噛みしめによりブリッジの支台歯が押し込まれた場合

相談者: nof111さん (38歳:男性)
投稿日時:2019-05-24 11:05:45
左上3,5番をブリッジの支えにしていました。
そのかみ合わせが全くあっておらず、寝起き毎に強く噛みしめていたところ、支えの歯が奥に2,3mm程度ですが埋まりました。

そうした場合その歯が上あごの神経を傷つけるような可能性はあるのでしょうか?


左上3.5番は神経を取っているにも関わらず歯に触れるだけで感覚があり、歯の根の奥あたりに常に圧迫感があります


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-05-28 13:25:57
噛み締めによって、短期間で歯が歯茎の中へ2〜3mm押し込まれるようなケースは、まだ見たことがありません。

もし、歯に触れるだけで強い感覚があったり、常に圧痛感があるのでしたら、エックス線写真を含めた検査をして、診断してもらったら良いと思いますよ。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-05-28 17:21:36
こんにちは。

私も犬歯と5番が一度に2〜3mmも埋まるようなケースを見たことがありません。

矯正治療でもその数字は難しい数字になると思います。


>左上3.5番は神経を取っているにも関わらず歯に触れるだけで感覚があり

歯の神経をとるといっても歯髄しか取れませんから歯根膜感覚はなくなりません。
歯に触れれば触れたという感覚があるほうが普通です。


>歯の根の奥あたりに常に圧迫感があります

根管治療が上手くいっていないのかもしれませんがどうでしょう?
歯科医に診てもらいましたか?


専門家がきくとおかしいなと思ってしまう記載が多いので、一度きちんと歯科医に診断してもらい説明を受けられたほうがよいのではないかと思いました。




タイトル 噛みしめによりブリッジの支台歯が押し込まれた場合
質問者 nof111さん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 歯の異常・トラブルその他
ブリッジに関するトラブル
歯軋り(歯ぎしり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日