ラテックスアレルギーの患者から手袋を外してほしいと言われたら

相談者: ももぷりんさん (54歳:女性)
投稿日時:2017-09-17 16:40:17
現在、上右6番のセラミック冠の調整で、仮歯とセラミックを仮止めの状態で取ったり外したりしていますが、診察にいくたびに口の周辺が赤く腫れたり荒れたりと、ラテックアレルギーの反応が出てきました。

昔、30代の頃に長く歯科に通った時も、ひどく顔全体がパンパンに腫れ上がるほどになり、医師にゴムアレルギーがあることを伝えて、医師の配慮で手袋を使用する前に粉を洗ってもらったことがありましたが、結局あまり効果はなく最後まで顔が荒れる状態でした。


そんな経験などもあり歯医者に行くこと自体を回避していましたが、今回我慢していた虫歯が酷くなり、レジン充填の取れてしまっていた歯も3つにもなったので通わざるをえなくなったといういきさつがあります。

しかし体質が若い頃より強くなったのか、あるいは鈍感になったのか、ゴムに対して反応は出なかったのですが(2回目の時にアレルギーがあることを告げた際、医師はゴム手袋を付けていると言っていました)、もう20回以上通っている最近になってから、唇周辺で特に強く手袋が当たった箇所などが診察の翌日や翌々日に、遅れた感じの反応で赤く腫れるようになりました。


でも数日もすれば治まってきますので、今の状態程度では我慢しているのですが、やはり美醜にかかわることですから、本音ではゴム手袋を医師に外してもらいたいと思っています。

私としては素手でやってもらっても全く気にせず平気なのですが、医師が直接他人の口の中に触れるのは抵抗があるのではないかと考え、なかなか言い出せないでいます。


幸い私は歯槽膿漏ではなく、肝炎や性病などの感染症の保菌者でもないので、何かの病気を医師に移すこともないのですが、所詮は他人ですので、そう申告をしたところで信用できないという不安感もおありでしょうし、いろんなことを考えると、手袋を外してほしいとは言えません。

順調にいけば、あと5、6回で診察が終わると予想しており、事前に口周辺にワセリンやオイル等を塗ってアレルギー反応があまり出ないようにして我慢している状態です。


そこでここの先生方に伺いたいのですが、もしも私のようなラテックスアレルギーの患者から、手袋を外してほしいと依頼された場合に、素手で治療することに抵抗があるものでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-09-17 16:49:41
ももぷりんさん、こんにちは。

>素手で治療することに抵抗があるものでしょうか。

素手は嫌ですね。
絶対にしません。

その代わり、ラテックスフリーのニトリルグローブを使います。


最近アレルギーについて勉強される先生が多くなってきているので、ニトリルグローブも普及してきているはずです。
お掛かりの歯科医院にラテックスではなくニトリルのグローブで・・・とお伝えすれば問題ないかと思いますよ。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-09-17 18:57:34
あとプラスチックのグローブもありますね。
テックスのグローブだとシリコン系の印象材の硬化不良をおこすようですので、プラスチックグローブも用意してあります。

またラバーダムもノンラテックスのタイプもあります。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-09-18 11:11:04
ノンラテックスの手袋がありますから担当医にしっかりお伝えになっておくほうがよいでしょう。

アレルギーは体調によって反応が怖い場合があると思いますから、問診にお書きになるとよいでしょう。

問診に記入漏れがあったり歯科医院側のチェック漏れがあるといけませんから、都度お伝えしてみるほうがよいでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ももぷりんさん
返信日時:2017-09-19 13:18:57
皆さんどうもありがとうございました。

医師に伝えたところ、医院にはラッテクスフリーのものは置いていないとのことでしたので、ニトリル手袋を持参して次回からそれでやっていただくことになりました。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2017-09-19 13:37:28
ニトリルのグローブを購入してもらえるとよかったのですが。




タイトル ラテックスアレルギーの患者から手袋を外してほしいと言われたら
質問者 ももぷりんさん
地域 非公開
年齢 54歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ アレルギーその他
歯科用材料によるアレルギー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日