スポット歯ブラシで歯がむきだしに

相談者: ハイビスカス3さん (33歳:女性)
投稿日時:2017-07-17 08:08:50
歯の生え方で歯石がたまりやすく困っていたら、スポット歯ブラシをススメられました。

やわらかめを選んで、裏表全部の、歯と歯茎の境をやさしくブラッシングしていました。

確かに磨けなかったとこまで磨け、歯も黄ばみにくくなりました。
だけど、歯周ポケット歯垢がたまりやすくなり、飲食後やちょっと歯を磨けないと、歯の前側まで歯垢がたまって見える状態になりました。

さらに、上の歯も、細かいとこ磨いてた部分の歯がむき出しになっていて、歯茎が上に上がっていました。。


これって治りますか?
スポット歯ブラシはやめたほうがいいでしょうか?
歯科では、「力を入れず、下は上側に向けて磨き、下は下側に」といわれました。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-07-17 11:55:47
こんにちは。

スポット歯ブラシというのはなんでしょうか?

ワンタフトブラシでしょうか?V−7でしょうか?

歯石というのは歯面にたまった汚れがお口の中で石灰化したもので、歯垢や細菌と細菌の死骸や産生物の塊ですから歯面についていると毒素が出てそれに対して歯茎炎症を起こすので腫れ易くなってしまいます。

逆に歯面をしっかり磨くことを習慣化されて歯石も取り除いてもらうと、今まで歯石で埋まっていた部位に食べかすが入りやすく感じるようになるのは致し方ないことだと思います。

まだそれらは固まっていないのでご本人が除去することで歯面を衛生的に保つことが容易になり、歯茎の炎症がおきにくくなるというメリットのほうが強いので、歯科医院では歯石除去ハブラシ指導をしっかり行ってお口と身体の健康に寄与することを主に指導していると思います。


>飲食後やちょっと歯を磨けないと、歯の前側まで歯垢がたまって見える状態になりました。

今までは歯石がつくことで歯茎に炎症が起きていて歯面下側にある凸凹が隠れていたものを歯磨きがきちんとできるようになって、凸凹が目立つように歯茎が引き締まってくれたのかもしれません。
どうなのか?については歯科医院で行う歯周組織検査で説明を受けられるとよいでしょう。


歯並びが元々悪くていらっしゃる場合歯根は凸凹不整に並んでいるでしょうから、加齢とともに歯磨きの難易度が高くなることが予想されます。

歯並びが悪いと様々な問題を抱えやすくなりますから根本的な問題を解決されておくことをお考えになってもよいのかもしれません。


歯磨き指導は一方向性で終わると問題を生じていても気づかず次回の指導に反映されないことになりますから、問題をお感じになられた際は必ず担当の歯科衛生士に相談されることをお勧めします。

歯磨き指導をした歯科衛生士が責任を持って再評価や説明、改善策の提示を行うと思います。
しっかりみてもらってください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル スポット歯ブラシで歯がむきだしに
質問者 ハイビスカス3さん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯磨きに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日