[写真あり] 右上1番の歯茎に赤い斑点

相談者: ようよさん (35歳:女性)
投稿日時:2020-03-30 23:22:23
右上1番の上の歯茎に赤い斑点があるのに気づきました。

膨れてはいません。
これはなんでしょうか。
痛みはないですしこの歯は治療していない天然歯です。

画像添付します。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-03-31 02:00:49
ピントのせいか解像度の問題なのかよくわかりませんでした。

未治療の天然歯では外傷の既往がない歯は歯髄壊死等をおこしにくいので、歯髄由来の可能性は低いと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ようよさん
返信日時:2020-03-31 09:09:49
お返事いただきありがとうございます。

うまく撮れず申し訳ありません。


この赤い斑点が気になりだしたのはスケーリングをしてもらったあとからなのですが関係ありますか?

歯茎が下がったなとは思っていたのですがその翌日に赤い斑点が出てきました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-03-31 10:02:43
ご相談ありがとうございます。

以下の情報から、ありうることを想定して回答いたします。


スケーリングをしてもらったあとから
歯茎が下がった
歯周病が悪化するにしては、年齢が若い

写真から、清潔なケアを心がけている方という印象を受けました


それらのことと、できたタイミングといい、スケーリングによる害があった可能性もありえます。
それにもかかわらず、スケーリングをしたメリットは何だったのでしょうか?

そもそも、スケーリングをした目的は何だったんでしょうか?


もし歯磨きができていて、しかも歯石のついていないところを、あえてスケーリングした場合は、健康を損なう結果となりうるからです。

害が重なれば危険です。
歯を失わない用心をしましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ようよさん
返信日時:2020-03-31 10:39:50
返信いただきありがとうございます。

スケーリングは前回の受診から一年以上経ってたのでお願いしました。

スケーリングによる害とはなんでしょうか。


この赤い斑点は前歯が割れたりしてるのでしょうか。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-04-01 08:52:26
ご質問ありがとうございます。

スケーリングによる害とはなんでしょうか。

基本的な知識として、どのような歯科治療にも、メリットとリスクがあります。

したがって、リスクを取っても、メリットがリスクより大きい場合だけ、治療する価値があります。


害とは、リスクが高まることです。
つまり、

1. 歯の根元を削ってしまうこと、(取り返しがつかない)
2.歯を一生守る、歯肉のある部分を破壊すること、(取り返しがつかない)

です。

1.は、エナメル質がない部分なので、神経(歯髄)への悪影響が出ることがあります。
症状としては、初め、しみることがありえます。
最悪としては、しみることが自然に止まらず、だんだん強くなり、神経を取る抜髄)リスクが高まります。

また長期間繰り返すと、歯の根元がだんだん細くなります。
ちょうど、海岸の岩の根元が波で削られて細くなったようになることが報告されています。


2. は、ハグキ(歯肉)がだんだん下がってきて、歯が長く、老けて見えてしまいます。
最悪としては、歯を守る歯肉や歯根膜の大事な部分を破壊していけば歯の寿命をとても縮めてしまいます。


>割れたりしてるのでしょうか。

お写真では全く判断できませんが、もし生きている歯であれば、そして、単に赤い点であれば、割れたとは考えられません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ようよさん
返信日時:2020-04-01 22:45:44
返信ありがとうございます。

赤い点について歯科医に聞いてみたところ正直分からないとのことで少し様子を見ましょうと言われました。

歯が割れたりが心配だったのですがそれはないと言われました。


しばらく様子を見ようと思います。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ようよさん
返信日時:2020-04-06 00:14:45
質問させてください。

その後赤い点が一昨日消えました。 
このまま何もせず様子を見ても良いでしょうか?
歯茎はいつもと変わりなくピンク色です。

お忙しい中だと思いますがよろしくお願いします。



タイトル [写真あり] 右上1番の歯茎に赤い斑点
質問者 ようよさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎の異常・トラブルその他
その他(写真あり)
歯茎の出来物(できもの)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日