変色したレジンのやり直しの刺激で神経が死なないか心配

相談者: ポメラニアンさん (33歳:男性)
投稿日時:2017-10-02 19:43:33
こんばんは。

変色したレジン部分だけを削って、自費ダイレクトボンディングで白くするつもりです。
虫歯治療は全て終わっています。

1.変色したレジンを削ること(ドリルの刺激)で、神経が死んで根管治療が必要になることはありえますか? 
あるとしたら大体どのくらいの頻度ですか?

2.それほど劣化してない(やり直す必要がまだない)着色レジンを白くするために、ダイレクトボンディングすることは、健康よりも美容を優先させている(?)ので望ましいことではないと思いますか?

3.神経へのリスクは(劣化したものをやり直す)回数よりも、元々の削った深さ(神経までの距離)で左右されるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-10-02 22:38:13
こんばんは。

ダイレクトボンディングレジンは同じですので、単純に「レジンのやり直し」という感覚でお答えしますね。



>1について

まずないと思いますが、歯質をやたらと多く削ればそういうことも起こる「かも」知れませんね。
レジン云々というよりも、治療の精密さ、丁寧さの話です。



>2について

健康よりも美容を優先させるというのも時と場合によるので、悪いこととは言えないと思います。
ただ今回の場合、そんな大げさな話でもないと思いますが・・



>3について

元々の削った深さもそうですし、今回大きく削ればそれもそうでしょうね。
精密で丁寧な治療をされていると感じられる先生でしたら、安心してお任せして良いと思いますよ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ポメラニアンさん
返信日時:2017-10-02 23:33:53
渡辺先生、こんばんは。
遅くまでお疲れ様です。
ご回答ありがとうございます。
もしかしたら誰からも回答が来ないのかもと思っていました。

回答の内容ですがとてもわかりやすかったです。

医療に絶対はありませんけど、そんな大げさに考える問題でもないとわかって安心できました。

「人間のやることに絶対はない=可能性はゼロではない=ほぼゼロといえるほど起こらない」的に捉えればよさそうですね。
それなら削るのは着色レジンの部分だけですので大丈夫だと思います。
マイクロスコープも使ってくれますし。
やはり前歯とか目立つところを白くするメリットは高いですから。

今回はご回答いただき、本当に助かりました。
お仕事がんばってください。
おやすみなさい。



タイトル 変色したレジンのやり直しの刺激で神経が死なないか心配
質問者 ポメラニアンさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
詰め物、インレーの変色・着色
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日