マウスピース矯正の種類による違い

相談者: nonochanさん (24歳:女性)
投稿日時:2017-08-09 10:21:32
マウスピース矯正について質問です。

わたしは、顎関節症で過がい咬合です。
顎の痛みはないし3cmほど開けれています。
なので、矯正で下あごが後ろに下がっているため横から見たときに口が出ているのがすごく気になっているので、治したいと思っています。


マウスピース矯正は見た目が気にならないしこれなら続けられると思い、この矯正で治したいとおもいました。
しかし、4つのタイプがありどれがいいのかネットで調べても分からないため教えてください。

・クリアアライナー
・アリアライナー
インビザライン
・DENマウスピース

この4つのマウスピースから

●治療をなるべく早くでき、過がい咬合が改善しやすいマウスピースはどれになりますでしょうか?
●普段、違和感なくつける事ができるマウスピースはどれになりますでしょうか?

長くなりすみません。
教えて頂けると幸いです。
よろしくお願いします!


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-09 14:27:07
クリアアライナーは現在ではアソアライナーと改称しております。
つまり、この二つは同一のものということになります。


いわゆるマウスピース矯正と称するものは、このほかにも種々紹介されております。
治療のコンセプトはほぼ同一といってもかまわないものでしょう。
したがって、装着感は大差がないと言えるでしょう。


同様に、どれが自分の治療にあっていてどれがあっていないということもないということです。
一つができないなら、みんなできないということでしょう。


アライナー治療には、歯科医師のスキルというものがあまり要求されません。
そのため、全く知識のない先生でも「治療できる」としているところもあるかもしれません。

そのうえで、治療については各歯科医師の判断によるものですので、矯正専門の先生にご相談いただくということになります。
どのような治療をするか、どのような結果になるかについては、実際に見た先生でなければわかりません。


その際、通常の矯正治療もするという先生をお選びいただいたほうがよろしいかと思います。
マウスピース治療しかできないという先生は、治らないものまで治りますということもあるかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: nonochanさん
返信日時:2017-08-09 15:27:28
回答ありがとうございます!

アソライナーとクリアアライナーは同じなんですね!
初めて知りました。


インビザラインはどうなんでしょうか?
こちらもあまり大差はありませんでしょうか?
もし違いがありましたらアソアライナーとなにか違いはあるか教えていただけたら嬉しいです。

矯正歯科を探して一度ききたいと思います
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-08-09 16:17:44
アライナー治療には、歯科医師のスキルというものがあまり要求されません。
>そのため、全く知識のない先生でも「治療できる」としているところもあるかもしれません。


アライナー矯正歯科医のスキルは必要ないですが、治療計画を立てる上ではかなりの勉強が必要です。

インビザライン治療の場合、アソアライナーやクリアライナーの治療グレード以上の目標をもって治療を行う場合が多いですから

(積極的に臼歯を後方移動させていき臼歯と犬歯のT級関係の確立を目指す治療まで目標とすることが可能。
全顎矯正の場合、セファロ分析からの治療計画が必須とされています。

世界中で矯正専門医が選択しているのがインビザラインということになっていると思いますが、簡単な治療目標で終わっておくことも可能ですから治療グレードにばらつきが大きいと思います。)

使用枚数によって治療費も保証も異なってくるのが特徴でしょう。



装置の硬さも大きさも異なりますから、同じ医院でアソアライナー(クリアライナー)とインビザライン両方を行っているところで一度説明を受けられたほうがよいのではないでしょうか?


DENマウスピース矯正については実際に症例のホローに入ったことはありますが私個人は行ったことがないのでわかりませんが、プレス機を持っている技工所や医院であればマウスピース作製はどこでも可能なわけですから、現時点で多種多様のネーミングのアライナー矯正があるのが現状です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: nonochanさん
返信日時:2017-08-09 17:43:32
ふなちゃん先生
回答ありがとうございます!


一度両方行っているところで説明を伺いたいとおもいます。
なかなか両方やっている歯医者が私が住んでいる所にないため、インビザラインを行っている矯正歯科も念のため探してみたいと思います。


他で、症状によってマウスピースにこだわらず通常の矯正でやるのは検討しないのかといわれました。

マウスピースは顎関節症(現在、痛みはなく3cm口は開けれます。かなり大きく開けようとするとカクと鳴る程度です)で、過がい咬合(下顎が奥に下がってしまっています・・かみ合わせが深いです)の場合、マウスピースは不向きでしょうか?
通常の矯正の方がいいのでしょうか?


また親知らず(下左右の奥歯を合わせ二本)ある場合もマウスピース矯正は不向きでしょうか?

・外科手術(美容整形外科)が必要になる場合がある
・矯正しても成長期が終わっているから治らない
と聞いてからかなりショックで、もう治らないの・・・?と思い、途方に暮れています。


診断を受けてからなんとかして治らないのか・・・と思っています。

お忙しいなか様々な質問をしてしまい、すみません。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。
回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-08-09 19:23:21
どういう治療法があなたのケースで最適か?について知りたければ、実際に数軒の通院可能な歯科医院でご相談をされる必要があるでしょう。

顎関節症があり過蓋咬合ということでも歯並びがガタガタなタイプもあれば、そうでないタイプもあるでしょうし、もしかしたら欠損や矮小歯があるかもしれないし、下顎の位置が悪すぎるのかもしれないし前歯だけの問題かもしれないしと色々なタイプがあります。

ケースによって難易度は異なりますし必要な歯の動かし方も異なります。
また先生が違えば治療ゴールも違ってくるでしょうし、治療法が違えば仕上がりも違うでしょう。



親知らず(下左右の奥歯を合わせ二本)ある場合もマウスピース矯正は不向きでしょうか?

臼歯を積極的に立てたり後方移動が必要な場合は事前に抜歯してもらう必要があるでしょう。

移動の妨げになっていれば歯はどういう力を加えても動きませんし、時間だけが過ぎて意味がないということになります。
ですから歯の動かし方によっては抜歯が必要といわれることがあるでしょう。


ブラケット矯正矯正治療で信頼がおける治療とされているのは3次元に歯を確実に引っつかんでコントロールが可能だからです。

またアンカースクリューなどの複雑な装置を併用することも可能で24時間365日×1年半〜3年程度しっかり歯科医のコントロール下において歯を動かすことが可能だからです。

その点、アライナー矯正は3次元でガッツリと歯を掴むということを期待することが出来ません。
装置は着脱式ですから滑りますし、歯面の取っ掛かりが少ないのでアライナーが密着していても、2次元っぽいコントロールしか望めない場合もあります。

特徴のない小さな奥まった歯の場合、アタッチメントなどの突起をつけてアライナーと歯面が滑らないようにするのですが、ブラケット以下のコントロールになり限界があります。

それで補助装置を使用したりボタンとゴムを併用したりという工夫を必要とする場合もあります。


成長が終わられているならばブラケット矯正のほうが確実です。
治療期間も早く終われるでしょう。
ブラケットからアライナーに途中からチェンジする治療法もあります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: nonochanさん
返信日時:2017-08-10 12:43:01
分かりやすく教えていただきありがとうございます!!


歯医者は場所によって異なるため良い歯科を見つけることはかなり難しいですが、教えていただいた事を頭にいれてまず近くの矯正歯科にいき聞きたいと思います。

お忙しい中丁寧な回答ありがとうございました!



タイトル マウスピース矯正の種類による違い
質問者 nonochanさん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正の治療法
過蓋咬合(かみ合わせが深い)
マウスピース矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日