ナイトガードの洗浄と歯茎の炎症について

相談者: のび太さん (50歳:女性)
投稿日時:2018-10-27 03:05:16
ナイトガードの洗浄について、かかりつけの歯医者さんからは、1ヶ月に1度ほど台所用の中性洗剤1滴をいれた水道水に付け置けば大丈夫と言われましたが、こちらの先生方はどのようにお考えでしょうか?

歯磨き粉歯ブラシがダメなのは理解していますが、入れ歯洗浄剤の方が良いのでしょうか?

また、頻度は1ヶ月に1度で本当に大丈夫でしょうか?



現在、歯茎炎症があり、歯周ポケットに細菌が入って痛むだろうと言われました。

ナイトガードに付着した細菌が、原因しているとも考えられますか?


対策として、現在、装着前にはリステリンでうがいをし、ナイトガードもリンスしています。


よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-27 06:20:20
おはようございます。

>頻度は1ヶ月に1度で本当に大丈夫でしょうか?

汚れたと思ったら洗えばいいと思います。

歯茎炎症があり、歯周ポケットに細菌が入って痛むだろうと言われました。

これはありません。

ナイトガードに付着した細菌が、原因しているとも考えられますか?

磨けていないのが原因でしょう。

>装着前にはリステリンでうがいをし、ナイトガードもリンスしています。

意味はないと思います。

歯肉の炎症は磨けていないからです、もう一つお菓子の食べすぎはありませんか。

毛先磨き http://yamadashika.jp/prevent08.html#kesaki
お菓子は一日一種類一個以内にできればいいとおもいます。
ブラッシングの威力 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=182

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-10-27 11:02:33
専用品としては、このようなものもあります。

マウスガード 除菌・洗浄スプレー
https://www.shop-earth.com/?pid=104470456

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-10-29 12:10:33
特定の製品販売促進につながっているように思いますが大丈夫でしょうか??

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: のび太さん
返信日時:2018-11-03 02:04:27
山田先生、櫻井先生、船橋先生、
お忙しいところ、ご回答いただきありがとうございます。


質問のメインは、現在歯肉炎を起こしているこので、ナイトガードに付着した細菌との関わりについての素朴な疑問で、先生方はどうお考えかお聞きしたいというところでした。


では、歯周ポケットに細菌が入り込むのは、どうしてでしょうか?
根管治療の際、ラバーダムをしなかったから?



歯磨きは、ちゃんとできていると行きつけの歯医者さんにいつも褒められます。

どちらかというと、歯の磨きすぎで20代前半から歯茎が痩せてしまっています。


のび太
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2018-11-03 09:16:00
おはようございます。

>、ナイトガードに付着した細菌との関わりについての素朴な疑問で、先生方はどうお考えかお聞きしたいというところでした。

普通に洗っていれば心配はないでしょう。

歯周ポケットに細菌が入り込むのは、どうしてでしょうか?

いりこむというか歯肉縁周囲の歯面にプラークが形成されて落とさないでいると起炎物質が産生されて歯肉に炎症がおきて、ポケット内に細菌のコロニーができるというようなシナリオではないでしょうか、

これには免疫系など生体の防御反応が複雑に絡んでくるのだと思います、歯周病学を学んだ方はもっと正確な説明ができると思います、あくまでも私の推測です、念のため。


根管治療の際、ラバーダムをしなかったから?

これは歯周病とは関係ありません

>歯の磨きすぎで20代前半から歯茎が痩せてしまっています。

おそらくオーバーブラッシングでしょう、これはこれで大問題で、良かれと思って毎日やっていることで思わぬことが起こります、少し前オーバーブラッシングで歯がすり減り結局歯髄炎から抜髄に至った症例を経験しました。

楔状欠損から歯髄炎を発症 http://yamadashika.jugem.jp/?eid=3575
オーバーブラッシング http://yamadashika.jugem.jp/?cid=39




タイトル ナイトガードの洗浄と歯茎の炎症について
質問者 のび太さん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎の異常・トラブルその他
歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日