学校では教えてくれない歯の授業

下顎後退の治療方法は骨切りしかありませんか?

相談者: まかさん (33歳:女性)
投稿日時:2019-11-28 00:31:32
お忙しいところ恐れ入ります。
外科矯正をするか悩んでおります。
担当医と会話をすべきことかと思いますが、多くの見解をお伺いしたく、書き込みました。
文章が下手で申し訳ありません。


【現状】
虫歯のない左6番が割れてしまい、かみ合わせが原因ではないかとのことで矯正歯科に相談にいきましたら、顎変形症(下顎後退)と言われました。

中学生くらいの頃(20年以上前)、楽器をやっており、顎が開かない、強い痛みのある顎関節症だったことがあります。

無理やり口を開けしめしていたら、痛みは無くなりましたが、音はその頃から今もずっとなっています。
音が激しいときもあれば静かなときもあります。


奥歯で噛もうとすると、確かに歯1つ分くらいズレていて、かみ合わせも深いように思います。
ただ、自分の感覚としては、無理やりそこに着地しているような感じですこし窮屈な感じがしています。

大きく口を開けてそのまま口を閉めるとどこもうまく噛み合わず、奥歯は接していません。



【質問】

@関節円板の手術で円板を正常位置に戻せるならば、関節円板が通常位置に戻ることにより、下顎が前にでてくるということは期待できませんか?

A例えると蝶板の部分が安定していないように思っています。
顎関節の正常な状態にしてから歯科矯正でかみ合わせを治すという方法はあり得ませんか?



長々失礼いたしました。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-11-28 07:38:11
まか さんこんいちは。

>@関節円板の手術で円板を正常位置に戻せるならば、関節円板が通常位置に戻ることにより、下顎が前にでてくるということは期待できませんか?

関節円板の手術は、正常に戻すというよりは、引っ掛かりがあるとそれを取り除くような手術になると思います。
かみ合わせの位置が変わる訳では無いので、下顎が前に出てくることはないと思います。

顎変形症の手術であれば、かみ合わせが治ってくるとは思いますが・・・



>A例えると蝶板の部分が安定していないように思っています。
顎関節の正常な状態にしてから歯科矯正でかみ合わせを治すという方法はあり得ませんか?

矯正治療の方法で、顎関節を診て治療計画を立てる先生方が確かにいらっしゃいます。
近年ではCTですが、顎関節を特殊なレントゲン装置で撮影し検査していると思います。

顎関節の位置を正常にしてからではなく、顎関節の位置を正常にしつつ矯正治療でかみ合わせも同時に治す感じになると思います。


参考までに。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まかさん
返信日時:2019-11-28 19:04:06
加藤先生、お忙しいところありがとうございます。


かみ合わせ顎関節は治療は別物なのですね。

かみ合わせがうまく行っている状態で顎関節を治す、という感じが自然なのかなと思いました。
外科矯正の術後経過が良好であるよう祈るしかないですね。


ありがとうございました。



タイトル 下顎後退の治療方法は骨切りしかありませんか?
質問者 まかさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
噛み合わせに関するトラブル
顎関節症
外科矯正
過蓋咬合(かみ合わせが深い)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日