[写真あり] ブリッジで仮歯を作らず治療されてバランスが悪い

相談者: おとやんさん (56歳:男性)
投稿日時:2017-12-11 07:22:13
今年5月に歯科金属による金属アレルギーになり、その治療でジルコニアで上歯の連結ブリッジ(多数歯欠損)を入れましたが、治療の過程で,仮歯を作らないで本歯を作られました。(756,000円)

本歯の形状が以前より一本々がかなり小さくて短くなって、また喋りにくかったので作り直して欲しいと言ったのですが、作成したので無理と言われました。

前歯だけでも長くして欲しいといったら、セラミックをかぶせて2ミリくらいなら出来ると言われ、更に86,400円支払いました。
出来は以前より出っ歯になっています。

下歯より上歯全体が小さく短かいのでバランスが悪いです。

噛み合わせも悪く硬いものが噛めません。

ブリッジと自歯(奥歯)の隙間に食べ物が詰まって困っていると言ったのですが、出来ないと断られました。

趣味でサックスを長年吹いているのですが、前歯が以前よりかなり出っ歯になっていて、サックスのマウスピースにあたる上前歯が逃げて非常に吹き難くなっています。

毎日が湯鬱で精神的にストレスになっています。
よろしくお願いします。

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-12-11 08:27:58
ご相談ありがとうございます。

やはり、仮歯で確認とか検査とか必要だったようですね。
とても残念ですが、もう一度、出発点に戻って歯科医院選びからやり直しをすることがベストだと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: おとやんさん
返信日時:2017-12-15 10:41:06
ご回答ありがとうございます。
最初からやり直す費用がありません。

下記画像はジルコニアに変える前の画像です、
このように出来上がるのかと思っていました。

画像1画像1
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-12-15 11:42:21
こんにちは。

自費治療でおこなった治療の場合、歯科医院側と患者さんの委任契約になるので、後で困った〜〜〜といわれても他の歯科医はどうしようもないということになります。

転院されて新たな治療契約をされ一からやり直されるのが普通だと思いますが、お金がありませんということであれば誰も引き受けてくれないでしょう。

そうなればご自身で今の主治医に新たに作り直してもらえるように(追加費用は必要でしょうが)交渉するしかないでしょう。


費用を安くということであれば、公的援助があるものが保険治療になります。
ただ、ジルコニアは使用できませんから前装冠ブリッジになるでしょう。
もしかしたら欠損状況では自費になるかもしれません。
保険適用可能な欠損状態は限られています。

また金属アレルギーでも保険の前歯の場合、金属を使用する必要があるのでブリッジが適用できないかもしれませんね。
仮歯を作ってもらえるかどうかについては、事前に確認されておくほうがよいと思います。

ブリッジが適用できない場合は、保険の場合、部分入れ歯になりますが、その場合も金属の種類は異なりますがクラスプが金属になる必要があります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: おとやんさん
返信日時:2017-12-15 11:52:56
ご回答ありがとうございました。
余裕が出来たら他院でやり直します。



タイトル [写真あり] ブリッジで仮歯を作らず治療されてバランスが悪い
質問者 おとやんさん
地域 非公開
年齢 56歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ ブリッジ治療法
ブリッジに関するトラブル
その他(写真あり)
歯科金属アレルギー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日