COVID-19緊急事態宣言中の歯科治療再開に関する不安

相談者: よーたんさんさん (46歳:女性)
投稿日時:2020-05-16 10:50:22
数年前に虫歯治療して神経を抜いてある歯が、3月下旬に虫歯になってしまいました。
痛みなど無く、食べ物が沢山詰まってしまうことで気付きました。
コロナが怖かったのですが、念のため受診。
骨まで達しているけれど神経抜いてあるから気づかなかったんだね、とのことで悪い部分を全部取ってもらいました。

よって、その歯は3分の1しかない状態です。
その一週間後に次の予約をしたのですが、緊急事態宣言が出てしまい、主治医から

「とりあえず2ヶ月くらいは放置しても大丈夫かも」

と言われ、治療は中断→様子を見ることにしました。
先生のおっしゃる通り、2ヶ月放置するつもりだったのですが、食事が上手に噛めない→そのせいで何故か口から出てしまう→反対側で噛むと知覚過敏が出てしまい…。
かなり不便な状態になってしまいました。

関東在住ですが田舎なので感染者はしばらく確認されていません。
ただ、痛みが無いので不要不急に値するのか気になります。
無症状者からの感染も心配です。
しかし第2波などを考えると、感染者が少ないうちに治療した方が良いのかなとも思います。
かかり付けの歯科のHPではコロナ対策の強化が記載されていました。
ただ、その歯科は口腔外バキュームがありません。
Twitterなどで「歯医者に来ないで」と上げている歯科衛生士さんなどの書き込みも気になってしまっています。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 11:49:42
基本的なことになりますが、歯科医院は、活動自粛要請の対象にはなっていません。

デマに惑わされることなく、正しい情報を選別してください。

症状もあるのでしたら、自身の判断で様子をみたりせず、早速、実際の状態をちゃんと診ていただくことが望まれます。

ただ、前回の投稿に依ると、先月の時点で、かかり付けの歯科というのが、一般の歯科医院ではなく、大学病院の歯科とのことですから、受けてくださるのかどうか、事前に相談が必要かと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 11:58:03
よーたんさんさん、こんにちは。

>ただ、痛みが無いので不要不急に値するのか気になります。
>無症状者からの感染も心配です。

治療は不要不急ではありませんよ。
というか、そもそも歯科に不要なものはありません。
不急はあるかもしれませんけどね。


>Twitterなどで「歯医者に来ないで」と上げている歯科衛生士さんなどの書き込みも気になってしまっています。

あの身元不明な方々ですよね?
むしろ歯科衛生士なのかすら怪しい気がします。
歯科医療従事者ですらないかもしれませんね。

こういう掲示板のように名前と顔、診療室名まで晒している方が言っているのであれば専門家なのは分かりやすいんですけどね。


ご参考程度にしていただければと思います。

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 13:04:31
リスクをどう捉えられるかの問題ですね。
 
リスクを最小限にしたいのであれば外出は今後も控えた方がいいと思いますし、仕事などもできるだけ接触が少ないようにすべきでしょう。
 
我々歯科医師も新型コロナにかかりたいとは思っていませんので、それなりに出来る対応を行っておりますが、それでも感染してしまった歯科医師の先生はおられます。
 
ただ、他の職種に比べて圧倒的に多いか!?と言われれば今の所歯科の感染率が高いとは全く言えません。
(元々他の職種に比べ感染管理は非常に気を使っている職業です) 

歯科が特に危ない的なイメージは、マスコミのさじ加減(ネガティブキャンペーン)だと思います。

 
 
個人的には感染リスクが凄く気になるのであれば1年以上先になるであろう「ワクチン」や「薬」が出てくるようになってから歯科医院での治療を考えられればいいと思います。
(薬が出た所で感染のリスクはゼロにはなりませんが) 

ただ、現状経済も回していかないと社会全体、世界全体が混沌としていますので、多少のリスクはあるもののその辺はバランスだと思います。
 



>Twitterなどで「歯医者に来ないで」と上げている歯科衛生士さんなどの書き込みも気になってしまっています。
 
そんなことあるんですね。

まぁ、1週間先の状況も読めませんし1週間前の意見も的外れなこともありますし、過去にそういった意見もあった程度で見てもらえればと思います。


おだいじに 

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーたんさんさん
返信日時:2020-05-16 14:18:24
小林先生

回答ありがとうございます。
先月、悪い箇所を取って頂いたのは個人で開業している歯科医さんです。

その前、大学付属病院の歯科医(昨年、半年間程)に掛かっていました。

ややこしいのですが
今回の先生→大学病院→今回の先生
というかたちです。
一時、大学病院にかかっていたのは親知らずの関係ででした(親知らずを抜歯する予定が平行して歯が欠けてしまい暫くその治療に通っていました)。

今回の先生は、腕の良い先生で信頼しています。
他の歯にトラブルが出ないうちに
治療を再開したいと思います。

最近、ワイドショーなどは見ないようになってきました。
なんでも批判ばかりで見ていて疲れてしまいます。
デマなどには気を付けたいと思います。
本当にありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーたんさんさん
返信日時:2020-05-16 14:27:10
三木先生

回答ありがとうございます。
不要ではないとのこと、安心しました。
痛みがないのに…と嫌がられてしまうのではと思っていました。
無い部分の前後の歯が時々「カチッ」と少し動く感じがあるので(特に前の歯は差し歯に近い状態に治療してある歯です)、変なふうに動いてしまったら困るなぁ…と心配していました。
食事も時折 固形のような状態で飲み込んでしまいます。
デマに惑わされず、しっかり治療したいと思います。
ありがとうございました。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2020-05-16 21:57:44
歯科での感染の問題の時に、私はいつも自分の過去のことを書かせていただいてます。

30年も前の話ですが、今でもありありと思い出しますし、良く分かっていただくための実例として、私にしか語れないものとして使命のように感じています。

30年前、勤務医時代チャイナ人の若い女性の患者の虫歯の治療を担当しました。
上顎の小臼歯の大きな虫歯の治療でした。
麻酔をかけて、虫歯を削り取り、歯髄を取って根管治療をするモノでした。

で、歯を削っている時に、いきなり噛み付いて来て、更に顔を嫌々するように激しく動かしたのです。
その瞬間、左手の人差し指に激痛が走りました。
歯を削る器具機材は、硬い歯を削れるくらいですから、指なんてひとたまりもありません。

直ぐに静止して、指先を見たら、骨に達するのでないか、と言うくらいザックリと大怪我を負わされました。
そして、その後私はB型の劇症肝炎なら倒れ、死線を彷徨いました。

九死に一生を得て生還したのが奇跡だ、と担当からはんば呆れ顔で言われました。
B型肝炎ウィルスは、とても強いウィルスです。
犯されたらかなりのことになる可能性が非常に高い、怖い病気です。


で、私は噛み付かれて怪我させられてからも、体調悪くなりながらも仕事はしていました。
しかし、私から患者さんやスタッフ、同僚には移りませんでした。


歯科は、元々感染防御、予防には一所懸命です。
クロスコンタミネーションと言って、我々を介して患者さんに病気を移してはならない、が徹底されているのです。

今マスゴミは、その基本的概念すら知らず、イメージ操作だけで、歯科は危ない、と煽っています。
件の衛生士も実在するのかすら疑われています。

歯科の仕事するのには、清潔域、不潔域をきちんと分け、そこでコンタミネーションが起こらないようにきちんと仕事をしています。

残念ながら、マスゴミにはど素人しかいないようで、その辺のことを理解してないようです。

武漢コロナウィルスにどこで感染するのか?は誰にも分かりませんが、少なくとも、歯科医院の中、医療人が患者さんに移す危険な所ではない、と理解して下さい。

なので、担当する先生とか医院、病院がどのような考えかは分かりませんが、今騒がれてるようなことは殆ど杞憂だと、私個人は明言します。

治療をどうするのか?はお話し合いの上お決め下さい。

ただ、骨の下まで進行しているのなら、かなり難しい状況ではないか、と思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーたんさんさん
返信日時:2020-05-18 08:09:03
井野先生

回答ありがとうございます。
返信遅れて申し訳ありませんでした。

仕事は福祉関係なので人との接触は常にあります。
3密回避は無理な職場です。
それなのに、「もし陽性になったら」テレビで吊し上げに合う職種です。

リスクは、新型肺炎に限らずどんなものにでも付き物ですよね。

予防接種、治療薬を待つ間に他の歯も虫歯になってしまいそうなので…。
受診してきたいと思います。

ネガティブキャンペーンは国民のことよりも政治家潰しに感じるので最近はワイドショーは見ていません。
批判と煽りは誰にでも出来ますもんね(汗)。

先生、回答、ありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーたんさんさん
返信日時:2020-05-18 08:47:30
松元先生

B型肝炎のお話、大変 興味深く読まさせて頂きました。
噛みつく…、治療に来たのに その行為。
恐ろしいですね。
先生がご生還され、本当に良かったと思います。

痛みがないので反対側で噛んで様子を見ていたのですが、そちら側も知覚過敏のような痛みが出て来てしまったので、物が噛めなくなってしまう前に治療を始めたいと思います。

最近はワイドショーは見ていません。
政治家潰しにしか見えないので…。

ご回答、本当にありがとうございました。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2020-05-18 09:27:57
アホな「歯科医師歯科衛生」 を名乗る連中が本当に無知な発言をしていて困ります。
コロナウイルスというのは風邪ウイルスです。
私たち人間は、コロナウイルス以外にもインフルエンザやノロやロタや肝炎、HIV、いろんなウイルスに感染するリスクと直面しながら日常の生活を送っているのです。
また、歯科医院に限らず内科や耳鼻科や眼科や皮膚科など全ての医療機関を訪れる人は全て有病者であると考えて医療従事者は行動します。
それをスタンダードプリコーションといいます。
インフルエンザの流行している時期に内科を訪れるのは怖いですよね?
でも、体調が悪かったら行かないと仕方ないですよね?
私たち医療従事者はそんな感染症が蔓延する中でも治療のために行動し、患者間、医療従事者-患者間で相互感染しないように注意を払いながら仕事をしております。

あなたが普及と考えるのなら行かない方がいいですが、よくわからない”医療人”を名乗る人、特に、スタンダードプリコーションの原則を語らない人の意見はほとんど参考になりません。

5人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2020-05-21 15:08:06
あー、不急ですね

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よーたんさんさん
返信日時:2020-05-23 14:05:20
タカタ先生

回答ありがとうございます。
返信遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。
先生方からのご回答を頂き歯医者への通院を再開いたしました。

今、無い歯の近くに虫歯っぽい歯があるそうで、そのためにも今回の歯もしっかり治さなくてはいけないな、と思いました。
根っこはかろうじて残っていたのでそこに固定する材質?を入れ上から歯があった時に近い状態で義歯を入れることになりました。

スタンダードコンプリーション、勉強になりました。

しっかり治療したいと思います。
本当にありがとうございました。



タイトル COVID-19緊急事態宣言中の歯科治療再開に関する不安
質問者 よーたんさんさん
地域 非公開
年齢 46歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科治療関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日