20年前に抜髄済みの歯根に小さな膿。経過観察で良いのか不安

相談者: 連絡当番さん (38歳:女性)
投稿日時:2019-08-07 21:28:58
こんにちは。

上の小臼歯です。
20年ほど前に抜髄しています。

ここ半年くらい、ソワソワと違和感が生じる時があります。
痛みや歯茎の腫れ、グラグラなどはありません。
たまに、食事中に、ソワッと変は感じがします。


先日、受診したところ、歯は悪くなさそう、ということで歯の掃除だけして、経過観察になりました。
この日ここではレントゲンなどは撮っておらず、半年ほど前に撮ったのが最後です。


セカンドオピニオンとして、別の歯科でCTを撮ってもらいました。

根の先に小さな小さな黒い部分があり、ごく僅かに、膿があるように見えるけど、再治療のリスクもあるので、このまま大きくならないなら問題ないので、様子を見たほうがいいと、やはり経過観察になりました。

ネットで自分で調べると、根の先の膿は、小さいうちにできるだけ早く再治療したほうがいいという情報をよく見るので、経過観察で良いのか、不安です。
ごく小さな膿みの場合、経過観察という選択も、ありなのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-08-07 22:59:20
20年経過してほんの小さな影があるだけで、咬合痛打診痛根尖相当部の圧痛とかがなければ経過観察でも良いかと思います。

またCTでも普通のレントゲンでも膿の存在を証明することはできないと思います。
単なる透過像があるというだけだと思います。

そこに慢性炎症があるのか瘢痕治癒を起こしているのか今縮小傾向にあるのか拡大傾向にあるのかは一枚ではわからないと思います。時間軸が違う写真が必要だと思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-08-07 23:15:59
ソワソワとした感じと言うのが分からないのですが、違和感があるとしたら、神経の処置している歯にひびが入り始めている可能性が高いのでは、と思います。

処置して20年経過しているとのことですし、神経の取られた歯は枯れ木のようなモノですから、残念ですが歯髄のある歯に比べると脆いモノです。

これは、経過観察して行くしかありませんから、慌てて根管治療するのはより歯質を痛め付けることになりので、考え直した方が良いと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 連絡当番さん
返信日時:2019-08-08 08:42:20
柴田先生

一概に黒い影が、膿とはいえないと、初めて知りました。
教えて頂いてありがとうございます。

症状が変わったとき、もしくは検診で経過を見ていただこうと思います。



松元先生

ひびが入っている可能性もあるんですね。半年でも1年でも、長く自分の歯を使いたいので、できる限りのケアをしながら、経過をみていこうと思います。
教えていただき、ありがとうございました。



タイトル 20年前に抜髄済みの歯根に小さな膿。経過観察で良いのか不安
質問者 連絡当番さん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日