抜歯矯正の途中、奥歯を前に動かすことによる顔貌の変化について

相談者: だいだいだいさん (38歳:女性)
投稿日時:2019-03-31 17:00:50
抜歯矯正の途中ですが、前歯の引っ込み過ぎが気になり、奥歯を前に動かすことになりました。

すでに矯正による顎や頬の変化があり、老けたと感じます。
これ以上顔の印象が変わるのは耐え難く避けたいです。

奥歯を前に移動することにより、エラや顔の形にどのような変化が起きるものでしょうか?


宜しくお願いします


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-31 17:17:29
こんにちは。

臼歯前歯の位置を大きく動かすと、口元や顔の印象は変化します。

今は矯正治療の途中であれば、奥歯はどのように当たっているのでしょうか?
奥歯がしっかり噛み合っていなければよく噛めないので、噛むための筋肉はあまり使っていない事になるでしょう。

矯正治療が終わって、またしっかり噛めるようになると筋肉もまた太くなると思います。

矯正治療途中はしっかり噛み合わない時期が長くなるので、顔はいったんゲッソリ細く長くなったイメージになるかもしれませんが、またしっかり機能させれば戻ります。

奥歯がしっかり噛んでいて動かす事が難しい場合で、口元が引っ込みすぎていれば、歯を削らないベニア治療で口元を希望の形にする事も可能です。

今、どういう状態でどういう選択肢があって何が可能でメリットが大きいのか?については主治医しかわかりませんから、主治医としっかり話し合って下さい。

お書きになられている内容だけでは残念ですがよくわかりません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: だいだいだいさん
返信日時:2019-03-31 17:41:06
ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通り、噛み合わせは日々変化していて、しっかり噛めているとはとても言えない状況が続いております。
それによる筋力の低下のため、老けた印象になっていることは本当に感じています。

治療後に少しは良くなるといいと願っているので、先生のお言葉、励みになります。


お聞きしたいのは、一般論として、奥歯が前に移動することにより顎や頬がどう変化するのか、です。

残念ながら現在の医院では、そういった質問への回答は明確には得られません。
歯を綺麗に並べることが仕事と考えれば、その外の顔のことは範囲外なのだとは理解しますが、治療を受ける身としては、それでは納得できないほどの精神的ストレスがあります。

また、理想のゴールが医師と私では違うということがわかりました。
医師としては歯列全体をもっと後ろに下げたい、私はそれでは引っ込み過ぎて顔全体の印象が悪くなるのでこれ以上下げたくない、これを理解してもらうのに時間がかかりました。

なんとか分かってもらい、奥歯の前方移動に治療方針を変更してもらいました。
それでも綺麗に並べるには、あと少しは全体が引っ込むことは避けられないと言われました。

今となっては私の理想とする歯並びは、非抜歯で検討した方が良かったとさえ思っています。
後の祭りですが。

このような状況ですので、顔貌の変化についての相談をしても、なんだかなだめられるような、説得されるような話し方しかされず、私としては第三者の意見をお聞きしたい状況です。

具体的には、アンカースクリューで上前歯を下げていたのをほどき、
下3番のあたりにアンカーを打ちました。
次回から下奥歯を前に引っ張るそうです。
上は何もしなくても自然に前にくるのか疑問がありますが、それは次回聞いてみます。
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-03-31 18:39:25
矯正中ですから、奥歯でしっかり咬めないのは不揃いであるからですから、当然なのですが、最終的にかめるようにはなるとおもいます。

但し奥歯での咬みあわせの高さが低くなる可能性があります。
歯が届きにくいということになりますから、咬みにくいにつながるのですが、実際には、下顎が偏位して、届くようになるのですが、顎関節に負担がかかるようになります。

その他のことについては、以下のリンクを参考にしていただいたらと思います。

http://dentistoffice.jugem.jp/?search=%C8%B4%BB%F5%B6%BA%C0%B5&x=0&y=0

http://dentistoffice.jugem.jp/?search=%BE%AE%B1%B1%BB%F5%C8%B4%BB%F5%B6%BA%C0%B5&x=0&y=0

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: だいだいだいさん
返信日時:2019-04-01 00:42:04
松山先生、ご回答ありがとうございます。
リンク拝見しました。

奥歯を前に移動させることの弊害、よく理解出来ました。
かと言って、前歯を下げるという選択肢は自分の中には一切ありません。
これから治療を進めていく中で、または治療後、どのような影響が出るかと考えると、大変不安です。

今となっては、なぜ言われるがままに抜歯矯正を選択してしまったのか、本当に後悔しかありません。

医師からは抜かなければ口元がもっと出てしまう、という説明はありましたが、口元が引っ込むことによって老け顔になる、ほうれい線が出る、また健康上のリスクの説明も欲しかったです。

二軒矯正専門医に相談に行き、どちらでもレントゲンも撮らずに抜歯はやむを得ないと言われました。
かかりつけの一般歯科でも抜歯だろうと言われました。

一般的な矯正治療で言うと抜歯ケースだったのだと思いますが、後々調べると、奥歯を後方に移動して非抜歯で行える治療もあることを知り、しまったと思いました。

自分の認識不足が招いた結果ではありますが、顔貌の変化と健康状の弊害、あまりにも大きな代償です。

また相談させてもらうこともあろうかと思います。
その時はよろしくお願いします。
回答 回答3
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-04-01 09:14:57
以前は、抜歯矯正を行ってのことで、投稿が多かったのですが最近は少なくなってきました。

私は矯正専門医ではないのですが、矯正相談に来られた人には、頭部X線規格写真(セファロ)分析、模型分析(ディスクレパンシーの計測=スペースの過不足)、抜歯矯正の問題点などを、説明していました。


奥歯を後方に移動して非抜歯で行える治療もあることを知り、しまったと思いました

歯列弓を左右に広げることでも、ある程度改善できます。
それだけで、前歯は何もしなくても、叢生は改善して切端部は後退しますので、ここで、終了する人が、たくさんいました。

先回りして、説明してあるので、当然ながら、料金は少なくて済むように設定してあります。
但し、細顔!にこだわる人はむりです。

平野レミさんの、素敵な笑顔での歯が良く見える写真を用意して説明したり、逆に雑誌に載った抜歯矯正後の二人の写真での、皴深い口元、口角部分のブラックトライアングルを見せたりして、説明するのです。

冗長になりますが、多くの人に知ってもらいたくて、書いています。

抜歯矯正にしないと、高額治療費に繋がらないという、商業主義になっている面を愁いています。

抜歯矯正後での、あなたと同じような悩みの人の相談を受けることがありましたが、結論から言うとなかなか難しいものです。




タイトル 抜歯矯正の途中、奥歯を前に動かすことによる顔貌の変化について
質問者 だいだいだいさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 矯正で抜いた・抜く予定
歯列矯正の治療法
歯列矯正のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日