セラミック、唇側を削ったあとに色の修正をしたら厚みが戻ってしまうか?

相談者: マンゴープリンさん (43歳:女性)
投稿日時:2019-07-11 01:16:19
現在、審美歯科にて、前歯4本セラミック仮止め中です。
先日、長さ、裏側の厚み、の修正をしてもらいました。

こちらでも相談いたしましたが。
右2番が、どうしても唇側に当たりが強く気になるので、削っていただくことを、先生に相談しました、


先生のお話では、

「もし、自分が削って、色味が変わったら、技工士にさんに修正に出すが、そうすると、また厚みも前に戻ってしまう。(色を何層にもまた重ねないといけないので。)」

といわれました。
(修正費は、こちらが持つことになります。)


もし、先生が削って、色味が変わって、技工士さんに修正をお願いした場合、厚みが元に戻ってしまう?のであれば、なんのための、修正かわからないことになりますので、表面を先生に削ってもらうのも、ためらっております。


先生方のご意見、アドバイスをお伺いできれば幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-07-11 06:55:25
こんにちは。


現在色があっているならば表面を削ると色が合わなくなる可能性はありますね。

削ったあと色が気に入らなくなれば盛りたして色を合わせる必要があるかもしれません。
先に技工士さんに尋ねて貰えば、どういう作り方をしているかわかるので予測がつくかもしれませんね。


審美治療の場合出来上がって来た物の表面を削ると審美性は落ちるので、削った後技工士さんに戻して仕上げてもらう必要が生じる事は多いと思います。

御参考にしてください。




タイトル セラミック、唇側を削ったあとに色の修正をしたら厚みが戻ってしまうか?
質問者 マンゴープリンさん
地域 非公開
年齢 43歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日