ラバーダム使用の保険歯科医院は少ないのか?

相談者: videoartさん (38歳:女性)
投稿日時:2014-10-16 13:16:03
先生方

いつも本当に助けていただいております。
ありがとうございます。


前から3番目、右の糸切り歯は根の神経を抜いて10年以上経っており、2年間くらい前から根の先が膿んでいる状態です。

現行の歯科医からは、症状がないのならば様子をみましょうということで、積極的な治療はしていませんが、いずれ、、との見解です。


根の確実な再治療にあたり、歯チャンネルを拝見し、ラバーダム仕様の歯科医を探したところ、近所の歯科医(目黒渋谷世田谷エリア)でラバーダム使用の歯科医は、保険外でしか治療しておらず、根の部分、上の部分それぞれ8万円くらいとのことでした。

歯にお金をかけることは、必要とは思っているものの、初めてのこの歯科医にお願いするかどうかなやんでおります。


保険治療でラバーダムを使用している歯科医はあまりいないのでしょうか?

また、根の治療を保険外でやっているということは、その領域でのある程度の技術があると信頼してもいいと思われますか? 


ちなみに、今かかっている歯科医では、今年2本根の治療をしたのですが、何だか慌ただしい環境での治療だったので、根の治療には適さないかと思っております。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-10-16 13:33:37
ラバーダムは現在 健康保険では点数がありません。
やってもやらなくても歯科医院が受け取れる治療費は同じということです。
 
以前は、10点(100円)でしたが、健康保険に請求される金額と、ラバーダムの出荷量が数十倍の開きがあったため、点数がなくなりました。
「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉がありますが、まさにそのとおりの状況です。

 
では、ラバーダムをする先生が名医かといわれると、ラバーダムは必要条件であって十分条件ではないと考えます。
ラバーダムは、きちんとした歯内療法をするために必要な手段の一つではありますが、隔壁、根管拡大・形成、洗浄、根管充填 等々色々なステップが上手くいって始めて成功につながります。

ちなみに歯内療法学会で認定をとるための症例にはラバーダムが必須になっています。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-10-16 13:34:58
保険治療でラバーダムを使用している歯科医はあまりいないのでしょうか?

あるとは思いますが、比較的少ないような気がします。


根の治療保険外でやっているということは、その領域でのある程度の技術があると信頼してもいいと思われますか? 

そうですね…。

他の歯科医院では保険で出来る事をあえて保険外でするという事は「(使用する薬剤や時間のかけ方など)何か特別なこだわりを持って治療に臨まれている先生」であると考えても良いのではないでしょうか。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-10-16 17:01:48
保険外でも、見つけられただけまだいいかも知れませんね。
保険治療を普段行っている医院での自費根管治療というのはルール上かなり難しいので、よほどの都市部でない限り受けたくても受けられないというのが実際のところかとも思います。

当然ながら、ほとんどの医院では保険で行っている様な処置を自費で行うということは「口だけ」という訳にも行きませんので、並々ならぬこだわりは持っていると期待はしても良いと思います。



このサイトでは、一般の方に理解しやすい様に「ラバーダム」とか「マイクロスコープ」あるいは専門医とか自費などのキーワードをよく使用しますが、そのどれもが三浦先生のコメントにある通りで必要十分な条件とは言えません。

ある種職人の世界でもあるので、道具や肩書で一流になれることはありませんが、信頼できる主治医を探す際のヒントぐらいに考えて頂くと良いかと思いますよ。



保険であれ自費であれ、その先生に治療を依頼するかどうかは、実際に一度受診してみて、お話を伺って、その時の先生の話し方とか考え方に触れて判断するのが一番いいと思います。

初対面でもなんとなく、「この人は信頼できそうだなー」とか、「この人は悪いことはしなさそうなタイプだなー」の様な感覚って誰でも持っていると思います。

にわか仕込みの専門知識よりは、そういう直感をアテにした方が案外良い結果が得られるのではないかと個人的には思います。

人が人にする仕事ですので、設備や理論よりも、人柄や性格というのが意外と重要な気がします。

5人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-10-17 00:53:31
以前、隔壁→ラバーダム防湿を保険内で行っていると回答された先生がいました。

それは本当に凄いと思います。
しかし、もし、多くの患者さんが、そこの歯科医院に殺到してしまうと難しくなるような気はします。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2014-10-17 23:32:58
>また、根の治療保険外でやっているということは、その領域でのある程度の技術があると信頼してもいいと思われますか? 

自分のことを技術があると(その先生自身が)考えているのは確かだと思われますが、客観的にみてそれに見合った技術がある保証はまったくといっていいほどないと考えます。
(保険外の治療を行うことに何の資格も試験も必要ありませんので。)



藤森先生>
>隔壁→ラバーダム防湿を保険内で行っていると回答された先生がいました。

私もその一人ですが、小児ではそれをしないと(私の場合はですが)危険すぎて仕事にならないです。
また小児にできるのであれば数段容易である大人にも同じことを行うのは当然かと思われます。



>多くの患者さんが、そこの歯科医院に殺到してしまうと難しくなるような気はします。

そんなこと全然ないですよ。
多くの患者さんはそれほど単純じゃないですから。

ラバーダム=名医 なんて勘違いしてる人はごく少数です。

というより、ラバーダムのことを結構嫌ってる人少なくないです。
かえって、こちらでお願いしてラバーダムの装着をさせてもらうことのほうが多いような気がします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: videoartさん
返信日時:2014-11-13 18:49:13
後日、以下の投稿を頂きましたのでこちらに追加致します。
歯科相談室:編集部)

----------

前の質問にお答えいただいた先生方、ありがとうございました。

お答えをもとに、どうするか決めてからご連絡しようと思っていたところ、回答期限が切れてしまいました。
このような形で先生方に届くのかわかりませんが、お礼を言う機会を逸してしまったので、ここに記させていただきます。
ありがとうございました。


どの歯科医にかかるか、もう少し検討してから決めようと思っています。


管理者の方、このような形で投稿してすみません、以後気をつけます。
このサイトには大変お世話になっています。
いつもありがとうございます。



タイトル ラバーダム使用の保険歯科医院は少ないのか?
質問者 videoartさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ラバーダム
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中