骨粗鬆症と歯の喪失の関係について

相談者: ふくろうさぎさん (21歳:女性)
投稿日時:2018-04-02 02:49:23
こんにちは。

この度は気になったことがあり、相談というよりは質問をさせて頂きたく思い投稿致しました。


私の祖母は現在70代で総入れ歯であり、さらに骨粗鬆症です。
母によると、祖母が20代後半か30代の頃には既に総入れ歯だったと言います。

母は祖母が若くして総入れ歯になった原因について、骨粗鬆症であるためと言っていますが、骨粗鬆症という病気はどうしても高齢になってから発症するものというイメージがあり、若くして歯を失うこととの関係が見出せません。

祖母のように、骨粗鬆症が原因で若くして歯を失うということはあるのでしょうか?


お時間あるときにでも御回答頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-04-02 08:11:26
ご相談ありがとうございます。

骨粗鬆症が原因で若くして歯を失うということはあるのでしょうか?

あいにくそういう研究を知りませんが、一般的に説明します。

ふつう骨密度は30代の半ばまでは増加していきます。
特別に栄養状態などがよく無い場合は全身的に骨粗鬆症の病気になることはあり得ます。

そうで無い場合、よく見られる若い人の総入れ歯はほとんどが虫歯による歯の全滅です。
30歳ごろで総入れ歯の人は最近でもいらっしゃるからです。


アメリカカナダでは20歳頃で総入れ歯の人もいらっしゃるようです。
これは虫歯と保険制度の関係です。

その時に適切な入れ歯の治療が受けられないと、十分に食事をすることができないために栄養が摂れず骨粗鬆症になることは考えられます。


ふつうに健康的な生活をしていれば、骨粗鬆症も、また若くして総入れ歯になることは予防できます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ふくろうさぎさん
返信日時:2018-04-06 01:48:26
さがら先生

御回答ありがとうございます。

祖母の場合、家庭の事情などもあり栄養を満足に取れていなかったように思います。
それにより若い頃から骨粗鬆症だったのかもしれません。


一般的には虫歯により歯を失い、総入れ歯ということがやはり多いのですね。
最近でも20歳、30歳で総入れ歯の方がいらっしゃるのは驚きですが、管理をしない、またはできない状態であれば有り得ることですよね。

平均寿命が80歳を超えている現在、天寿を全うするまで自分の歯を全て保ち続けるのは容易なことではないでしょうが、健康的な生活と十分な歯の管理を行い、体と歯を守りたいと思いました。
ありがとうございました。



タイトル 骨粗鬆症と歯の喪失の関係について
質問者 ふくろうさぎさん
地域 非公開
年齢 21歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯が抜けた・抜く予定 その他
総入れ歯 その他
骨粗鬆症
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日