右上奥歯の原因不明の歯痛について

相談者: inchanさん (48歳:女性)
投稿日時:2019-06-22 19:24:45
以前に相談させていただいた後、大学の歯学部附属病院のリエゾン科へ行き検査をしてもらいました。
レントゲン、CTを撮りました。
しかしすっきりとした診断結果が出なかった為、ご質問させてください。

診断結果は、右上67上部の上顎洞に粘膜肥厚がある。
上顎洞に膿は溜まっていないので副鼻腔炎ではない。
したがって何かしら歯が原因で上顎洞に慢性炎症があるのではないか。
ただ、右上67にはレントゲンやCTでははっきりとした異常は見られない。

6は抜髄済。
神経が3本あるところ2本しか治療されていない。
1本は狭窄していて削られなかった。
打診痛咬合痛自発痛あり。

7は有髄歯
CTなどで異常は見られないが、以前の虫歯治療で神経近くまで削られている。
冷温痛、打診痛、咬合痛、自発痛あり。

このような状態ですが、歯が原因と考えられるのでしょうか。

素人考えですが、上顎洞に慢性炎症があるなら歯にレントゲンやCTで何か異常が見られると思うのですがどうなのでしょうか?

破折もCTでは見えないのでしょうか?

また、耳鼻咽喉科で精密検査はしていません。
時々鼻がつまる程度ですが、こちらの可能性もあるのでしょうか?

宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-06-23 19:27:56
inchan さん、こんばんは。

まだ右上の歯の痛みが取れなくてお困りなのですね。

>6は抜髄済。
>神経が3本あるところ2本しか治療されていない。
>1本は狭窄していて削られなかった。
打診痛咬合痛自発痛あり。

右上6は、2月に抜髄しているのに、いまだに打診痛、咬合痛があるようでしたら、根管治療が完全でないようですので、根管治療の専門医か大学病院歯内治療科の先生に、一度確認して頂いたらいかがでしょうか。

右上67上部の上顎洞の粘膜肥厚があるとのことですから、症状によっては右上6の再根管治療は検討しても良いかもしれません。

右上7は有髄歯とのことですから、今までの経過を考えますと痛いからと言ってすぐに抜髄するのは、避けた方が良いと思います。

>破折もCTでは見えないのでしょうか?

破折の場合、破折線が見えることはありますが、歯に隙間ができてこないとCTで確認することは難しいことも多いように思います。

もし破折して神経が死んでいても、それもCTには写らないので、歯根周囲の骨の吸収像等ができるまでは、CTで歯の異常を見つけるのは困難かもしれないです。

早く痛みが取れると良いですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: inchanさん
返信日時:2019-06-23 22:47:35
森田先生、ご回答ありがとうございました。

根管治療専門医は診てもらったことがないので、探してみたいと思います。

昨年9月から痛みが続いているので、右上6の抜髄は必要なかったか、抜髄が失敗して新たな痛みがミックスされたのか判明してほしいです。

一番痛い右上7がいまだ不明で、何なのか早く知りたいです。



タイトル 右上奥歯の原因不明の歯痛について
質問者 inchanさん
地域 非公開
年齢 48歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 原因不明の歯の痛み
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日