根管治療なしで土台を作ることはありますか

相談者: ハッピタンさん (39歳:女性)
投稿日時:2020-04-16 14:13:12
こんにちは。
奥歯根管治療なしで土台をつくる事について不安を感じています。

歯間が虫歯になり、手前は削って詰め物
奥は、神経がない&歯が弱くなってきているため土台とかぶせ物をする予定です。

当方は、根管治療をするならラバーダムを使用して欲しい旨を伝えました。

先生は、痛みがない&レントゲンの様子では根管治療は必要なさそうなのでこのまま土台をとる予定だといわれました。
しかし、今までの経験では土台の前には痛くない歯でも根管治療をしていましたので、不安です。

(以前、違う医院で根管治療の時、顔が腫れ、熱が出ました。

それ以来ラバーダムを使用する医院で治療してすっきり良くなったので、これからもラバーダムを使用する医院でやりたいと思っているところなのですが、こちらの医院ではラバーダムを使用していないようです。)

今回、根管治療なしで土台を作るとの事ですが、場合によっては、根管治療はしなくて大丈夫なのでしょうか?

よろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-04-16 15:40:08
どのような状態なのかわからないので何とも言えませんが、僕なら痛みが無い歯であってもしっかり根管治療を行ってからコアを作ると思います。

ハッピタン さんが不安に思われているのであればしっかりラバーダム使ってもらえる歯医者さんで相談されてみてはいかがでしょうか。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ハッピタンさん
返信日時:2020-04-16 15:51:47
お忙しい中、早速、お返事をいただきありがとうございます。

やはり、そうですか。ありがとうございます。
他の医院での治療を考えてみます。

医院の先生は、歯が弱っているから削ると歯が割れるかもしれないとおっしゃっていました。。

現在、手前の治療した歯の銀歯を詰める際に、この奥歯を少し削ると言って半分くらい歯を削ったままの状態です。
このままの状態で、どれくらい大丈夫なものなのでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2020-04-16 16:39:34
んんん…

実際に拝見していないので「どれくらい大丈夫か?」と聞かれても回答できませんね。

ただ、転院されるのであれば早めの方が良いでしょうね。

それまでは丁寧なブラッシングと歯の接触には注意されておかれた方がよろしいかと思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2020-04-16 17:22:04
まず、ラバーダム装着を希望されるのでしたら、患者さん全員に使用している歯科医院を受診するのが良いと思います。
また、根管治療の必要性の有無は、個別の判断が必要になります。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2020-04-16 18:54:51
ハッピタンさんこんにちは

根管治療が必要かどうか難しい判断を迫られることはよくあります。
私なら病的な状態がないのなら根管治療は行いません。

問題のない歯を根管治療し直したことで、悪くなる場合もあるという研究があります。

また、再度根管治療を行うということはわずかでも歯質を削ることになります。
歯質が少なくなると歯根破折のリスクが高くなります。

再根管治療した場合としない場合の、メリットとデメリット、そしてそれぞれの確立を考え合わせて判断することになります。

ハッピタンさんが受診されてみえる先生は、デメリットよりメリットの方が大きいと判断されたのではないでしょうか。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ハッピタンさん
返信日時:2020-04-16 21:27:07
お返事くださりありがとうございます。

丁寧なブラッシングですね!毎食後に心がけてやってみたいと思います。

根管治療を行わず土台を作る事は、個別の判断なんですね。
確かに、神経がないので黒くなってはいますが、現在、何の問題もありません。
メリットの方が大きいと考えるられたんですね。

自宅から近い医院で通いやすい事と患者全員にラバーダムを使用している医院を知らないので、出来れば転院はしたくないのですが、転院するのなら早めに考えようと思います。

先生方、分かりやすいご説明、ありがとうございました。
たくさんの先生方からご意見をいただき、大変参考になりました。これからも自分の歯を大切にしていきたいです。



タイトル 根管治療なしで土台を作ることはありますか
質問者 ハッピタンさん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
支台築造その他
根管治療関連
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日