左上下7番の虫歯の治療方法について

相談者: 北郷さん (30歳:男性)
投稿日時:2013-06-14 20:16:47
現在通っている歯医者で、今日新たに虫歯の治療を2箇所進められました。

現在までに、歯間虫歯2箇所、歯を4本治療しています、2本が側面を削ってレジンで詰めたのと、2本が銀歯になりました。

そして、今日は歯石取りをしました、これは過去の質問でも書きましたが、先月通った前の歯医者が中途半端な歯石取りしかしなかった為です。

これまでに5回通い、今日指摘された治療にさらに3回も治療が増える予定です。


質問なのは、2箇所のさらに指摘された虫歯なのですが、左上の7番の溝の中心部の虫歯です。

ここは大分前から黒くなっていましたが今まで様子見でした。
しかし今日治療の必要があると言われました。
最初の時に歯を見た時は何も先生には言われませんでしたが、今日歯科衛生士さんが歯石を取る過程で治療の必要があるかもしれないと指摘され、その後先生も治療の必要があると言いました。

状況的には少し削って詰める治療になると言われています。ただ削らないと何とも言えないとも言っていました。

しかし、ここで質問なのは、1回目に通った時に問題を指摘しなかったのに、歯科衛生士の指摘によって治療方針が変更する事はあるのでしょうか?

後、このような奥歯真上中心を削るだけでも銀歯になる事はあるのですか?

かつてここでは奥歯の真上の中心に小さい点の虫歯を治療して大きく削られ、銀歯になってしまいました。

大きく削る事は中で進行している状況だったと思うのでいいのですが、このタイプの虫歯も銀歯にする必要はあるのでしょうか?

場所的に真上中心を削ってレジンで詰めるとゆう事は出来なかったのでしょうか?

削る深さで変わるものなのですか?

今夏は詰めるだけだといってましたが、状況次第で銀歯にされそうな可能性を心配しています、指摘した歯科衛生士が銀歯の話をしていたからです。


そして、もう一箇所の虫歯なのですが、左下7番の奥側歯茎すぐそばの虫歯です。

ここは鏡を見せてもらいながら説明して貰ったのですが、まったく黒くなっていないが虫歯だと指摘された部分で、色の無い虫歯だと説明されました。

確かに風を吹きかけるとしみましたし、上の側面より下の側面が微妙に減っている感じがありました。
しかしまったく黒くもない歯を治療する必要があるのか微妙な感じです。

一応今は大丈夫だが、下の部分で神経に近い部分なので問題があると言われました。
こうなった原因は以前あった親知らずが原因らしいと説明してきれました。
確かにかつて斜めに生えていた親知らずが7番下に接触していたと思います、ちなみにこの部分の親知らずは10年近く前に抜きました。

そこで治療方法なのですが、この場合銀歯になると言われました。
奥の側面部分と真上も削って銀歯にするらしいです、正直銀歯にしなければいけないのか自分では微妙に納得しきれていない状況です。

問題は下の側面部分で、削って埋めるだけでは無理なのでしょうか?

特に今の状況だと、噛み合わせに影響があるように思えないので、上まで削られて銀歯にする状況がよく分かりませんでした。

正直見た目の感じだと知覚過敏みたいな感じで、虫歯にも見えないので銀歯にするのが本当に正しい治療なのか心配です。



補足として

現在の歯医者は、前の前に通っていた歯医者です。
過去の銀歯治療の話はその時の話で、それが原因で通うのを辞めていました。
それでも今回また戻って来たのは、歯間虫歯で銀歯はさけられないのを十分理解して行ったためです。

しかし他の新たに出た虫歯の治療は心配です、どんどん銀歯にされそうで。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-06-14 21:14:57
こんばんは。

〉1回目に通った時に問題を指摘しなかったのに歯科衛生士の指摘によって治療方針が変更する事はあるのでしょうか?

一回目の診察から指摘されるまでの期間にもよりますが、十分あり得る事かと思います。


〉このような奥歯真上中心を削るだけでも銀歯になる事はあるのですか?

その先生のやり方やその虫歯の大きさにもよりますが、銀歯になる可能性もあると思います。


〉このタイプの虫歯も銀歯にする必要はあるのでしょうか?

残念ながら実際に診ていないので、はっきりしたことは言えませんね。


〉場所的に真上中心を削ってレジンで詰めるとゆう事は出来なかったのでしょうか?
〉削る深さで変わるものなのですか?

その先生の得意なやり方で治療する事が良い結果に結びつきやすいと思います。


〉問題は下の側面部分で、削って埋めるだけでは無理なのでしょうか?

第二大臼歯の遠心面に出来た虫歯の事かと思いますが、レジン充填はケースを選ばないと逆に予後が悪くなると思います。
確認しづらい、防湿しづらい、器具が届きにくいなどの理由からレジン充填するには、相当条件が揃わないと適応にならないと思います。

残念ながら、レジン充填に限らずどの方法でも治療し辛い場所ですけどね。

参考になさってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 北郷さん
返信日時:2013-06-14 21:59:49
三留先生
回答有難う御座います。

1回目は半月ほど前ですね、先生も最初に歯の状態を確認しているのに、期間が短いだけに方針転換はどうなのかなと思いました。


両方の歯とも銀歯の可能性は否定できないのですね。

一応上の歯は少し削って詰めるだけですみそうな感じですが、以前にたような治療では、治療前の歯の状態から考えられない位削られて銀歯になったので安心出来ません。

正直、自分はこの手の場所だと何故レジンで出来ないのかよく理解出来ないです。
同じような箇所の治療で他の歯医者ではレジンで出来たからです、そんなに腕が影響するのですか?
簡単そうに見えてもそうでもないんですね。

下7番のこの場所は、剥き出しの側面だから難しそうに見えませんが、結構難しいのですね。

何だか見た目が全然虫歯に見えないので銀歯になると言われても中々納得できない感じです。

短期間に銀歯がもう2個も増えて、今回で終了と思っただけにショックが大きいです。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 北郷さん
返信日時:2013-06-15 08:38:39
その後、自分でしらべましたが、場所的に奥側の下だと治療が物理的に難しいので、上から削って治療するので、今回部分的な銀歯になるのですね。

昨日の医師からの説明の時、そのように説明しなかったので納得しきれませんでしたが、今はよく分かりました。

もう既に2本銀歯の治療を行って、さらにまた銀歯なのかと神経質になっていたためにどうにかならないかと思っていましたが、銀歯で考えるしかなさそうですね。


それと今現在、微妙に鈍痛を感じます、昨日風をあてたりして刺激をあたえたからでしょうか?

この状況で、来週の金曜日の予約日まで待つのはまずいでしょうか?


実は昨日7番が虫歯だと指摘されて、今まで勘違いしていたことが分かりました。

昨日までここの歯が虫歯だとは見落とされていたので、治療した5番の銀歯がこれまで痛いのかと勘違いしていましたが、実は7番が刺激に反応していたみたいです。
ちょうど治療後の同じ時期に痛みがでたので全然考え付きもしなかったです、歯の位置も近いですし。

強く痛みが出たのが10日あたりの事で、それから食事の際に熱い物を食べたら一時的に痛くなるようになりました。

それ以外の場合は、痛くは無かったのですが、今日寝ている時から気になるようになってきました、ズキズキまでいきませんが、微妙に違和感を感じている状況です。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2013-06-15 08:52:08
北郷さんの文章を読んでいて思うのですが、総じて「納得がいかない治療は受けない方が良い」と思いますよ。

一度、北郷さん自身のお口の中をご自身でもしっかり理解できるまで説明してもらえる歯医者さんで診てもらってはいかがでしょうか?
保険だと厳しいかも知れませんが)

例えば口腔内写真を撮って資料を作ってもらったり、マイクロスコープ口腔内観察をした動画を見せてもらったり…。


ウチは(保険診療はやっていないので)これら説明だけで初診は90分の時間を取ります。
緊急性が無ければ初回に治療はしません(それでも時間が足離無い事もあります)。


それと、TCHにはくれぐれも注意されておいてくださいね。

参考⇒TCH、歯列接触癖

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 北郷さん
返信日時:2013-06-16 12:30:22
櫻井先生
回答有難う御座います。

今回の歯医者は、自分でも十分質問していて説明もしてもらえているので大丈夫だと思いますが、後から治療箇所が増えたり、自分では確認しにくい白い虫歯だったので不安になり質問しました。

ただ、もう実際に熱い物を食べたりしたら結構ズキンと痛むので虫歯で間違いないと思いますが、白い虫歯を初めて指摘され、場所的にも確認もしにくいなど、いろいろ治療に不安になっていました。

所で、昨日ほど鈍痛を感じなくなりましたが、金曜まで待っても大丈夫でしょうか?
現在は落ち着いています。
昨日のような鈍痛はあまり感じません。

ただ診察した時に、セメント質だとか神経にちかい部分だとか言っていたので気になります。

場所的に、歯茎付近から虫歯が進行すると、神経の治療になる可能性は結構高くなるのでしょうか?

熱いものがしみたりすると問題らしいので心配になります。


TCHについて読ませていただきました、普段そのような状態を意識した事が無かったので、気を付けたいと思います。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2013-06-17 11:08:34
>金曜まで待っても大丈夫でしょうか?

大丈夫かどうかは実際に拝見していないので判断できません。
担当の先生に直接お問い合わせください。


>場所的に、歯茎付近から虫歯が進行すると、神経の治療になる可能性は結構高くなるのでしょうか?

解剖学的にはそう言う事になります。


>普段そのような状態を意識した事が無かったので

TCHは「無意識」だからこそ問題になるのです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 北郷さん
返信日時:2013-06-17 22:21:15
結局金曜日まで待たないで、他の歯医者に更に通うことになりました。

銀歯治療以外どうなのかと聞いても、銀歯治療ありきの方針がどうも嫌だったので、他で見て貰った所、虫歯の規模は小さくて、十分レジンでいけるとの事で治療して貰いました。

違和感のある症状も落ち着いて良かったです。

歯医者が非常に多い土地なので、今後はもっと半年事の検診を定期的に受けて、いい歯医者を見分けていきたいと思います。

今回の事は、本当にいい勉強になりました。

それは定期健診を過信してはいけない事ですね、あてにしたら痛い目見ます、もっと自分でも意識して歯を見ていかないと駄目ですね。


先生方どうも有難う御座いました。



タイトル 左上下7番の虫歯の治療方法について
質問者 北郷さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
レジン(白いプラスチック)
保険のインレー(銀・金属)
歯医者への不信感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日