CAMCAD冠は使えない場合もある?

相談者: バゼットハウンドさん (55歳:女性)
投稿日時:2018-02-23 09:12:29
こんにちは。
また、アドバイス頂きたくて投稿致しました。

右下6.7番欠損で部分入れ歯使用(昨年10月に作り替えました)。
クラスプ掛かっている5番に、フィステルができ来月、根管治療予定です。
この歯は20年ほど前に、セラミック差し歯にしてあります。


根管治療後の歯のことなんですが、再度セラミックと考えてましたが部分入れ歯が掛かってる歯ということ、再(再々かも?)根管治療ということでセラミックの選択は、排除しようと思います。

先生に、CADCAM冠は?と聞いたところ、できないとの事。
部分入れ歯に掛かる歯なので、できないのでしょうか?
その理由が知りたいです。

部分入れ歯作製の流れで、今現在、歯科大に通ってます。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-02-23 10:38:03
CADCAM冠が出来ない理由

 @その医院がCADCAM冠の届け出をしていない。

 Aマージン歯肉縁下深くてCADCAM冠の適応ではない。

 B力学的にCADCAM冠では持たないと思われる。

このどれかではないでしょうか。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: バゼットハウンドさん
返信日時:2018-02-23 10:48:50
細見先生、有難うございます。

歯科大の受付に、大きくポスター貼ってあるのでやってると思います。

多分、力学的な問題で先生ができないとおっしゃったのかと推測しますが、、
やはり、適応できる歯とできない歯があるんですね。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-02-23 12:06:14
クラスプがかかる歯だとレストシートという部分を掘り込まなければならないと思います。
その分の厚みが必要になる事も関係しているかもしれないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: バゼットハウンドさん
返信日時:2018-02-23 12:51:16
柴田先生、有難うございます。

担当の先生に聞いたところ、セラミックにした場合もレストが掛かる部分は、銀にした方が安心らしいです。
強度の面で。

今の5番もセラミックですが、レストが掛かる部分はそのまま削って作ってあります。
同じようにはできないのか聞いたら、やはりその部分だけ銀にした方が、強度的には安心とか。
街の歯科なら、セラミックを削りレストが乗っかる部分を作るのでは
ないでしょうか。

やはり、歯科大補綴科だからこんな作り方をするのですか。



タイトル CAMCAD冠は使えない場合もある?
質問者 バゼットハウンドさん
地域 非公開
年齢 55歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日