ゴールドインレーのデメリットや術式について

相談者: まちひろちゃんさん (45歳:女性)
投稿日時:2019-03-07 16:31:53
ゴールドインレーについて教えて下さい。

【質問1】最近、2次カリエス防止を考慮して大臼歯保険インレーのやり直しにゴールドインレーを考えているのですが、歯科医院

「ゴールドは柔らかすぎて、ゴールド自身は割れないが、ゴールドを入れた自分の歯(噛み合わせの歯ではなく、ゴールドインレーを入れた方の歯)にひびが入ってしまう事があるのでよくない」

と言われました。
初めて聞いたのですが、ゴールドのデメリットとして、そのような事があるのでしょうか?
※私はかなり歯並びが悪く、噛む力が均等にはかかっていません。



【質問2】ゴールドインレーを歯に密着させる方法に「マジックマージン」という術式があるのを知りました。

自費でゴールドインレーを扱っている所はあると思うのですが、ゴールドインレーを入れた場合一般的に「マジックマージン」をしているものなのでしょうか?
それとも行わない方が多いのでしょうか?



【質問3】もし「マジックマージン」を行わない場合は、どうしても自分の歯とゴールドインレーに隙間ができてしまい、2次カリエスの確率が上がってしまうものなのでしょうか?



【質問4】ゴールドインレーの材質としてお薦めなのは、金合金(18K)、金合金(20K)、白金加金PGA合金)では、どのような順番になりますか?
※私はかなり歯並びが悪く、噛む力が均等にはかかっていません。



【質問5】ゴールドインレーと保険の銀インレーが噛みあったり、隣り合ったりした場合はガルバニー電流舌痛症が起こったりしますか?(先生方はガルバニー電流で舌痛症を訴えて方とか、聞いたことありますか?)


長々質問、申し訳ありません。
ご回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-08 08:42:27
ご相談ありがとうございます。


>【質問1】

ゴールドを入れた自分の歯にひびが入ってしまう事があるのでよくない」
初めて聞いたのですが、そのような事があるのでしょうか?


回答

私も初めて聞きました。
その根拠をお尋ねになると良いのではないでしょうか



>※私はかなり歯並びが悪く、噛む力が均等にはかかっていません。

回答
見た目の歯並びと、噛む力にはまったく何の関係もありません。
その関係が証明された研究はないからです。

つまり、見た目だけで歯並びを治したとしても、噛む力がよくなることはないとも言えます。


噛む力(咬合力咀嚼の力)を調べるには、見た目の歯並びではなく、咬合力検査や咀嚼機能検査・咀嚼能率検査があり、最近では噛む力の検査が保険に取り入れられ始めました。

保険でできるようになったということは、人生100年時代に寝たきりを防ぐ効果(フレイル予防)が大きいことが政府にも公式に認められたということです。
つまり適切な咀嚼など(オーラル・フレイル予防)によって、認知症・がん・肺炎・骨粗鬆症の予防にもなるからです。

見かけも大事ですが、噛む力がいかに大事か少しでもお分かりになりましたでしょうか。




>【質問2】

ゴールドインレーを入れた場合一般的に「マジックマージン」をしているものなのでしょうか?


回答

一般的とは聞いたことがありません。



>それとも行わない方が多いのでしょうか?

回答

そのメリットは少なくないため、した方がより良いと思います。



>【質問3】

>「マジックマージン」を行わない場合は、どうしても自分の歯とゴールドインレーに隙間ができてしまい、


回答

そんなことはありません。
隙間ができるかどうかは「マジックマージン」以前のもっとレベルの低い話だからです。



2次カリエスの確率が上がってしまうものなのでしょうか?

回答

そんなことはありません。
2次カリエスを予防することはとても大事ですが、予防計画をインレーの設計診断に盛り込むかどうかで決まります。




>【質問4】

>ゴールドインレーの材質としてお薦めなのは金合金(18K)、金合金(20K)、白金加金PGA合金)では、

回答

そのような分類もあるでしょうが、もし成功したいのであればきちんとした根拠に従ったほうが安心です。
それにはJIS規格・ADA規格金合金という根拠があります。

その中での金の割合といえますが、実際にはその合金製品の製造結果の性能も重要であり、仮にご提案のような組成を自家製で作っても、大企業が大量に作る合金製品の質には全く敵いません。

また同じ規格合金でもメーカーによって製品に違いがあり、どこまでこだわるかにもよります。




>どのような順番になりますか?

回答

こだわりにより決まります。

できるだけ安く済ませてしまいたいお金が大事なのか、どんなに良い材料でも天然の歯のエナメル質に匹敵する性能は絶対出ませんから、人工材料の中の一番良い物でも少し足りないのであれば、2番目3番目以下の材料はぜんぜん意味がないという考えで、一生の健康をお金で買うことを選ぶ基準にするのか、の違いです。



>※私はかなり歯並びが悪く、噛む力が均等にはかかっていません。

回答

最近「噛む力』という本が幻冬舎から出版されました。



>【質問5】

>ゴールドインレーと保険の銀インレーが噛みあったり、隣り合ったりした場合はガルバニー電流



回答

それが電流の起きる条件ではありません。



>で舌痛症が起こったりしますか?

回答

聞いたことがありません。



>(先生方はガルバニー電流で舌痛症を訴えて方とか、聞いたことありますか?)

回答

卑近ながら私は一度もありません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まちひろちゃんさん
返信日時:2019-03-08 11:14:42
さがら先生

ご回答ありがとうございました。

>>【質問1】
>>ゴールドを入れた自分の歯にひびが入ってしまう事がある」のでよ>>くない、 初めて聞いたのですが、そのような事があるのでしょうか?
>回答
>私も初めて聞きました。
>その根拠をお尋ねになると良いのではないでしょうか

先生も聞いたことがない話ですか。。。
通院中の先生からではなく、歯科衛生士さんからの説明だったんですが。

通院中の歯科医院はe.maxを薦めてきていて、(ゴールドは扱っていないそうです)その説明が

「e.amxは・たわみがない・エナメル質の硬さに近い・強度、接着がよい」
「ゴールドは粘りだけで付いている(柔らかい)・ゴールドは丈夫だが、(強い力がかかった時にゴールドが壊れないで)、自分の歯の方にひびが入る」

との説明でした。


私は糸切り歯が噛みあっていなくて、横にきりきり動かした時の力に一番強い糸切り歯が噛みあっていないので、奥歯(下7,8番)に負荷がかかっているのではないか?という説明でした。
(下7,8番の噛み合わせに違和感がある時がある)

実際、奥歯の所々4mmという歯周ポケットがあり(前歯は2〜3mm)、楔状欠損が多数あります。
バイオタイプもよくないそうです。
歯肉が下がっているので、理想的には歯肉の移植を受けた方がいいそうです)





-----追加質問-----

【追加質問1】
ですので、ゴールドより、e.maxを薦める、というお話の流れだったのですが、先生はどのように思われますか?

私自身は通院中の歯科医院の説明を聞いたり、こちらのHPの過去のコメントを読んだり、他色々調べたりしたのですが、やはり、ゴールドから比べると、e.maxは耐用年数が低そう、ゴールドより削る量が多くなる、割れやすい、がどうしても気になって、やはりゴールドの方がいいのでは?と思ってしまいます。

私は奥歯なので、審美的な物は全く求めていなくて、耐久性を求めています。
(でも最近、ゴールドを扱っている所が減ってきている気がします、他何件か聞いたのですが、ゴールドは扱っていないと言われてしましました)


【追加質問2】
先生でしたら、e.maxとゴールドのどちらを選択されますか?
参考までにご意見おきかせ下さい。

よろしくお願いします。
回答 回答2
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2019-03-09 23:34:55
まちひろちゃんさん、こんばんは。

追加質問に対してですが。

私のクリニックではeMAXもゴールドも行っていますが、将来的な欠けたりとれたりというトラブルを少しでも減らしたいという方にはゴールドを勧めています。

eMAXは確かに審美的ですし非常にいい材料で好きです。
毎月かなりな本数が出ますし、皆さん非常にきれいで満足されます。
が、やはり削除量が多くなること、破折の危険性がゼロではないこと、接着性が劣ることが理由です。


eMAXはレジン系の接着剤で、ゴールドはスーパーボンドで接着していますが、今までの臨床経験で、ゴールドインレーの破折、脱離はゼロですが、eMAXインレーは破折の経験が2回、脱離は4,5回あります。

最近は材料に慣れてきたのでここのところそういうトラブルはありませんが、破折はインレーが少し薄かったことが原因で、脱離は接着力に頼りすぎたような形態だったことが原因でした。

eMAXのメーカーはそういう形態でもレジン系でつけるのであれば心配ないとのことでしたが、それ以来はやはり基本的な形態を守るようにしています。


ゴールドをスーパーボンドでつけた場合は、例えばブリッジの支台にするために除去などということがあった場合、十数年たっても非常に強力にくっついていて、除去するのが非常に大変です。
ほぼ金属を全部削り取るような作業になります。
保険のインレーはもっと簡単にとれます。)

一方eMAXの場合はレジンセメントとeMAXの間で取れます。
セメントがeMAXの方に残って、レジンセメントと歯の間でとれたという経験はありません。
やはり、金属や歯とレジンセメントに比べて、eMAXとレジンセメントは接着力が弱い印象です。



余談ですが、レジンセメントがきれいに歯のほうに残ってコーティングのようになっているので、eMAXを除去してみたり、外れた場合になかをみて、虫歯になっていたことは一回もありませんでした。
この点は仮にトラブルになっても安心かなと思っています。

もうひとつ余談ですが、信頼性のあるゴールドの修復ですが、eMAXと比べて劣っているなと思う点が一つあって、それはプラークがつきやすいことです。
eMAXはプラークが非常につきにくく、素晴らしいメリットだと思っています。


以上のような私の経験から、私は今のeMAXやレジンセメントの性能ですと、審美性を求めない人で、耐久性やトラブルにならないことを優先される方には、ゴールドをお勧めしています。

私の臨床技術、私の臨床経験でのお話ですので、参考にとどめておいていただけると幸いです。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-03-12 07:58:57
ご返信ありがとうございます。


>というお話の流れだったのですが、先生はどのように思われますか?


自由診療を選べばなんでも自由ですから、その先生のお考えに従えば当然そうなるのだと思います。

私に関しては科学的な治療が安心だと思っています。

したがって私の個人的あるいは独善的な思いつきではなく、日本と世界の学会でどの学者からも認められた最新の研究結果やガイドラインに従っております。

そのほうがまだ治る見通しが立てやすいからです。



>e.maxとゴールドのどちらを選択されますか?


治療の目的によってどちらも選択肢として認められていますから、私も両方とも使っています。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まちひろちゃんさん
返信日時:2019-03-17 01:06:36
さがら先生

ご返信ありがとうございました。
先生のお考えに従って治療が異なること、理解いたしました。
ありがとうございました。





平岡先生
ご返信ありがとうございました。

>以上のような私の経験から、私は今のeMAXやレジンセメントの性能ですと、審美性を求めない人で、耐久性やトラブルにならないことを優先される方には、ゴールドをお勧めしています。

>私の臨床技術、私の臨床経験でのお話ですので、参考にとどめておいていただけると幸いです。

先生の臨床経験の話、大変参考になりました。
私が理解していた内容に加えて、それぞれのメリット、デメリットが臨床経験でご説明頂き、治療法を選択する上での参考になりました。
多分、ゴールドを選択すると思います。
本当にありがとうございました。

昨日まで外出していて、お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。



他の質問にご回答いただいた、

1本の歯で2か所治療してある歯のやり直しについて」 平岡先生

楔状欠損部のCR充填のやり直しについて」 Dr.ふなちゃん

お礼を書き込む前に解決済みになってしまい、大変申し訳ありませんでした。
この場を借りて、お礼と謝罪を記載させていただきます。

今後のよろしくお願いします。



タイトル ゴールドインレーのデメリットや術式について
質問者 まちひろちゃんさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミックインレー
ゴールドインレー(金の詰め物)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日