一番長持ちするインレーやクラウンの素材は金だとの考えに至りました

相談者: ootanさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-07-18 18:46:21
インレークラウンの素材に関して、ネットでいろいろ調べてみました。
最終的に、一番長持ちするインレーやクラウンの素材はゴールドなのではないかという考えに至りましたが、先生方はどのようにお考えですか?(質問1)

インレーやクラウンが長持ちするかどうかは、患者のケアだけでなく、先生の技術による部分もあると思います。
以前通っていた歯科では、右上4番のインレーをつけた瞬間から指で触ってもわかる、この段差にクリップを引っ掛けて ものを持ち上げることができそうな感じです。
こういう技術の歯科医院で長持ちしそうな素材でインレーやクラウンをつけてもらっても無意味ですか?(質問2)

よろしくおねがいします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-07-18 19:30:28
obtainさん。

こんにちは。

なんの素材が一番長持ちするか色々と調べられたようですね。

・質問1について
様々な要素が複雑に関わることなので簡単に答えは出せませんが、破折に対する抵抗性と歯との適合性についてはゴールドに軍配が上がると思います。
私自身の口腔内にも一本入っております。
また、知り合いの歯科医師の治療をさせて頂く機会があった時も一般の患者さん達よりゴールドを選択される方が多いように思います。
プラークは若干付きやすいですが、私は好んで治療に使用します。


・質問2について
治療する先生とインレークラウンを作る技工士さんの技術はとても大事です。
おっしゃっている右上4番のインレーについては実際に見てみないと分かりませんが、きちんとした技術で装着された修復物なら指で触ってどこが治療された範囲か分かることはないと思います。
どうやって上手な先生かどうか見極めることはなかなか難しいですが、少なくとも過去の治療について不信感を持っている先生に高額な自費診療は依頼しない方が無難だと思います。
ありていに言ってしまえば下手な技術でただ、材料だけ良くしても無意味と言えるでしょう。

参考になれば幸いです。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-07-18 20:08:06
こんにちは。


>質問1

素材だけでいえば、セラミックジルコニア、金属は不変です。
金属に至ってはイオン化したり帯電しますがそのもの自体の形態が変化するほどではありません。

樹脂や樹脂ベースのハイブリッドセラミックは素材自体が吸水しますし劣化しますから、不変の素材ではありませんが、よい点もたくさんあります。
ですからケースによっては選択してもよいでしょう。

問題は素材は安定しているのに機能させることで欠けたり割れたり変形するということにあります。
天然の歯でも経年的に磨り減っていくことで姿勢の変化に対応していたりしますから、逆に何年経っても磨り減らない素材というのが新たな問題を生じることがあります。
例えば他の天然歯同士ではきちんと同じように磨り減っていっているのに、変化しない素材で強度が高すぎるために、修復物の部位だけ上手く磨り減ることが出来ず、対合の歯を削り取ってしまったり顎の関節に問題を生じてしまったり修復物と天然歯の間に段を生じたりします。

そこで適度に磨り減ってくれて生体親和性もよいものということでインレークラウンはゴールドの配合率が高いものが好ましいということがいわれています。
ただし、色が金色ですから見た目に劣ります(銀色よりは悪い色ではないとされています)


>質問2
こういう技術の歯科医院で長持ちしそうな素材でインレーやクラウンをつけてもらっても無意味ですか?

それは困りましたね。
それではどんな素材でも無意味ですね。

技術力が高いことが最も大切です。
保険適用素材の金銀パラジウム合金でもきちんと作ってもらえばアレルギーがないかぎり長期間問題ないでしょう。

技術が低いとよい素材を使っても致命的でしょう。

参考にしてみてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ootanさん
返信日時:2018-07-19 09:23:22
三留先生
船橋先生

ありがとうございます。

現在、通っている歯科の先生の腕が素人目に見てもわかるくらい素晴らしいのですが、先生が高齢なので、いつまでその医院が継続するのかわかりません。
この医院に出会うまで、何軒も歯科を渡り歩きました。

なので、その医院がなくなる前に、できるだけ長持ちするインレーにやり替えておいておきたいと考え質問させていただきました。


歯科医師の方は、ゴールドを選択される方が多いのですね。
さらに、破折に対する抵抗性と歯との適合性も高いのですね。
ゴールドでお願いしようと思います。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-07-19 09:30:08
ご相談ありがとうございます。

ゴールド(白金加金)はおすすめできます。
お口の中で50年以上機能している治療を見ることもあるくらいです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ootanさん
返信日時:2018-07-19 11:21:17
さがら先生
ありがとうございます。

50年の可能性もありなんてすごいですね。



タイトル 一番長持ちするインレーやクラウンの素材は金だとの考えに至りました
質問者 ootanさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 詰め物、インレーその他
クラウン(差し歯・被せ)その他
材料・機材関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日