虫歯治療のグラディア充填とセレックインレーについて

相談者: ちょいさん (26歳:女性)
投稿日時:2019-08-29 19:13:49
いつもお世話になっております。

自費治療をしている歯科医院デンタルドックを受けました。
虫歯二次カリエスの治療をするのですが、質問があります。

私は問診票の虫歯になりたくない、の欄に丸をしており、その結果、左下6番と左上4番の二次カリエスをセレックインレーにする事を勧められました。
(左下は567の歯間が虫歯になっております。)

ですが私はまだ26歳ですし、あまり歯を削りたくありません。
セレックインレーにするという事は、グラディア充填よりも歯を削るという事ですよね?

また、セレックにしたからといって、虫歯にならないというわけではありませんよね。(グラディアよりは汚れが付きにくい点はメリットなのでしょうか?)
もちろん、治療したからケアを怠る気はありませんし、二次カリエスを防ぐのは自分のケア次第なのは重々承知しています。

劣化や再治療、虫歯になりやすさを考えると、提案して頂いたままの内容で施術を受けた方が良いのでしょうか。
万が一、セレックが割れてしまったり、二次カリエスになってしまった場合、更に削ってインレーかクラウンになってしまうのが不安です。

またグラディアと保険レジンはあまり変わらず、レジン治療は歯科医の腕にかかっているという内容をお見かけしました。
今かかっている歯科医院ではルーペを使用しています。
失礼ですが、先生の腕は不明で若い勤務医の方ですが、少し不安です。

もう虫歯になりたくない、これ以上悪くなりたくない!という気持ちが強すぎて、毎日歯の事ばかり考え、調べて、不安ばかりつのってしまい、精神的に疲れています…。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-08-29 20:43:29
こんにちは。

きちんと治療してもらえるならば、何で治療をしてもらっても良いだろうと思います。

グラディア保険コンポジットレジンは、色調のバリエーションが違うだけですが、前処置や研磨などで違いを出しているのかもしれませんし、治療内容についてはわかりません。
単純に素材の違いでは色味のバリエーション程度です。

しかし、素材より治療内容で出来上がりの質は大きく違うはずです。
ですからレジン修復は術者の技術力で大きな差がでます。

それはセレックも同じですから、おかかりになった歯科医が得意とする治療法にされておく事が無難だと思います。




タイトル 虫歯治療のグラディア充填とセレックインレーについて
質問者 ちょいさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
レジン(白いプラスチック)
セラミックインレー(陶器の詰め物)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日