右下6番、ファイバーコアの場合のクラウンの材質について

相談者: タイチロウさん (51歳:男性)
投稿日時:2015-03-17 08:13:01
右下6番の根幹治療が先日終わりました。

歯根を大事にしたいので(ちなみに、7番は抜歯済みでブリッジではなく、6にクラウンを希望)、コアはファイバーコアでお願いしようと思っています。


質問ですが、クラウンはどの材質が歯根温存、及び噛み合わせの上の歯のためには良いのでしょうか?
やはり金かなと思いますが、冬場などは冷たく感じるので、セラミック等で良い材質があればと思い、お尋ねします。


宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-03-17 08:25:42
タイチロウ さん、こんにちは。

そうですね、審美的な面が許容出来るのでしたら、私も、高カラットのゴールドを勧めるかもしれません。


>冬場などは冷たく感じる

見た目はともかく、実際に冷たく感じることはないと思いますよ。

3人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 右下6番、ファイバーコアの場合のクラウンの材質について
質問者 タイチロウさん
地域 大阪
年齢 51歳
性別 男性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日