金属のクラウンの調節と歯の動揺。医院により説明が異なる

相談者: よこよこ39822さん (51歳:女性)
投稿日時:2018-08-02 21:43:25
よろしくお願いします。

a歯科医院奥歯保険の金属のクラウン(全部被覆冠)をいれてもらいました。

「食べたものがつまるようなら調整します」

と言われていたのですがトラブルがあり、調整してもらわないままb歯科医院にいくようになりました。
そしてb歯科医院に

「食べたものがつまるので、金属の被せの調節をしてほしい」

と言ったのですが

「できない」

と言われ、そのかわりに

「その前の歯の金属のクラウン(一部被覆冠)を作り直して隙間をうめましょう」

と言われました。
一部被覆冠の周囲の歯がかけて白い詰め物をしてあるのですが
それがよく外れるので、一部被覆冠を作り直して入れたほうがいいのはわかるのですが、a歯科医院で「できる」と言われたことがb歯科医院では「できない」と言われたので戸惑っています。

またa歯科医院では「奥歯が動いて隙間ができる」と説明を受けたのですがb歯科医院では「歯が動くことはない」と言われたので、やはり戸惑ってしまいました。

質問
@金属のクラウン(保険)の調節はできますか。
A奥歯は動きますか。

用語など間違っていたら申し訳ありません。
[過去のご相談]


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-08-03 07:46:02
ご相談ありがとうございます。

>@金属のクラウン保険)の調節はできますか。

    >「食べたものがつまる

その問題を治すためであれば、原因がいくつかあり、調整だけで済む場合はわずかです。


>A奥歯は動きますか。

動きます。

動きには二つあり、
一つは、噛むことによって生理的に動くことは健康ならば当然です。
これは若くても年配になっても同じです。
この場合は噛んだ後は元に戻り、何の問題もないばかりか、よく咀嚼するために都合よく動いてくれます。

特に人生の後半は噛まなくてもだんだんとはっきり動きます。
これは元に戻りません。

もう一つは歯周病などがある病的な場合です。
この場合は様々な問題が出てきます。
これも元に戻らなくなります。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: よこよこ39822さん
返信日時:2018-08-03 08:53:07
さがら先生、回答ありがとうございます。

>調整だけで済む場合はわずかです。

ということは、やはり調整はできるわけですね。
しかし、それでつまらないようにすることは難しいと。

a歯科医院で被せをつくってもらったのは、歯の間の隙間が大きくて、食べかすがたまり、それで歯茎が腫れたためです。
なので、ちょっと調整することで改善されそうに思えますがつくってもらった被せそのものに問題があったのかもしれませんね。


歯は動くのですね。

噛んだあと元にも折るので、動かないといとおっしゃたのかもしれませんね。

しかしb歯科医院の説明は、納得がいかないことが多く、別の病院でみてもらおうかと考えています。

大変参考になりました。
ありがとうございました。



タイトル 金属のクラウンの調節と歯の動揺。医院により説明が異なる
質問者 よこよこ39822さん
地域 非公開
年齢 51歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ クラウンの作り直し・再治療
クラウン(差し歯・被せ)のトラブル
クラウン(被せ)の違和感・不快感
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日