銀インレーの除去にラバーダムもバキュームも使用しなかった

相談者: ぴよすけさん (31歳:女性)
投稿日時:2018-09-12 18:16:08
宜しくお願いいたします。

銀歯セラミックに交換するために、右下、左下、計4本のインレー(銀歯)を削って除去していただきました。

ラバーダムはせずに、口腔外バキュームも使わずに削って頂いたのですが、普通はラバーダムも口腔外バキュームも使わない先生が多いのでしょうか?

もし良ければ、『アマルガムなら使うがそれ以外の銀歯は使わない』とか、『アマルガムも銀歯も両方使わない』など、色々な先生がたの場合を教えて頂けると助かります。
(使わない歯医者さんが多いのであれば、過剰に自分が心配しすぎなのかなと思いまして‥)

削っている時は息を止めてましたが、削りが終わるとすぐ大きく吸い込んでしまいました‥
目もペーパータオルの下から見開いていました‥

特に金属アレルギーと言われたことはないですが、銀歯は健康に良くないと聞いて、詳しくないため不安ですが、やってくださる先生にも聞きづらく、こちらで質問させて頂きました。

宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-09-12 22:36:39
こんにちは。

過剰に気にされるタイプの方を対象に集患されている医院もありますからなんとも言えませんが、通常は気にされなくてもよいように思います。

金属を切削する際は粉末が飛びますから、ドレープをして顔や服などが汚れないように気遣ってくれる歯科医院であれば、有り難いな程度にお考えになっておく程度でよいでしょう。(顔がムレて気持ち悪くならないように、タオルやペーパータオルでもよいかもしれませんが)

アマルガムであれば切削時に気化する事が指摘されているので、口腔外バキュームに口腔内バキューム、ドレープなど行って除去し、術者や室内の汚染も防御したいと思う歯科医は多くなっているかもしれません。

保険適応の金銀パラジウム合金の場合は、顔に切削片が飛んでいれば顔を洗って下さいね程度で問題になる事はないように思います。
つまりはセラミックの切削時と同じでよいと言う感じです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぴよすけさん
返信日時:2018-09-12 23:39:35
Dr.ふなちゃん先生

ありがとうございました。
先生に聞いたところ、アマルガムではないと言われました。
その場合、合金パラジウムと思ってよいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-09-13 09:58:48
保険治療であればそうです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぴよすけさん
返信日時:2018-09-17 12:02:42
度々詳しく教えて頂きありがとうございました。



タイトル 銀インレーの除去にラバーダムもバキュームも使用しなかった
質問者 ぴよすけさん
地域 非公開
年齢 31歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
その他(歯科治療関連)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日