再根管治療後に仮歯にした右上7番が1年で痛みが出てきた

相談者: まうそちゃんさん (33歳:女性)
投稿日時:2019-02-20 09:03:11
以前右上7番にフィステルができ、再根管治療をしました。
治療にてフィステルは消え、ファイバーポストを建て仮歯処置をしてもうすぐ一年になります。

この一年の間、疲れたり湿度が高い時などうずくような痛みはあり、ある程度は仕方ないかなと様子見を続けてきたのですが、最近また痛みが増幅してきており、今後の方針を悩んでいます。

MTA を入れたので再治療はできないと言われています。

今、白いプラスチックの仮歯なのですが、ちゃんとした金属のクラウンを装着することで、痛みが落ち着くようなことはあるのでしょうか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2019-02-20 09:09:23
>白いプラスチックの仮歯なのですが、ちゃんとした金属のクラウンを装着することで、痛みが落ち着くようなことはあるのでしょうか?

もし感染根管なら補綴物の種類で症状が変わる事は無いと思います。

すでにMTA根管充填をして、主治医の言うように再根管治療が不可能なら、今度は根尖の方からのアプローチになると思います。

具体的には歯根端切除と意図的抜歯再植術になりますが、上顎の7番なら後者になると思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-02-20 11:07:01
歯根の形態、根管の形態、根尖病変の有無、MTAセメントの量、歯根の長さなどの条件が素晴らしく揃えば、MTAセメントの除去もできる場合もあるかもしれないと思います。
その場合、根管内から行う特殊な歯根端切除術が行える歯科医がほんのすこしだけいると思います。

まあでも細見先生の回答のように、意図的再植か経過観察か抜歯が選択肢になると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まうそちゃんさん
返信日時:2019-02-20 11:54:13
細見先生 柴田先生
お忙しい中返信ありがとうございます。

たしかに感染根管なら被せ物を代えても症状は変わりませんよね。

主治医にはMTA を入れたので再治療できないとはっきり言われたので、その特殊な術が行える歯科医にかかることは難しそうです。

愛媛の田舎なので、意図的再植ができるという歯科を聞いたことがないのですが、一般的な処置なのでしょうか?

もう少し様子を見るか抜歯を決断したいと思います。

もう一つお聞きしたいのですが、私は開咬奥歯2本ずつほどしか噛み合っていません。

主治医は矯正噛み合わせが治れば痛みがとれるのではないかとおっしゃるのですが、痛みがある7番をそのまま様子を見ながら歯科矯正はできるのでしょうか?



タイトル 再根管治療後に仮歯にした右上7番が1年で痛みが出てきた
質問者 まうそちゃんさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療後の痛み
根管治療に関するトラブル
MTA
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日