上顎総義歯(イボカップシステム)の費用や材質について

相談者: チコさん (35歳:女性)
投稿日時:2010-04-19 15:44:34
参考:過去のご相談
上顎の歯が1本も無い時の最良の治療方法

こんにちわ。
早速ですが宜しくお願いします。

80歳になる母ですが、現在上顎が自歯ゼロの状態です。
インプラントも検討しましたが、悩んだ結果、総義歯の方が良いであろうという事になりました。(こちらでもアドバイス頂きました)

そこで、医院探しや母に向いている義歯素材など調べていましたが、ある歯科医院静岡/浜松市の歯科で義歯では評判高いらしい)に質問したところ、『イボカップ+シラシステム』が良いとの事。

こちらからの希望は、堅いものでもガムでも噛めるようになりたい(気兼ねなく食事ができるように)というものでした。

イボカップというものを初めて知りましたが、調べてみると結局のといころレジン症なんですよね?

最先端のシステムを利用しているらしいのですが、上記の方法でかつ『1回法』の場合40万円ちょっとの費用になるそうです。

個人的に、ちょっと高額なような気がするのですが、これって妥当な金額なのでしょうか?

また、このイボカップというもの…本当に最良なのでしょうか?

固定観念ですが、レジン症=保険範囲でできる質の低い物というイメージでして…。(勿論保険で使うレジンとは違う物でしょうが)

是非、アドバイスなど頂きたく、宜しくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-04-19 19:22:21
チコさん、こんばんは。

イボカップシステムについては、私は使用しておりませんが、個人的な感想としてよいシステムだと思います。

金額も妥当なように思います。


保険自費の違いは、私は技術の差であるべきだと思っています。
材料の差はたいした金額ではありません。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-04-19 21:41:09
こんばんは

イボカップシステムは、流込みレジンを使った物だったと思います。

加熱重合などの一般的なレジンに比べ、適合の良いことで知られています。

金額的には妥当かも知れません。



個人的には、総義歯の場合、高齢ならば、保険外治療を希望されても保険治療を勧めます。
教科書的な手法と作製で、そこそこ咬める義歯が作れるからです。

>堅いものでもガムでも噛めるようになりたい(気兼ねなく食事ができるように)というものでした。

ガムは、このシステムの義歯でも無理だと思います。
また、この年齢の方がどれだけ硬いものを咬むか・・・。
チコさんの年齢からは想像がつかないかもしれません。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2010-04-19 23:20:11
お母様の総入れ歯を、イボカップシステムで製作する事を検討されているのですね

当医院では精密重合システムとして、DSシステムを用いていますが、イボカップシステムも臨床的には大きく変わらない精度だと思います。

ただ、総入れ歯は精密にさえ作ればお口の中で機能するというものではなく、俗にいう咬み合わせをキチンと合わせる事が大切です。


>調べてみると結局のところレジン症なんですよね?

という事ですが、保険治療ではレジン床となりますが、だからといってレジン床が悪いとか劣る素材という事ではありません。

キチンと義歯を製作すれば、精度で言えば臨床的に十分すぎる精度が出ます。

また、お口の状態にもよりますが、義歯装着後の調整や修正といったメインテナンスの事を考えると、金属床よりもメリットが多いとも言えるのです。

「最良」という説明を受けられたのだと思いますが、各先生方が最良と思うシステムを導入しているのですから、各医院で導入している義歯成形システムを最良のシステムと説明するのは理解できます。

ただ、最良という説明は「私としては」という言う事での説明と思って頂いた方がよく、一般的な優劣をおっしゃっている訳ではないと思いますよ

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2010-04-20 11:21:28
チコさんこんにちは。
私のクリニックでも、イボカップシステムを使用した総入れ歯を作っています。

お口の中のレジンは熱いものや冷たいものを飲んだり食べたりすることで、膨張したり、収縮したりして、そのうち変形したりします。

イボカップシステムによるレジンは、このような温度変化による収縮が非常に少ないのが特徴です。
また、レジンではありますが、とても強度があり、変形もしにくいです。
そのため床の厚みも薄くできます。

通常のレジンでは臭いも吸収しやすいのですが、イボカップシステムで作られたものは臭いがつきにくいです。
長い間使った入れ歯は臭いがでてきますが、この方法のレジンはほとんど臭いも感じません。

製作方法も、びっくりするほど精密で、手間のかかる仕事です。
なので、40万という金額がかかるのは妥当だと思います。

今日本で使われている入れ歯の重合方法では適合やフィット感に関して一番優れているのでは・・・・と思います。

保険のレジン床とはまったく違いますよ!(^▽^〃)

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2010-04-20 13:35:50
小牧、桜田先生のご意見に賛成。

材料の差ではなく技量の差でしょう。

ひとには、許容量とも言うべきものがあり、多少難があってもなに不自由なく使えているかたもいます。その反対もあるわけで・・

全く同じものでも、担当歯科医と馬が合うなら、合わない歯科医の場合よりずっとうまく使えることもあります。

メンテナンスもありますので、比較的近くで見つけられたほうがよいのでは?

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: チコさん
返信日時:2010-04-26 16:20:20
諸先生方

お忙しいところ、ご意見頂きありがとうございました。

義歯作成に関わるシステムや材質に関しての詳細や、クチコミなどの情報が他に比べて少ない為、参考になりました。

桜井先生は実際にイボカップシステムを使っていらっしゃるとの事で、具体的なお話を頂けたのは非常に有り難いです。

また、メンテナンスもあるので近場の方が…という越久村先生のご意見も最もなのですが、静岡市内で義歯に力を入れている医院が中々見つかりません。


1箇所あったのですが、予約するまでにも非常に時間が掛かり出来上がるのはすごーく!先になるようだった事もあり、思い切ってGW明けに浜松の医院へ伺う事にしました。
(通院回数も極力少なく出来るようにご対応頂けるとの事でした)

遠いと言っても自宅から2時間ですし、頑張ってもらいます。

ありがとうございました。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2010-04-26 21:10:25
チコ さま、こんばんわ。

お母様の入れ歯で悩んでいらっしゃったようですね、結局の所、物を咬んだとき転覆しない入れ歯がしっかりかめる入れ歯ということになります、そのような入れ歯を作っていただけるDrなら心配ないでしょう。

得てして右でかめば左が落ちてきたり、左下が浮き上がったりするものです、このような入れ歯は幾らお金をかけてもまともに噛む事は出来ません。

材質については装着感が違うだけで、義歯の性能には基本的にはあまり関係ないと個人的には考えています。

親切でうでのいいDrに作っていただくのが一番いいと思います。


参考になれば幸いです。

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2010-04-27 05:59:30
おはようございます。

当院でもイボカップシステムを採用しています。
稲葉先生がお書きのように、優れたシステムだと思っています。
保険レジンとはまったく違います。

ただ、皆さんおしゃっているように、材料の差だけでないのは明らかです。

総義歯治療は歯科医師歯科技工士双方の技術とコミュニケーションが要求されると思います。

参考になさって下さい。




タイトル 上顎総義歯(イボカップシステム)の費用や材質について
質問者 チコさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 総入れ歯の値段・価格
総入れ歯 その他
治療費・費用
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日