くいしばり予防のマウスピースが下の歯用

相談者: まゆkokoさん (44歳:女性)
投稿日時:2018-09-14 22:33:07
こんばんは

昨日歯科で睡眠時くいしばり予防のマウスピースを作って頂きました。

一人目の先生の時には、下の歯で作りますと言われましたが、先生が変わったので、わたしは上の歯で作成してくださいと依頼すると、わかりましたと言ってました。


しかし、出来てきたものは、下の歯用のマウスピースでした。
明らかに間違ってます。

上でも下でも、とくに効果は変わらないのでしょうか?

再度作成、クレーム交換出来るものなのでしょうか?


また、そのマウスピースは、先生から最初違和感ありますと言われましたが、違和感どころか夜、歯が一部圧迫されて痛くて夜は眠れませんでした。
マウスピースの違和感で唾も飲み込めず、のども乾き、朝外すと、あごがだるくて今日もつけて眠るのが恐怖なぐらいです。

本当に慣れるのでしょうか?


マウスピースの高さがある分、よけいに食いしばっているような気分になります。

しなくてもいいものならしたくないです。
ても、くいしばりをなおすために頑張って慣れて、つけていかなくてはいけないのかなと思っています。


マウスピースは使用していくうちに快適になのでしょうか、痛みがあるのはおかしいのでしょうか


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-09-14 22:46:21
西山です

マウスピースで睡眠中のくいしばりを予防することはほぼ不可能です。
くいしばりによって生じる害を予防することは、内容によっては可能ですが。

マウスピースの効果について、再度きちんとした説明を受けてください。


ちなみに、歯への負担を減らすことが目的なら、通常の咬み合わせであれば上に装着した方が良いと考えています。

6人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆkokoさん
返信日時:2018-09-19 08:06:17
西山先生有難うございます。

一応歯医者に確認しましたら、下歯にマウスピースつけたほうが違和感が少ないということでした。
どうしても上の歯で、ということでしたら、無償で作りますとのことです。
そう言われたら今さら何も言えないです・・


顎関節症の不安や違和感もまだありますが、少し続けてみたいと思います
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-09-19 09:16:50
ご相談ありがとうございます。

マウスピースの高さがある分、よけいに食いしばっているような気分になります。

歯の治療には良くしたいという目的以外に、必ずリスクが伴います。
マウスピースのリスクがとても軽いとはいえませんから、治療前にりすくについてもよく説明を聞き、ご自身の責任で選択しましょう。

良いことしか話さない説明は、インフォームド・コンセントとはいえません。


>しなくてもいいものならしたくないです。

目的とゴールをきちんと決めた治療計画がなければとても危険と国内外で言われています。


>くいしばりをなおすために

西山先生の回答通りです。
将来の健康を損なわないよう、治療前によく相談しましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆkokoさん
返信日時:2018-09-23 18:06:48
さがら先生

有難うございます。
大切な歯ですので、しっかり担当の先生と話をしてみたいと思います。



タイトル くいしばり予防のマウスピースが下の歯用
質問者 まゆkokoさん
地域 非公開
年齢 44歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯軋り用マウスピース・ナイトガード
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日