根管治療、根の先まで薬が詰まっていなくて大丈夫なのか?

相談者: しせいじょうがくどうえんさん (30歳:女性)
投稿日時:2015-05-31 01:21:08
根幹治療にて抜髄し、詰め物をしました。土台を整えて今後は金属の被せものをする過程にはいっていきます。

レントゲンをみておもったのですが、根っこの先までつめものがはいっていません。
根っこの一番したは空洞になっているようです。

この状態でかぶせちゃって大丈夫なんでしょうか?
土台を整えてしまったのに根っこを詰め直すことはできるのでしょうか?


根っこに詰めているとき、違和感がありました。
そのため、先っちょまで詰めるのは次回以降の治療に回すと医師にいわれました。

神経がなくても詰める時の圧によって、根っこの外側の神経に圧が加わり違和感というか痛みを感じるからだそうです。


次回の治療時はべつの歯の治療をしました。
複数の歯を同時に治療しているのです。
そうしているうちに、根っこのさきまで詰まっていないのを忘れて、土台をつくってしまったのではないかと。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-05-31 02:51:20
こんばんは。

根管充填根尖の位置まで入っていないようですね、個人的には根尖の手前1mm位までは入っていたほうがいいお考えています。

もしただちに再根充しないのであれば半年経過観察をしてから評価したうえで治癒か確認できれば治療を進めたほうがいいと思います。


>土台を整えてしまったのに根っこを詰め直すことはできるのでしょうか?

土台を外せば可能です。

根管治療 http://yamadashika.jugem.jp/?cid=30

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しせいじょうがくどうえんさん
返信日時:2015-06-03 01:30:41
山田先生

ありがとうございました。



タイトル 根管治療、根の先まで薬が詰まっていなくて大丈夫なのか?
質問者 しせいじょうがくどうえんさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日