海外へ転居予定、歯列矯正終了後のリテーナーの数について

相談者: AmyYさん (32歳:女性)
投稿日時:2017-07-13 10:57:37
先生方お世話になっております。

矯正治療も終盤にかっかっており、もうすぐリテーナーの作成に入ります。

治療終了後、遠方へ引っ越す予定をしており、そうそう簡単に歯科医へ再診することはできません。

リテーナーについてですが、余分に数個作る計画をしており、個数について迷っています。

歯ぎしりの癖があり、前回矯正した際はリテーナーがすぐ壊れてしまあったことがあり、多めに作っておいた方がいいかなと思いますが、合計5つなんて多すぎますか?3個か5個で迷っています。

透明のタイプで、消費するのに平均どのくらいかかるか忘れてしまって、いくつ作成してもらおうか迷っています。


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-07-13 13:25:07
基本的には、同種の複数のリテーナーは作らないと思います。

例外として、過去に唯一あるのが、あるプロスポーツ選手の患者さんに、練習や試合が海外転戦になるので、と言うことで予備に上下1個(合計各2個)渡したくらいです。

3個でも5個でも、多いと思いますよ。
数が多いと、作製時の微妙な差も出て、ある装置は使用しやすいけど、ある装置は使用しにくいということもあるかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: AmyYさん
返信日時:2017-07-13 17:36:18
伊藤先生

ご回答有難うございました。

実は私も海外へ引っ越しの身で、向こうでの治療(一般歯科治療含め)が基本自腹で大変高額なので現在の悩みにぶち当たっています。

現在の矯正治療が人生二回目、もう後戻りはさせたくない、という気持ちから…。
壊れてしまったらもうつかええませんし、どうするのが一番合理的でしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2017-07-13 18:10:43
最善だと思う方法は、歯ぎしりの癖を少しでもなくすことだと思います。

そうすれば、装置の長期使用の可能性だけでなく、歯や歯茎の健康も保ちやすくなると思います。

ただ、そう簡単になくすことは難しいので、装着時間を歯ぎしりの少ない時間にするなどすれば、少しでも長く使用できるかもしれません。

費用の問題もあるでしょうから、いくつ作るのか、使用時間をどうするのかなど、お掛りの先生に相談してみてはいかがでしょうか。
(お掛りの先生がOKすれば、3個でも5個でも10個でも良いと思います)

クリアタイプのリテーナーの場合、複数作ったとしても、歯科治療の形態によっては、フィットしにくくなりますので、そういったことが無いように注意してくださいね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: AmyYさん
返信日時:2017-07-13 18:30:00
伊藤先生

ご回答有難うございました。

なるほど歯ぎしりを改善、ですね。
ごもっともです。

大変参考になりました。
ありがとうございました!!!



タイトル 海外へ転居予定、歯列矯正終了後のリテーナーの数について
質問者 AmyYさん
地域 非公開
年齢 32歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保定、矯正用リテーナー
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日