8番の代わりに銀歯の6番を抜いて、7・8番を矯正で近心移動できないか

相談者: でんたるるーとさん (38歳:女性)
投稿日時:2013-02-02 11:14:35
矯正のため、上の8番の親知らずを抜歯します。
この親知らず虫歯でも何でもありません。

親知らずと同じ列に、6番は神経がありません。
ほとんど歯が残っておらず、銀歯で覆っている状態です。
この歯は30年近く前に神経を抜きました。
その時に、神経を抜いた歯というのは、折れやすいと先生から聞きました。

そこで8番を抜かずに6番を抜いて、7番を6番に、8番を7番に移動することは不可能なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2013-02-02 11:27:04
サイズ的に合えば可能かもしれません。
ただ矯正の期間が長くなる可能性と、その分費用が高くなるかもしれません。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-02-02 11:38:00
矯正前に8番を6番に移植してブラケット、ワイヤーで支持する、という方法も考えられます。
細見先生の仰る通りサイズの問題も、手術が必要という問題もありますが、選択肢の一つとしては考えてもいいかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-02 13:00:59
細見先生
ありがとうございます。
既に装置が付いているのですが、今からでも可能でしょうか?
ちょうど神経が無い6番にわっかもついている状態です。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-02 13:13:08
高橋孝先生
ありがとうございます。

装置を付ける前に、先生に8番から6番へ移植できないか、聞いてみたことがあります。
移植をしても良いけど、6番ばかりか8番までも歯を駄目にする可能性がある、ということでした。

また移植をしても、神経も抜く必要があるとか、移植した歯の寿命は10年くらいなど、これは専門科が言ったのではなく以前ネットか何かで見た情報なのですが、こういったことにより断念しました。

いずれにせよ、やはり矯正前でなければ、移植もできないのですよね?
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-02-02 13:35:37
でんたるるーとさん、こんにちは。
矯正がからんだ、親知らずの移植についてですね。

さすがに矯正期間中の移植は、難しいでしょうね。
矯正のワイヤーは、特に初期の場合、形状記憶合金を使うことが多いので、固定には適さないと思います。

であれば、8番を抜かないで保存しておき、矯正が終わり、6番の状態が良くないようであれば、その時点で移植を検討してみても良いかもしれません。

しっかり使えている歯であれば、6番を抜くのはもったいないですし、8番も虫歯にならないようにケアしていれば、もしものときに使えるかもしれません。

矯正の治療計画において、8番はどうしても抜かないといけないのか、相談してみてはいかがでしょうか?

ご参考までに。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-02 13:50:51
黒岩司先生
ありがとうございます。
8番をおいておきたいと思うのがやまやまなのですが、それが今、手術前提の矯正のため、どうしても8番を抜歯しなければならないそうなのです。

>しっかり使えている歯であれば、6番を抜くのはもったいないですし

自分のことながら、6番がしっかり使えているのか判断できないのですが、ただいつか折れてしまいそうで怖いと思っています。
6番がしっかり使えている場合、移植や移動させることのほうが、デメリットが大きいのでしょうか?
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2013-02-02 14:00:55
6番を抜歯することは、矯正固定源がなくなるので、矯正中は好ましくないかもしれませんね。
固定源を6番から矯正インプラント(スクリュー)にすれば可能かもしれません。
矯正の担当医に聞いてみて下さいね。


移植をするメリットとデメリットを比較してどちらが良いかによって移植をするか、そのままか、6番を抜歯して歯を移動させるのか、お口を見ている担当と良く相談すると良いと思います。
ネットではお口をみることは出来ませんので、回答には限界があります。

6番を固定源としているならば、6番の状態は悪くはないように個人的には思います。
担当と良く相談して下さいね。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2013-02-02 14:02:58
 患者さんの状態によって、歯の矯正移動の難易度は大きく異なります。

 保険適用の外科矯正治療では、インプラントアンカーの使用が混合診療にあたり、使用できません。

 そのため、医学的な問題とは別に、保険制度の影響で、歯の矯正移動に、とてつもなく大きな制限が存在します。

 実際の状態がわかる矯正担当医に、具体的にご相談されることをお勧めします。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2013-02-02 15:50:14
でんたるるーと さん、こんにちは。

堀内先生が仰る「実際の状態がわかる矯正担当医に、具体的にご相談されることをお勧めします。」に賛成です。

6番を抜歯して親知らずを移植するのも、7番・親知らずを近心移動させるのも、どちらも大変なことかと思います。

お掛かりの矯正医とよくご相談になってくださいね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-08 23:22:11
加藤先生、堀内先生、小林先生
ありがとうございます。
まとめてお礼を申し上げることをご容赦ください。

アドバイスを頂いたように、主治医に相談してみました。
結論から申し上げますと、ごちゃごちゃ言わずにさっさと親知らずを抜きましょう。
ということでした。

その理由に、

黒岩先生が仰るように、今時点では6番は使えており、また根っこが悪い訳ではない。
他の歯に負担が掛かる。
時間が掛かる。
さっさと手術をしてしまったほうが良い。

とのことでした。

私自身とても残念なのですが、先生がイライラしており(これは私が少ししつこく言ったので私に非があります。先生に嫌がられるのはわかっていましたが、それでもなおお願いしたかったのです。)、しかしとても良い先生で関係を悪化させたくないので、諦めることにしました。
また歯をみて先生が判断したことですので、それが最良なのだろうと思います。

アドバイスをくださった先生方
親身になって歯について教えて頂き、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。
回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2013-02-08 23:31:12
混ぜ返すつもりはありませんが、日本人女性の平均的なサイジングを考えると、8番と7番が同様のサイズ、特に根っこの長さ太さ、7番と6番も同様ですが、歯の見えている頭の部分の大きさ・根っこの長さ、太さ、それに肝心なかみ合わせの面の山谷のバランスを考えると大変だと思います。

確かにアイデアとしては面白いですが、実際には治療時間も長くなるし、期間が長くなればそれだけ、リスクも高くなるし、実際に質問者さんが、私の家族だとしたら、

「止めといた方がいいよ〜」

と言うと思います。


ご快癒をご祈念申し上げます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-09 00:00:47
佐藤修一郎先生
ありがとうございます。
混ぜ返すなんて、そんなことはありません。
勉強になりました。
矯正を始めてから歯に興味を持つようになり、こちらの掲示板では興味深く拝見しています。
テレビを見ていても、ついつい人の顔より歯ばかりを見てしまいます。

佐藤先生そして他の先生方も仰るように、歯の移植、移動は、本当に大変なことだったのですね。
私は簡単にできるとは思っていませんでしたが、それほど大変だとも思っていませんでした。

>実際に質問者さんが、私の家族だとしたら、

>「止めといた方がいいよ〜」
>と言うと思います。

そうなのですね。
私にはこの選択が良かったのでしょうね。
回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2013-02-09 00:28:43
医学的に良い治療でも、心情的に納得いかなければ本人にとってはいい治療だとは言えないことがあります。



>私にはこの選択が良かったのでしょうね。

治療前にそう思える様に工夫されたあなたは、生きることに前向きな素敵な人だと思います。
 
  

  

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: でんたるるーとさん
返信日時:2013-02-09 02:27:35
児玉紳佑先生
ありがとうございます。

>医学的に良い治療でも、心情的に納得いかなければ本人にとってはいい治療だとは言えないことがあります。

読んでハッとしました。

そしてしみじみと考えました。

また、優しいお言葉ありがとうございました。
実のところ落ち込んでいのたですが、元気が出てきました。



タイトル 8番の代わりに銀歯の6番を抜いて、7・8番を矯正で近心移動できないか
質問者 でんたるるーとさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 矯正で抜いた・抜く予定
抜歯:6番(第一大臼歯)
抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず)
歯列矯正の治療法
親知らずの抜歯
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日