奥歯の詰め物について適切なものを悩んでいます

相談者: Shinchanさん (50歳:女性)
投稿日時:2018-01-04 07:28:43
下の歯の奥歯、後ろから3番目の歯になります。
2次また3次虫歯により15年以上入れていた詰め物が取れてしまいました。
これ以上隙間からできる虫歯になりたくないので(歯がなくなってしまう)きちんとした詰め物を入れたいと考えています。


歯科衛生士さんの話ではセラミックでは見た目は良いが強度がない。
金も銀歯もそれほど変わらないと説明しています。

保険外の詰め物の代金は、金は3万5千円、セラミックでは5万円以上(高すぎる)。


私の希望としては奥から3番目だと詰め物は多少目立ってしまうので、白い歯で強度のあるものにしたいとおもっております。

1.耐久性で選ぶなら保険内の銀歯で良いのか?
2.保険外の詰め物は歯科医によって値段は決められ、やはり安いところ高いところとあるのでしょうか?


ちなみに3年前に別の奥歯の詰め物が取れ、金歯を今よりも狭い範囲なのに5万円以上支払い治療しました。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-01-04 19:27:14
保険の治療というのは価格(治療費)や材料が決められた一定のルールの中で行っていますから、医院ごとでの差と言うのは基本的には出にくい特殊な仕組みになっています。

一方で自費の治療では価格も材料も縛りがありませんから、保険より良い治療になる場合も悪い治療になる場合もあります。
(一般的なサービス業と同じ)



ですので、
>1.について

一般的に言えば保険治療の方がコスパが良いです。
(コストの割に良い治療という意味 コストが、海外からは信じられないほどの激安です)

耐久性に関しては大抵の場合どこの医院で治療を受けても似た様なものになるはずですから(そうでない場合ももちろんありますが)、それを重要視するなら"質の良い"自費治療を受ける方がいいでしょうね。



>2.について

安い、高いもありますし、見た目が綺麗、そうでもない、耐久性が良い悪いなども勿論ありますよ。



保険治療の方が"特殊"という点を理解して頂けると実態がイメージしやすいと思います。

国民皆保険制度のおかげで信じられないぐらいのコスパが達成されているので、見た目や耐久性などに関しての贅沢は制限されます。

保険治療でない、自費の、いわゆる自由診療に関しては普通の市場原理が働きますので、安さに特化する医院もあれば見た目だけに特化したり、耐久性に特化したり、それらのバランスもどこかで取ろうとするでしょうし、価格も品質もピンキリですね。


個人的に思うのは、半端にコストを重視して安い自費治療を選ぶぐらいだったら保険治療の方が安全だと思いますし、自費治療を希望されているのならそれが得意な医院なり先生なりを選ばれた方がいいと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Shinchanさん
返信日時:2018-01-05 07:02:09
お忙しい中ご回答ありがとうございました。

保険外診療の仕組みについて理解できました。
金については私自身20年ぐらい入れているので耐久性についてはわかるのですが、セラミックについては同じぐらいの耐久性、色の変色はどの程度あるのかまったく想像がつかない状態です。

口コミ、評判などの情報も十分ではないので難しいところです。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: Shinchanさん
返信日時:2018-01-08 08:31:57
様々なコメントを見て考えた結果、見た目と隙間が比較的できにくいという観点からハイブリッドセラミックで考えています。

ただ色の変色は何年ぐらいでどのくらい変わるのかおわかりでしょうか?
少し黄ばむと記載がありましたが奥歯なので少しぐらいはいいかなと思っております。


耐久性において15年以上使っている人はいるのでしょうか?
周囲にもセラミックを入れている人はいますが皆、使用何数が5年以下と少なくあまり参考にならなかったので教えてください。



タイトル 奥歯の詰め物について適切なものを悩んでいます
質問者 Shinchanさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
セラミックインレー(陶器の詰め物)
お勧めの詰め物・インレー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日