奥歯のブリッジ、多種類の補綴物が口内にあり素材に悩んでいる

相談者: 菊野さん (60歳:女性)
投稿日時:2015-08-21 09:45:20
去年作り直した下顎567のブリッジが低くて噛みあわせが悪くて困っています。

ゴールドでやり換えようかと思いましたが、上顎の噛み合う歯57にアマルガムがあり、ガルバニー電流の問題などから躊躇しています。
金パラ修復の歯も多数あります。


ハイブリッドセラミックではどうかと思うのですが、上の6番がイーマックスのクラウンで、噛みあわせるとハイブリッドが磨り減るのではないかと思います。
また噛み締め(食いしばり)があります。


ハイブリッドのブリッジの内側はゴールドです。
ただ金額が5万円ほどですので、ゴールドの材質が気になります。


早く治療に踏み切りたいと思うのですが、ブリッジの素材を何にすればいいのかわかりません。


あれこれ考えていると、結局保険の金パラがいいのではと思うのですが、どうでしょうか?

保険のものは良くないといわれていますが、どうなのですか?
金属アレルギーはありません。


よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-08-21 10:01:42
強度や耐久性についての臨床研究からお勧めすることが出来るのは、

・メタルのブリッジ
メタルボンドのブリッジ
オールセラミック(メタルボンドのメタルの部分をジルコニアで作ったもの)のブリッジ

の3通りではないかと思います。

ハイブリッドの予後の研究は見たことがありませんが、プラスチックですから・・高級な仮歯ぐらいに捉えておいた方がいいと思いますよ。




メタルを使う場合のメリットとして、割れることはほとんどないので、ブリッジそのものの耐久性は高いです。
(※歯の耐久性が高いという意味ではありません) 
費用も通常はセラミックのものより安いです。

それと、きちんとした歯科医師技工士が十分に時間をかけて丁寧に扱えば、保険自費の材料問わず精度の高いぴったりしたものが作りやすい材料という点です。


デメリットとしては金属アレルギーのリスク(アレルギーは今は大丈夫でも突然発症することがあるので、その辺りをどう考えるか)、審美性と、プラークがこびり付きやすく落としにくい という点が挙げられるかと思います。

セラミックの利点欠点はメタルで挙げた点の裏返しになりますが、精度については近年では差がほとんどなくなってきました。



個人的には、審美性とプラークコントロールのしやすさを重視して、オールセラミックを勧めることが多いですね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 菊野さん
返信日時:2015-08-21 10:53:00
渡辺先生、丁寧なご回答ありがとうございました。


オールセラミックが良いとのこと、近辺の歯科医院を探すのがまた大変です。

CT、マイクロスコープのあるところはある程度信頼できますか?
近くに一軒ありますが、インプラントが得意な先生のようです。

噛み合わせがよくないので、セラミックは細かい調整ができるか心配です。


ゴールドは卑金属が多数あるので避けた方がいいのですか?
見た目もあまりよくは無いですが。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-08-21 11:06:24
>CT、マイクロスコープのあるところはある程度信頼できますか?

CTはあれば良いと思います。

ただ、マイクロスコープは「あれば良い」と言うものでは無く「使いこなしてナンボ」と言うものです。
「マイクロスコープはあるが、使ってはいない」と言う所も実際には多いようなので、それだけを決め手にはしない方がよろしいかと思います。
(電話などで実際に「どのくらいの頻度でマイクロスコープを使っているか?」聞かれてみても良いのかも知れません)


>また噛み締め(食いしばり)があります。

個人的には「まずはココから治す必要があるのでは?」と考えますが…。

「力のコントロール」が出来ていなければ、結局はドコかが異常に摩耗したり、壊れたりする事になると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 菊野さん
返信日時:2015-08-24 14:07:31
櫻井先生

ご回答のお礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

噛み締め(食いしばり)の件ですが、ナイトガードを作って就寝時装着しておりましたが、やはり噛み締めているのか朝、歯が浮いたような痛みがあります。
ナイトガードというのはそんなに食い縛りには有効なのですか?

また、ゴールドとアマルガムが噛み合うとガルバニー電流が起きて良くないのでしょうか?
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-08-24 15:10:28
ナイトガードというのはそんなに食い縛りには有効なのですか?

個人的には「一時しのぎ」的にはアリだとは思いますが、「有効」だとは思いません。


>ゴールドとアマルガムが噛み合うとガルバニー電流が起きて良くないのでしょうか?

理論的には起こると思いますが、それを感じる事が出来るかどうかは個人差があると思います。

臨床実感としては、ほとんどの方が感じないのではないかと思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2015-08-24 15:51:15
ナイトガードというのはそんなに食い縛りには有効なのですか?

どんなデザインであれ(噛み合わせ部分をくり貫いたものでも)、一時的には夜間歯ぎしりの減少に効果があるものの、時間が経つと(慣れると?)、中には、むしろ歯ぎしりが増悪したケースもあるようですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 菊野さん
返信日時:2015-08-24 16:57:10
櫻井先生、藤森先生

ご回答ありがとうございました。

やはりナイトガードの効果はそんなものなのでしょうね。
使用してみた実感としてもそうでした。


ガルバニー電流は感じない人がほとんどということですが、電位差が大きい場合は卑金属の溶け出しが多くなるのでしょうか?
だとすれば金パラがあり、アマルガムが噛みあう場合はゴールドを避けた方が良いということでしょうか?



タイトル 奥歯のブリッジ、多種類の補綴物が口内にあり素材に悩んでいる
質問者 菊野さん
地域 非公開
年齢 60歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ブリッジ治療法
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日