YAGレーザーを使った歯科治療について

相談者: kira-kiraさん (50歳:女性)
投稿日時:2020-05-11 06:29:11
歯を削るのに、YAGレーザーを使用する治療法があることを知りました。

初期虫歯にしか使えないようなのと、削る機械と併用しないといけないなどのデメリットも見ましたが、殺菌効果もあるので、2次虫歯になりにくいというような情報も自分が調べた限りではわかったのですが、実際どうなのか、あまり普及していないというのはどうしてでしょうか?

以前にくさび状欠損の補填後にしみたこともあり、今回歯茎のきわに虫歯ができてしまい、また削ったりして治療後に痛みがでることを避けたいので、レーザー治療に興味を持ちました。

よろしくおねがいいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-05-11 09:46:21
>実際どうなのか、あまり普及していないというのはどうしてでしょうか?

歯科用Er.YAGレーザーですね。

普及していない理由は「機材が高価」であることと、「切削スピードが非常に遅い」と言う事に尽きると思います。

切削スピードに関しては、通常のタービンの3〜5倍(場合によってはそれ以上)時間がかかります。
つまり、5分で終わる処置が20分近くかかります。

また、殺菌効果や2次カリエスのリスク軽減に関しても、通常の手法で丁寧に行えば同等かそれ以上の結果が期待できます。
(僕はこの15年間で2次カリエスの発生はゼロです)

Er.YAGレーザーを使うメリットは、歯を削るときの「キーーン」と言う音がない事くらいでしょうか。
(その代わりバチバチと言う音はします)


Er.YAGレーザーの導入は「キーーンと言う歯医者さん独特の嫌な音がしない」と言う意味で「患者さんへのアピール」にはなると思いますが、個人的には「普通に丁寧に行えばものすごいメリットは感じない」と言う事になるでしょうか。


もちろん、Er.YAGレーザーによる治療自体は否定ませんので、「積極的に受けてみたい」と言う事であればそれはそれで良いのではないかと思います。

3人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル YAGレーザーを使った歯科治療について
質問者 kira-kiraさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日