虫歯が歯茎に埋もれている、切開の必要性とリスクについて

相談者: みくみく000さん (30歳:女性)
投稿日時:2021-01-29 18:55:29
親知らずの手前の歯が虫歯になっており、親知らず抜歯後しばらく経ってしまったせいもあるのか、親知らず側の虫歯部分が深く歯茎に埋もれていると言われました。

ですので治療する際は、きちんと削るには歯茎切開の外科手術が必要になると言われました。

お金もかかるので、よく考えて回答をいただいてから手術に踏み切りますと言われ、思わず怖くなってしまいました。

実は今回かかったのは引っ越し後、新しい土地で行った歯医者です。
色々他にも虫歯があり、別の歯医者で治療にかかっていました。

ただ親知らずを抜いてから治療と言われていたのですが、親知らず抜歯一週間後、別の歯を根管治療した際に顎の痺れ、発熱もあり大変だったこと、更にコロナも流行り始めて歯科医院に行くのをためらってしまい、さらに引っ越しも重なり、親知らず抜歯した歯科医院、根管治療等していた歯医者には行けなくなってしまった経緯があります。

自己責任でもあるので、猛省しています。

ただ以前の医院では、抜いてから状態よく見てみないとわからないけど、削って詰めるか根管治療になるかもねぐらいにしか言われてなかったこともあり、今回は歯茎切開及ぶ骨を削る手術だからね!と言われてしまいとても構えてしまいました。


質問としては、

1、埋もれてしまったのには、やはり間が空いて歯茎再生してしまったせいもありますよね…?

2、虫歯による歯茎切開および骨を削ることは、なかなかイレギュラーなことなんでしょうか?
大手術みたいなイメージなのか分からず…

リスクや痛みや体への負担が大きいものですか?
親知らず抜歯と同じぐらいの術後や、リスクと考えていいのでしょうか?

3、もちろん見てみないとなんとも言えないとは思うのですが、歯茎切開および骨を削る以外の方法があるものなのか?
セカンドオピニオンを求めて、別の歯医者に行くのもひとつの方法なのか?


長くなってしまいましたが、ご回答いただければ幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2021-01-29 19:46:35
親知らずの手前の歯が虫歯になっており

このサイトの過去ログに沢山ありますが、もっと早くに親知らずを抜歯しておけば虫歯を回避できたのかもしれません。


>親知らず抜歯後しばらく経ってしまったせいもあるのか、親知らず側の虫歯部分が深く歯茎に埋もれていると言われました。

引っ越しなど事情があったのかもしれませんが、時間が空いてしまったのは、もったいなかったように思います。

自身の健康について、もう少し配慮できると良いですね。


>虫歯による歯茎切開および骨を削ることは、なかなかイレギュラーなことなんでしょうか?

虫歯の取り残しを回避するためには、致し方ないものと思います。


>リスクや痛みや体への負担が大きいものですか?
>親知らず抜歯と同じぐらいの術後やリスクと考えていいのでしょうか?

虫歯に成っている部位や大きさに依るのかと思います。


>歯茎切開および骨を削る以外の方法があるものなのか?

矯正力挺出させる、そのまま放置し然るべき時期に抜歯する等の方法が無い訳でもありませんが、私だったらお勧めしません。


セカンドオピニオンを求めて別の歯医者に行くのもひとつの方法なのか?

そうですね、経過や現状についての資料を借りるなどしてセカンドオピニオンを求める or 他の施設を自主的に受診し相談する等も一法です。

ただ、悪戯に施術時期の引き伸ばしになりませんように。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 虫歯が歯茎に埋もれている、切開の必要性とリスクについて
質問者 みくみく000さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日