質問者 reenさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の腫れ
歯周病(歯槽膿漏)治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日