? 1年前のレントゲンで診断し治療前にも撮りなおさない

1年前のレントゲンで診断し治療前にも撮りなおさない

相談者: ちびケアラさん (35歳:女性)
投稿日時:2019-01-18 20:46:00
いつも、ありがとうございます。

連投すみません。
相談させて頂きます。

もともと、右下6番に、過去の虫歯治療のための保護剤が入っていたのですが、ここ最近、しみたり・軽い鈍痛?が続いていました。
そのため、主治医は右下6番の神経を抜くとの判断でした。

本日再診し、主治医が右下6番にエアーを当て確認しましたが、しみたり・痛みはなく、ずらしながらエアーを当てていたら右下7番が多少しみることが分かりました。


結果、右下7番の虫歯(この歯も過去に保護剤を入れている)だったため、右下7番を治療し経過をみています。



ここで質問なのですが、右下のレントゲンは、約一年前のもので判断されていました。

歯の治療に入る前に、改めて撮影はしませんでした。

このような治療法は、普通でしょうか?
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-01-19 09:33:40
>このような治療法は、普通でしょうか?

何とも言えませんね…。

大人の虫歯は年単位で進みますので、1年でものすごく変化することはほとんどありません。
従って、ある程度鮮明に撮影されたレントゲン写真であれば1年前のものでも診断できなくはありません。

(小児の虫歯は月単位で進行しますので、1年前のものは参考にならない場合が多いように思います)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちびケアラさん
返信日時:2019-01-19 10:09:15
櫻井先生、回答ありがとうございます。

そうなのですね。
勉強になります。

今、お世話になっている歯医者さんがいつも混んでおり、歯科医の先生も少ないため、あまり質問したり、説明をもらうことが出来ませんでした。
(忙しいので仕方ありませんが)


最近は、【神経を抜かない治療】が主流?と聞いていた中で、神経を抜く判断をされた主治医に、もう少し説明して欲しかったと思いました。
(ちなみに右下6番の虫歯進行度は深めのC2らしいです)

疑問に思う点は、タイミングよく聞けるようになりたいです。


長々と失礼致しました。
ありがとうございました。



タイトル 1年前のレントゲンで診断し治療前にも撮りなおさない
質問者 ちびケアラさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科治療関連)
レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日