乳歯時の早期歯列改善は意味がないのでしょうか?

相談者: さよこんさん (9歳:女性)
投稿日時:2018-04-08 10:45:16
歯科医の見解は様々ですが、理論的に考えれば、顎の成長が著しい幼児期に機能的装置を利用することで、骨格も変えられる利益があると思います。
ですが、乳歯列を改善しても意味が無いと言われることが多いです。
永久歯列専門の矯正歯科医にとっては、意味が無いということでしょうか。

乳歯を改善しても意味がないのから、永久歯列の予想などできないのに並ばないと決めつけるのはなぜでしょう?

既成マウスピース型装置は、薬事法で歯科医にしか購入できませんが、これが一般的に発売されれば、負担を少なく歯列改善ができ、歯並びで悩む子供は減ると思います。
最近の子供は口が閉じないことで、病気になり易いのも防げるのではないでしょうか?

歯科大病院があり歯科医院は過剰にありますが、この利益を提供している医院がないのが疑問でなりません。

矯正診療は、準委任契約と解され、すでに履行した報酬しか請求できないことになっているので、契約時全納は民法に反すると思います。
返金に応じない同意をさせるのも違法だと思います。
中断したら医院に損害が生じる診療契約なのでしょうか?

検査診断をしても将来予測ができず治療計画など確立せず治療の要否を判断するものでないのに、嘔吐・被爆させる検査が必要と思えません。
状況を確認するためだけなら弊害だと思います。
目視と装置の機能で判断は可能ですし、合わなきゃ変えればいいだけです。

これらが裁判で医事に関する不正と認められれば、改善されるのでしょうか?
医療法にも反する行為です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-04-08 17:41:34
乳歯列を改善しても意味が無い』等とは考えてない歯科医師は大勢いるはずですよ。
只、個々の診断によると思います。

そうした意味において、装置を一般に販売することは危険だと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さよこんさん
返信日時:2018-04-08 18:13:52
藤森先生
ご回答ありがとうございました。

幼児期に通院や電話で問い合わせても、改善してくれる医院はありませんでした。

装置の目的及び機能を読むと、すべての子供に適応性があるようです。

40万円を一括全納返金不可で。
数千円の既成マウスピースを渡されて履行済みとのことです。
治療目的と明らかに異なる装置でした。
不適切を指摘しても全く非を認めません。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-04-08 19:33:23
ムーシルドであれば適応症が決まっていると思います。
お子さんのお口が適応症かどうかの判断はできる場合と、できない場合がえると思います。

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-04-08 23:32:22
こんにちは。

年齢が9才とありますが、9才ならば混合歯列期で上下一体型マウスピース矯正(既製品タイプ)で成長誘導するには遅いくらいの年齢だと思います。
年齢はご相談者のお子さんの年齢でしょうか?

これらの装置の選択は非常に難しく、豊富な歯科や成長に関する知識が必要です。
ですから装置は勉強をしっかりした歯科医の管理下におかれて、適切に使用されるべきです。

単純な装置だから非常に使うのにコツが必要です。
そして大学病院や多くの小児歯科歯科医院が装置の勉強を、世界で行っています。
上手く使う先生もいればそうでない先生もいます。

市販品で見かける酷く歪んだり設計が酷いバッタモノとは違い、医療用具として歯科医が入手できるものはかなりの設計が入っていますが、それ以上にこどもの歪みや不整のバリエーションは豊富です。

それで勉強した歯科医の十分な観察と指導が必要になるのです。
装置をはめるだけではまったくダメです。
効きませんし逆に歪みや不整を誘発します。
結果、顔も酷くしますし2次矯正の難易度を高めます。

使わない方がよかった(ガタガタ程度なら成長後抜歯矯正をすれば綺麗に治せるからです)という最悪な結果に繋がることもあるからです。

それで多くの場合、技術料や指導料をしっかり支払う必要があることになっています。

市販品のバッタモノ(類似して作ってみましたーーーという安易な装置)は、絶対にお子さんに使用して試してみようとしないようにされた方がよいです。
酷いものがいっぱい出ています。

誰が責任をとるのでしょう?
将来お子さんに恨まれるでしょうから、安易なことはされず必ずしっかり勉強している歯科医院で使用を管理してもらい、必要に応じてステップアップや装置の変更をしっかりしてもらい、指導されたMFTや体操は約束を守って子どもにさせるようにしてください。

お子さんの育て方や遺伝に問題があって、酷い結果になってきているものを非常に簡単な装置だけで治そうと思えば、非常に大変なことをしていることになりますから、難易度も含めてしっかり歯科医に判断してもらう必要があります。
安易に考えないようにしてください。

装置代が数千円で数十万だと怒ってもしょうがないです。
ブラケット矯正などは数万円の材料ですから同じようなものです。
装置だけもらってもしょうがないです。
そんなことでは正常な機能も形態も獲得させることは出来ません。
それがわからないようではまったくダメでしょう。

担当医に時間をとってもらい、少しくらい説明してもらえるようにしてください。
そのために費用をべつにお支払になってもよいでしょう。
専門家が親の教育も追加でしなければいけないようでは、時間がいくらあっても足りませんね。

本来はお子さんの指導に十分な時間を確保してもらうための治療費用なのではないかと思います。(自費の場合治療費も内容も医院毎に決めてもよいことになっているので実際どうなのかはまったくわかりませんが)

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さよこんさん
返信日時:2018-04-09 10:55:17
柴田先生
ご回答ありがとうございました。

娘の場合、口腔筋排除することで乳歯の傾きが改善されました。

下の歯が一本反対咬合でしたが、それも改善され歯列が広がりました。
infantという装置で適応年齢は2-5才乳歯列です。
この装置が一般的にならば幼児の歯列改善になると経験上感じました。
自宅で使用するし、使用方法は解説があるので歯科医の指示を受けるまでもないと思います。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さよこんさん
返信日時:2018-04-09 11:12:45
船橋先生
ご丁寧な回答ありがとうございました。

9歳の娘の歯列の相談です。

確かに理論的には、歯列弓の拡大を目的とするなら5歳までですよね。
なので早期治療を希望したのに受け入れられず負担が大きい矯正治療になるのは納得できません。
回復のできない損害です。

使用するのは自宅ですし、毎日観察できる親が選択し試行錯誤する価値はかなりあると思います。
危険察知も親のが気づきやすいです。

確かに市販の装置と歯科医が扱う装置は質がまるで違います。

娘が通院した大学病院では、機能を無視し割れないよう加工され、これでは咬み合わせがずれてしまうと素人でも分かりました。
再度治すのに費用がかかるから一方的に利益を得ますね。
自身で適切と思う装置を海外から取り寄せ装着させると改善がみられました。
病院で渡された装置は使用しませんでした。

ブラケット矯正は施術があるから診断にも調整にも費用が掛かりますが、既成マウスピースと一緒にされるのは腑に落ちません。

親の教育は一般論で十分ではないでしょうか。
口呼吸ではなく鼻呼吸する。
硬いものをよく噛むよう指導するなど。
専門知識を要するとは思えません。

自費診療は自由に決められるから保険適応にしないと言っても過言じゃないと思うくらい高額で酷いです。
回答 回答4
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-04-09 17:15:09
歯並びよく育つというのは永久歯列獲得までです。
つまり交換期の一時的な問題の解消だけではありません。

親御さんの望みは前歯が綺麗に揃うことだと思いますが、それさえ危ういケースの方が多いです。
犬歯が最後に生え替わる子どもが多いですが、そういう細かい観察をどうやって見ただけで判断できますか?
普通はパノラマを撮影します。

また3次元的な修正をいれることで、色々な問題を解消していくので出来るならばセファロも必要でしょう。

お子さんは親御さんの保護下ですから、親御さんの思うようにされたいというのはわかりますが、専門的な知識も診断方法も持たないのですからリスクは高いでしょう。

歯科医とともに頑張れない方には、こういう治療は向かないと思います。

それからたぶん表現の間違いだと思いますが、歯列弓の拡大はいつでもできます。
5才で上下一体型装置の矯正が必要なケースはごく希です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さよこんさん
返信日時:2018-04-10 10:35:34
船橋先生
再度ご回答ありがとうございました。

歯列矯正自由診療なので、患者がどの状態をよしとするかだと思います。
自然体でいる人が多いですし。

歯列が完成してから治した方が効率がいいとの見解の先生が多く、検査をして未然防止・誘導する診療行為であれば検査が必要なのは納得です。

ですが、検査で資料を得るだけで治療はしないとの説明で疑問を持ちました。

患者が早期治療を希望しているのに、患者に治療は負担になるとの歯科医の見解です。
真実は、ブラケット矯正専門医だからできないのでしょう。

既成マウスピースの場合、治療目的と機能で設計され解説もあります。
できるだけ早い時期から使用で個人差はそれぼどなく予防でき利益があると思いました。
ならば、成長してから改善するリスクはかなり高くなります。

歯科医は、割れた装置を使用するよう指示し、装置を用意せず、選択された装置は治療目的と異なりました。
ですので、自身で改善するしかありません。

顎の発育が著しい5歳までに発達を促す必要があると思います。
歯列弓の拡大はいつでもできる見解ありがとうございます。
5才児がinfantで得られる利益はかなり大きいです。
必要性の問題ではなく、正常な発育を促すのは親の義務だと思います。

判例では、改善結果との因果関係が認めれられなくても、患者が希望したのになされないと、自己決定の侵害で慰謝料が認められています。
回答 回答5
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-04-10 15:39:34
こんにちは。
大学病院矯正科でしたでしょうか?

残念ながら、現時点で大学病院の矯正歯科でそれらの装置を上手く使っているところはないように思います。
とある大学が特定の装置を使用して症例を重ねていたのですが、上手く進められなかったはずです。

製品になるので色々な問題が複雑に絡むのでしょう。
非常に残念ですがまだ受け皿が整っていない状況でしょう。

元々は海外の製品ですから、大学では諸々の事情により扱いが難しいのだと思います。

地域医療と研究機関や研修機関では役割が異なりますので、歯科医院の選択は難しいところだと思います。


親御さんの望みは今がちょっとよくなればよい程度かもしれませんが、様々な知識のある歯科医にとっては、成長が不十分とか十分等の長期的視野での治療になります。

最終的に大人に皆さんなられそれからの、人生の方が長いのですから長い人生で、安定した歯列を作る事を目標に治療は進められると思います。
そのために資料採集は必須であり、分析が必要というのが医療の基礎になっています。

トラブルが解決に向かうとともにお子さんの成長がよい方向に誘導されるとよいですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: さよこんさん
返信日時:2018-04-11 08:53:46
船橋先生
再度恐れ入ります。

大学病院矯正科です。

病院長に床矯正を希望しているから小児歯科に変えて欲しいと書面で要望しましたが無視でした。

担当医の言い分は、当初の目的は達成され改善された患者はなんら損害はないとのことです。

歯列が改善されたのは事実ですが、生え変わりはわずか3本です。
同意した治療目的、要望はなされていませんが、債務不履行責任は全面否定です。

大学病院が信頼できなくなったら、自身で未然予防するしかないと思います。
最新治療をすべき機関だからです。

私見では、ブラケット矯正専門医にとって早期治療改善を受け皿にすると利益が得られず、否定的な見解になると感じます。

それが司法にどう判断されるかです。
子供の利益と歯科医の利益のどちらが重いとされるのか。

希望する治療をしてくれる医院はあると思いますが、予防に勝る治療はありませんね。
保護者が医療に頼らず、より良い成長を促す必要性はあると感じました。カムカムは市販されています。



タイトル 乳歯時の早期歯列改善は意味がないのでしょうか?
質問者 さよこんさん
地域 非公開
年齢 9歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 小児矯正(子供の矯正)
子供の歯並び
歯医者への不満・グチ
子供の歯列矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日