ハイブリッドレジンを扱っている歯科への途中転院

相談者: ホイホイさん (30歳:女性)
投稿日時:2018-07-03 23:49:50
お世話になっております。

右下5番を抜髄することになりました。
その左右もすでに神経がなく、4番はメタルボンド、6番は銀歯になっています。

5番も本来はメタルボンド希望なのですが、今は小さい子どもがたくさんおり、お金をそんなにかけられません。
しかしただでさえ歯並びにコンプレックスがあるのに、銀歯にしてしまうのも、自信をなくしてしまいそうです。


調べていると、保険の白い歯でハイブリッドレジンという選択肢があるようなのですが、残念ながら、いまの歯科では扱っていないようです。

今まで歯科では悲しい目にたくさんあい、定期健診を欠かさなかったのに、見落としばかりでした。

今回ももともと他院で誤診で、治療までに時間がかかってしまいました。
今回の病院では、しっかり診断していただいているように感じておりますので、できれば長くお付き合いさせていただきたいです。


しかし、費用面でかぶせものだけ別の歯科で・・・
というのは、歯のことを考えていない、いやな患者だと思われるでしょうか。

前回の歯科で、突然

「抜髄する気がないなら大騒ぎするなよ!来るな!」

と言われたのが、ずっと心に引っかかっています。


また、コアはやり直しがきかないということで、そこだけはがんばってファイバーにしたい気持ちがあるのですが、本来、自費ファイバーコアをいれたらかぶせものも自費になりますよね。

もし他院でかぶせものを、といった場合は、コアだけファイバーでかぶせものはハイブリッドレジンということも可能なのでしょうか?

まだまだ勉強不足なので、勘違いした発言が多かったら申し訳ありません。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-07-04 00:29:55
悩ましいところですね。

ここで回答をしていていつも感じるのは、歯科治療の質を材質の差で考えないで頂きたいのです。

白いか銀色か、ということと、長持ちするかしないか ということなら後者の方が重要だと考える方の方が多いのではないかと思うのですが、もしホイホイさんもそうなのであれば、今の信頼のおける先生の治療方針に従う方が良いのではないかと思います。

歯を大切に思うのなら、材質の違いよりも主治医選びを100倍重要視して頂きたいですし、主治医の技量や人柄次第で歯の寿命は全然違ってくると思いますよ。



そういう意味でも、

>「抜髄する気がないなら大騒ぎするなよ!来るな!」

はないですよね。。



>また、コアはやり直しがきかないということで、そこだけはがんばってファイバーにしたい気持ちがあるのですが、

別にメタルでもいいと思いますし、必要ならやり直しも出来なくはないです。



>もし他院でかぶせものを、といった場合は、コアだけファイバーでかぶせものはハイブリッドレジンということも可能なのでしょうか?

可能ですけど、やめておかれた方がいいでしょうね。



>まだまだ勉強不足なので、勘違いした発言が多かったら申し訳ありません。

ネットの情報を見るよりも、主治医の目を見る方がいいと思います。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2018-07-04 12:15:39
自費ファイバーコアをいれたらかぶせものも自費になりますよね。

その通りですが、今はファイバーコアも保険給付のものも有ります。

ですから保険でファイバーコア、CAD/CAM冠(ハイブリっとセラミックスのブロックを削りだしで作った冠です)の選択も可能です。


ただしCAD/CAM冠は届け出制ですので厚生局に届け出がなされていない医院では対応できません。

厚生局のHPで調べれば分かりますし、電話で問い合わせても良いと思います。




タイトル ハイブリッドレジンを扱っている歯科への途中転院
質問者 ホイホイさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ファイバーコア(プラスチックとファイバーの芯の土台)
ハイブリッドセラミッククラウン
その他(歯科治療関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日