? 銀インレーの下の虫歯の見分け方

銀インレーの下の虫歯の見分け方

相談者: はしさんさん (50歳:女性)
投稿日時:2019-02-15 00:49:10
インレー虫歯について教えて下さい。


(1)レントゲンに写っていない場合の銀インレーの下の虫歯の有無を歯科医の先生方はどのように見分けているのでしょうか?


(2)インレーがどのような状態になっている時に虫歯を疑いますか?


(3)銀インレーの下のレントゲンに写っていない虫歯を治療する場合、インレーを取るまで虫歯の大きさはわからないのでしょうか?

それともレントゲンから今はまっている銀インレーの大きさと神経を見て、削っていくと神経に近そうとか、露髄しそうとか、これは削っていっても神経近くまでは行かなさそうなど、ある程度予想できるのもなのでしょうか?


(4)レントゲンに写らない銀インレーの下の虫歯の大きさがある程度予想できるのでしたら、削っていくと神経に近そうとか、露髄しそうとかの場合のみ、歯内療法が得意な先生に見ていただくという考えは無理があるでしょうか?


お忙しいと思いますがよろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-02-15 04:24:39
1 歯質の色で判断します。
虫歯の黒さが透けて見えてくることがあると思います。

2 歯質の破折、セメントの流出、1の色、レントゲンの他、その患者さんの別の歯が虫歯になりまくっている時

3 インレーが大きいあるいは深い時は神経に近い可能性はあると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-02-15 12:50:35
虫歯の存在確認はレントゲンと視診と触診が主な手段だと思います。
新しい方法も出てはきていますがまだまだ保険で使えるレベルではないと思います。

触診は探針等で触って確認する方と細いファイル等で小窩列溝を探る方法もあると思います。

今回はレントゲンが有効でないので視診が主体となると思います。
インレーを外したあとレントゲンを撮れば分かってくることもあると思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-02-15 13:56:55
>(4)レントゲンに写らない銀インレーの下の虫歯の大きさがある程度予想できるのでしたら、削っていくと神経に近そうとか、露髄しそうとかの場合のみ、歯内療法が得意な先生に見ていただくという考えは無理があるでしょうか?

一発勝負だと考えられた方がよろしいかと思います。

疑わしいのであれば、最初から歯髄保存療法が得意な先生に診ていただいた方が賢明です。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: はしさんさん
返信日時:2019-02-19 21:40:11
柴田先生
櫻井先生

ご回答ありがとうございました。

インレーが大きいあるいは深い時は神経に近い可能性があるのですね。
勉強になりました。


>一発勝負、疑わしいのであれば、最初から歯髄保存療法が得意な先生に診ていただいた方が賢明です。

今後の参考にします。

(追加質問)
自分でもレントゲン写真で確認したいので、先生にお願いすれば、デジタルレントゲンの場合は画像を頂けたりするものでしょうか?
(そういうお願いをしてもいいものでしょうか?)



タイトル 銀インレーの下の虫歯の見分け方
質問者 はしさんさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
う蝕関連
二次カリエス(2次的な虫歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日