歯の股の部分にある穴を塞ぐ方法

相談者: YYタカイさん (36歳:男性)
投稿日時:2019-03-13 11:43:01
右下6番の歯についてです。

歯の股の部分に穴が開いている場合に、根管治療の際に内側から塞ぐのと、歯根端切除術の際に外側から塞ぐのでは治りについて違いがあるのでしょうか。

穴の見つけやすさや、治療のしやすさや、治療後の歯の耐久性に違いが出たりするのでしょうか。


よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-13 12:45:28
通常、根管治療の際に内側から塞ぐと思います。
もし歯周ポケットにつながっていると予後は良くない場合もありますが。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: YYタカイさん
返信日時:2019-03-13 13:25:03
藤森先生

回答ありがとうございます。

歯周ポケットにつながっていると予後がよくないとはどういうことなのでしょうか。


穴の近くの骨が溶けているようなのですが、穴を塞いでも骨が再生してこないのでしょうか。
それとも歯が割れてしまうのでしょうか。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-03-14 10:04:19
もし仮に、歯周ポケットにつながったとしたら、感染部位が限局していない(拡がってしまった)ことになります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: YYタカイさん
返信日時:2019-03-14 20:50:56
藤森先生

感染が広がってしまうわけですか。


分かりました。

ご説明していただき、ありがとうございます。



タイトル 歯の股の部分にある穴を塞ぐ方法
質問者 YYタカイさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根分岐部病変
根の穴・穿孔(パーホレーション)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日